FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
今日の新規アップ記事(365)2018年11月22〜28日:11/28 - 0)立川談四楼〜世耕経産相は「万博に出展する国は心配する必要は全くありません。出展する100カ国に240億円を支援します」との演説で万博を大阪に誘致、、、下品なことを言うんだ。そしてそのカネはどこから出るんだ。
D)今日の新規アップ記事:2018年11月28日:

0)思考の種(662):トップ 立川談四楼ツウィート〜 世耕経産相は札束で頰を張った。「万博に出展する国は心配する必要は全くありません。出展する100カ国に240億円を支援します」との演説で万博を大阪に誘致

立川談四楼さんのツウィート:11/25 ‏@Dgoutokuji 3h3 hours ago

世耕経産相「万博に出展する国は心配する必要は全くありません。出展する100カ国に240億円を支援します」との演説で万博を大阪に誘致したんだね。札束で頬を張ったわけだが、誰に断ってそんな下品なことを言うんだ。そしてそのカネはどこから出るんだ。茶坊主感丸出しではしゃぐ姿はみっともないぞ。


1)【外国人労働者失踪】安倍政権、またもや公文書改竄と首相虚偽答弁 2018.11.15. (田中龍作ジャーナル)

無理矢理に通したい法案はデータや

資料を改竄する。
安倍政権の常套手段


**アメリカ政治雑感:11/27 - CA時間: 昨日の「快挙」はNASAの"InSight 「インサイト」"が火星に無事着陸したことだろうか。友人知人に会う度に話題に上っていた。
 ニュー・ヨーク・タイムズ紙は「この宇宙飛行機は火星地震に耳をそばだてちりまみれの世界の情報を解く鍵を探し、これから先数カ月に渡る火星の地下世界の調査を始める。」と小見出しをつけている。
 動画付きの記事で、動画の説明書きには「着陸機が火星に着地したーカリフォルニアのヴァンデンヴァーグ航空基地から打ち上げられてから6ヶ月+、482,803,200 km後の着地だ。"InSight"はもう最初の画像を送り届けてきた。」とある。詳細は下の記事へ>> NASA’s InSight Mission Has Touched Down on Mars to Study the Red Planet’s Deep Secrets 2018.11.26. (NYT)
 宇宙での快挙に比して、地上ではドロドロの綱引きが続行中だ:2016年大統領選挙でトランプ陣営の参謀を短期間だが務め、特別捜査官モラー氏のティームと2ヶ月前に司法取引をし捜査に協力をしていたはずのポール・マナフォートが、繰り返し嘘をついていたとして月曜日にモラー氏側が取り引きを止め、即判決を下すよう裁判所に求めた。
 特別捜査官ロバート・S・モラー三世の下で務めている検察官は、マナフォート氏の「様々な題材」に関する「犯罪と嘘」は、司法取引で彼に約束された条件から検察側を解き放つものだと語った。だが合意条件下では、マナフォート氏が有罪答弁を取り下げることはできない。
 弁護団はマナフォート氏が取引を破ったとは考えていない。裁判所へ提出された同じ書類で、マナフォート氏は特別捜査官ティームと繰り返し面談し「本当の (truthful) 情報を提供したと信じる」と記した。
 だが両サイドは難局を考慮し、コロンビア特別区の連邦地方裁判所のエイミー・バーマン・ジャクソン裁判官に対して、ヴァージニア州アレグザンドリアにある拘置所の独居房に収監されているマナフォート氏の判決日時を設定するよう要請した。。。
 トランプ氏がマナフォート氏を恩赦するかどうかと云う疑問は1年前に起訴された時からこの件に影を落としていたが、今でも可能性として残っている。。。
 月曜日に裁判所に提出された書類は、マナフォート氏が信頼に値する証人であると検察官が見なしていないことを示唆している。詳細は下の記事へ>> Manafort Breached Plea Deal by Repeatedly Lying, Mueller Says 2018.11.26. (NYT)
 選挙日に確定しなかったミスィスィッピー州の上院議員決選投票が今日行われている:過去30年に渡って共和党議員しか選ばれなかった深南部(注:ディープサウス 《Georgia,Alabama,Mississippi,Louisiana の諸州》)の保守的土地柄で、元々人種問題が深刻だったが、共和党の女性候補で白人系アメリカ人のスィンディー・ハイド-スミス (59) が支持者を褒める言葉の中で、もし彼が「公開絞首刑に招待したら、最前列にいるわ」と発言したことから騒ぎになった。
 対立候補は民主党のアフリカ系アメリカ人でクリントン大統領時代に内閣書記官を務めたマイク・エスピー氏だ。同じく深南部の隣のアラバマ州の昨年12月の上院議員選挙では民主党のダグ・ジョーンズが特別選挙に勝利したので、民主党は今回も勝利を収めたいところだ。。。
 (注:トランプ大統領は人種差別的発言に構わず、現地に赴き遊説していた。)詳細は下の記事へ>> Mississippi Senate Runoff: Here’s What You Should Know 2018.11.27. (NYT)
 人の災いに乗じて金儲けに走る輩はどこにもいる、残念ながら。昨日付のNYTはプエルト・リコの修復事業で、FEMA (アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁) の請負業者たちが発電機に約40万、「流し」に7万円など法外な値上げ額を請求していたと報じている:FEMAは113,782,000,000円以上をハリケーン・マリアの被害を受けたプエルト・リコの家屋修繕のために注ぎ込んでいるが、その大方は法外な値上げ額と関節諸経費を請求している請負業者たちの懐に入ってしまう。$3,700 Generators and $666 Sinks: FEMA Contractors Charged Steep Markups on Puerto Rico Repairs FEMA is spending more than $1 billion on emergency repairs to homes in Puerto Rico damaged by Hurricane Maria, but much of it is going to contractors charging steep markups and overhead. 2018.11.26. (NYT)
 そしてアフガン戦争では未だにアメリカ兵が「戦死」し続けており詳細は下の記事へ>> Roadside bomb kills three U.S. troops near Afghan city of Ghazni 2018.11.27. (WaPo)
 アメリカの車業界三大大手のGM社が販売不振のため、工場閉鎖などで8,000人ほどを解雇する。詳細は下の記事へ>> G.M. to Idle Plants and Cut Thousands of Jobs as Sales Slow 2018.11.26. (NYT)
 NYTが中国の科学者ヒー・ジアンクイは、彼の主張を裏付ける証拠もデータも提供していないが、クリスパー ("Crispr") を使い、最初の遺伝子的に編集された赤ちゃんを造ったと報じている。本当であれば、「デザイナー・ベイビーズ」への扉を開ける可能性があると懸念されている。
詳細は下の記事へ>> Chinese Scientist Claims to Use Crispr to Make First Genetically Edited Babies 2018.11.26. (NYT)**




