Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト:
我々は「地球人」、

「日の出」ならず「地の出」です!



By NASA's "Lunar Reconnaissance Orbiter" (LRO) :
blog NASA-Earthrise (LRO)-2015.12.jpg



0x381)書き起こし付き!! 〜 必聴!! 〜 木村真三 × 青木 理:「原発事故の健康や生活への影響」(JAM THE WORLD) 2017.03.10.



Nuclear Ginza - Ginza nucléaire - 隠された被曝労働 - 日本の原発労働者 物語 1995

(25:35) Published by LegionNetworkCH:



[読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト: ]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

引き続きの留意事項: 引き続き、地震への備えも怠りなく!〜 6/25 - M5.7 震度5強 長野県南部、余震頻発中
88%の確率でM7発生 巨大地震と「酉年」の不吉ジンクス 2016.12.17.(日刊ゲンダイ)

88%の確率でM7発生 巨大地震と

「酉年」の不吉ジンクス

来年の酉年から1年はさんで亥年。関東大震災だけじゃなく阪神・淡路大震災、伊勢湾台風などが襲った年回りだ。緊張は続く。しばらくは巨大地震に備えておいた方がいいかもしれない。



日本語版!!

感謝 | 感動>>スイスの中央気象庁がズ〜ッと日本の気象情報及び放射線量情報を流してくれています。

スイスの気象庁の日本語サイト>>も作ってくれています>>
Meteo Centrale: Weather in Japan

スイス中央気象局の「日本の天候」風向き/放射性物質飛散情報

是非是非、役立ててください!




[引き続きの留意事項: 引き続き、地震への備えも怠りなく!〜 6/25 - M5.7 震度5強 長野県南部、余震頻発中]の続きを読む

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

思考の種(630):1) 「金正恩カード」 未曾有の米中貿易戦争が始まる、2) 「一人っ子政策」の恐ろしい副作用 3千万人の「余った男たち」ほか
1)長谷川幸洋「金正恩カード」を手放さない習近平にトランプが繰り出す怒りの一手 2018.6.22.(現代ビジネス)


「金正恩カード」

未曾有の米中貿易戦争が始まる

■ 今度ばかりは本気かもしれない

米国のトランプ大統領が中国と本格的な貿易戦争に踏み切る構えを見せている。中国は朝鮮半島をめぐる情勢の「陰の主役」だ。米中の緊張激化によって、朝鮮半島情勢も不透明になってきた。

トランプ氏は6月18日、総額2000億ドル相当の中国製品に対して10%の追加関税を検討する、と発表した。大統領は先に、総額500億ドル相当の25%追加関税を発表していたが、両者を合わせると2500億ドル規模になる。

米国の中国からの輸入総額は5055億ドル(2017年)なので、今回の措置はその半分弱に追加関税をかける内容だ。さらに、中国の対米投資に対する制限も検討している、という。これに対して、中国は直ちに包括的な措置で対抗する、と発表した。

中国の米国からの輸入総額は1299億ドル(同)なので、そのすべてに報復関税をかけたとしても、米国の2500億ドル規模には及ばない。その場合、米国からの対中投資やビジネス機会に制限をかけるのではないか、とみられている。

双方が実際に発動すれば、貿易から投資、ビジネス分野にまで制裁と報復の応酬になる。まさに前例のない米中貿易戦争だ。これを嫌気して世界の株価は下落したが、株価にとどまらず、いずれ実態経済に悪影響が及ぶのは避けられない。

はたして、トランプ氏はどこまで本気なのか。


記事の続きは、上の タイトルから元生地へ>>




2)近藤大介: 間もなく、中国が3千万人の「余った男たち」で埋め尽くされる 2018.6.21.(現代ビジネス)


「一人っ子政策」の恐ろしい副作用

3千万人の「余った男たち」


[思考の種(630):1) 「金正恩カード」 未曾有の米中貿易戦争が始まる、2) 「一人っ子政策」の恐ろしい副作用 3千万人の「余った男たち」ほか]の続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

思考の種(629):4)「森友問題の真実を取材させない不当な人事異動に抗議します」という抗議文をNHKの上田良一会長宛てに提出、5)公文書偽造の公務員に有罪判決他
1)巻頭特集 安倍首相と加計理事長、共通する鉄面皮 国民はもう辟易 2018.6.20.(日刊ゲンダイ)


“腹心の友”のこの時期の記者会見

疑惑払拭には程遠い、国民を愚弄

 “腹心の友”がようやく出てきたと思ったら、疑惑払拭には程遠い、国民を愚弄するばかりの記者会見だった。

 加計学園の加計孝太郎理事長が19日、一連の問題について初めて公の場で口を開いたのだが、愛媛県文書の核心である2015年2月25日の安倍首相との面会。。。


記事の続き、写真詳細は、上の タイトルから元生地へ>>



2)近畿財務局職員 昭恵夫人の「いい土地」発言の記録認める 2018.6.12.(日刊ゲンダイ)


昭恵夫人の「いい土地」発言の記録

近畿財務局職員 認める

 国有地売却を巡る森友問題で新たな事実が発覚した。

 11日の参院決算委で財務省の太田理財局長が、安倍首相の妻・昭恵夫人の名が書かれた2014年4月の交渉記録について近畿財務局に確認したところ、作った記憶があるという者がいる」</strong>と明らかにした。


記事の続き、写真詳細は、上の タイトルから元生地へ>>




3)弁護士らNHKに申し入れ「森友報道記者の異動は背信行為」2018.6.2.(日刊ゲンダイ)


権力報道現場萎縮克服を求め文書提出

「研究者・弁護士有志」 1日にNHKに対し



[思考の種(629):4)「森友問題の真実を取材させない不当な人事異動に抗議します」という抗議文をNHKの上田良一会長宛てに提出、5)公文書偽造の公務員に有罪判決他]の続きを読む

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種を公開 真っ先に仕事消滅が始まるのは…? 2018.6.6.(週刊現代)
これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種を公開 真っ先に仕事消滅が始まるのは…? 2018.6.6.(週刊現代)


AIロボットが人間の仕事を奪っていく

真っ先にそのターゲットになって

いるのは、意外なことに医療界

▪️技術革新で人間の仕事の8割が消滅!

AI(人工知能)はいま将棋や囲碁などの分野で注目されていますが、2030年以降は人間と同じように仕事をこなす汎用型AIが生まれて、AIを搭載したロボットがレストランのウェイターや警察官、消防士という仕事まで担うようになる可能性があります。

将来的に人間の仕事として残るのは2割ほど。残りの8割を仕事にしている人は、生活をするにも苦しい少ない稼ぎしか得られなくなるでしょう」


駒澤大学経済学部准教授の井上智洋氏はそんな驚愕の未来予想図を語るのである。
AIロボットが人間の仕事を奪っていく――。

SFで描かれていたそんな近未来図は、もうすでに現実のものとなり始めている。

真っ先にそのターゲットになっているのは、意外なことに医療界だ。




[これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種を公開 真っ先に仕事消滅が始まるのは…? 2018.6.6.(週刊現代)]の続きを読む

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術