[今日の新規アップ記事(365)2018年11月22〜28日:11/28 - 0)立川談四楼〜世耕経産相は「万博に出展する国は心配する必要は全くありません。出展する100カ国に240億円を支援します」との演説で万博を大阪に誘致、、、下品なことを言うんだ。そしてそのカネはどこから出るんだ。]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月09日 2)都心に残された最後の広大な一等地〜東京都は強権政治で業者をねじ伏せて築地を更地化し、何を企んでいるのか

**アメリカ政治雑感:12/08 - CA時間: 今週末の北カリフォルニアはハイキング日和:昨日は近くの滝を見に友人と約5kmのハイキング。土曜日の今日は、気温が高め。暖房費がかからなくて嬉しいことだが、冬はやはり冬らしくないと、夏の水不足などを引き起こすので困る。
 困っているのは、大きくなりつつある弾劾裁判の声に悩まされている米大統領も同じ。これまで囁かれてきたホワイト・ハウスの首席補佐官ケリー将軍の更迭が決まったようで、今年いっぱいと大統領によって発表された。頭上に色濃く大きくなりつつある「ロシアの雲」を鑑みて、ケリー将軍の友人たちはこれ以上傷つかない方が良い、WHから出た方が良いとコメントしているのが印象的だ。
 国防長官のマティス将軍同様、二人は大統領の行動をできるだけ良い方向に持って行く事を心掛けていたと言われている。その片方がWHから押し出される形で間もなくいなくなる。マティス将軍に対しても時折気になるコメントをしている大統領、大統領が先に辞める事になるのか、マティス将軍が先にいなくなるのか、、、国家安全保障面から見れば、おちおち出来ない状況ではある。
 今日付のCNNのニュースは、「トランプは話の中身を変えようとしている、が、ロシアの暗雲はさらに立ち込めて」との見出しで記事を書いている。ドナルド・トランプ大統領は注意を逸らし否定するための作戦帳に頭を突っ込んでいるようだが、代わりの物語を紡ぎ出す彼の技を持ってしても、特別捜査官ロバート・モラーからの大きな脅威をごまかすことはできないだろう。
 土曜日にトランプは首席補佐官ジョン・ケリーの退任を発表した、ロシア捜査の新たな発見をいなし、おなじみの敵を攻撃し、破壊的なデモを勧め、かつてのとも、フランスの大統領エマニュエル・マクロンに挑んだ。
 メディアが追跡するように新たな物語を繰り出している間にも、大統領は2016年選挙戦以来の彼自身の言動に合わされたモラーの容赦のない焦点をそらす力は無いようだ。
 ロシア捜査に関連する裁判所へ提出されたこの1週間の書状は、大統領の弱みをさらに明らかにし、彼の選挙陣営がロシアの選挙介入工作に共謀したのかどうかについて新たな問題を提起した。
 モラーの捜査結果がトランプの周辺の人物によるロシア人との接触を明らかにし、そして彼らが起きた事柄について嘘をついた証拠を明らかにすればするほど、大統領はますます疑いが晴れ潔白だと主張する。
 トランプはフィラデルフィアの陸軍対海軍のフットボールの試合観戦に出かける前に、記者団に向かって「書状に見られる事柄は喜ばしい内容だ、共謀などまったく無かったのだから」と語った。
 トランプは土曜日早朝「魔女狩りを止める時だ」とツウィートし、フォックス・ニューズの記者ヘラルド・リヴェラの言葉を引用した:「これは共謀幻想だ」そして「弾劾に値するものは何も無い」。詳細は下の記事へ>> Trump tries to change the story, but Russia cloud darkens 2018.12.8. (CNN)
 トランプの元弁護士マイケル・コーエンに関する金曜日の夕方に裁判所に提出された訴状の後では、議会はドナルド・トランプ大統領に対する弾劾裁判手続きを始める以外「ほとんど選択肢が無い」ニクソン大統領時代のホワイト・ハウス付き弁護士ジョン・ディーンが語ったとCNNが報じている。詳細は下の記事へ>> Former Nixon WH lawyer: Congress will have 'little choice' but to begin impeachment proceedings 2018.12.8. (CNN)**




 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2018.12.09.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2018年12月09日:

0)番外編:カリフォルニア(1005): Oregon (289) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)

 2016.5.11.:オチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) 周辺で数日を過ごした後、今日はカリフォルニアへ戻る日。
 その後、アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) の宿に一旦チェック・インしてから、いつも通り過ぎていた川の向こう側の針葉樹林で植物チェック:大きな樹々に囲まれて光があまり差さない森の床には、キンポウゲ科イチリンソウ属ヒメイチゲの仲間、ウェスターン・ウッド・アネモネ (Western Wood Anemone) 、学名: (Anemone lyallii) やウェスターン・トゥリリアム (Western Trillium) 、学名:(Trillium ovatum) がひっそりと満開状態だった。
 湿った半日陰の環境を好むストリーム・ヴァイオレット (Stream Violet) 、学名:(Viola glabella) も顔を出している。大きなものだと背丈が30cm前後になりフサフサとした様子になるのだが、ここでは単体で小さい。



1)朝ご飯 |ブランチ (63) :ピスタシオ、夕ご飯(96):ブロッコリー、いんげん豆、トウモロコシ、黒豆とお米のスープ

 2018.10.28.: この日のブランチは、ピスタシオのみ煎ってあるが、塩抜きなのでピスタシオの味がそのまま味わえる。時々、何も食べたくない時があるが、そう云う時は食べないことにしている。この午前中は、ピスタシオの気分だった。あの微かな香りが何となく脳に心地良い。
 そんな日の夕ご飯は、ブロッコリー、いんげん豆、トウモロコシ、黒豆とお米のスープと野菜だけ。こう云う日は、胃腸が休みを取りたいのだと思うことにしている。



2)思考の種(663):1)【築地解体】移転反対2業者に都が見せしめ 豊洲での営業停止 2018.12.1. (田中龍作ジャーナル) & 2)豊洲市場内に舞う謎の“黒い粉塵”

移転反対2業者に都が見せしめ

豊洲での営業停止


 都心に残された最後の広大な一等地を巡って、都議会公明党や自民党がネジを巻いている。年明けにも方針が明らかになるとの報道もある。

東京都は強権政治で業者をねじ伏せて

築地を更地化し、何を企んでいるのか




[地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月09日 2)都心に残された最後の広大な一等地〜東京都は強権政治で業者をねじ伏せて築地を更地化し、何を企んでいるのか]の続きを読む

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月08日 2)自民党が覚えた開き直ったもん勝ち: 数の論理をかさに着て、説明や説得を完全に放棄〜安倍政権の実態は新自由主義の売国グローバリズム路線

**アメリカ政治雑感:12/07 - CA時間: 今日は皆が特別捜査官モラー氏からの大統領の元選挙参謀だったポール・マナフォートに対する量刑覚書の提出を待っていた日だった:今日提出された書類では、司法取引を破りマナフォートが連邦捜査官に対して虚偽の証言をしていたと告訴した。マナフォートが、トランプ政権関係者との接触とモスクワの諜報機関に繋がりがあるロシア人との交流について嘘をついていたと特別捜査官事務局が発表した。
 また彼は彼の借金を肩代わりするために政治行動委員会を通じて支払われた$125,000 に関しても嘘の証言をしていたと、特別捜査官ロバート・S・モラー三世の下で務める検事が9月にマナフォート氏と合意に至った司法取引をなぜ先週になって帳消しにしたかを一部編集された裁判所に提出された説明書で発表した。
 またマナフォートは、2016年大統領選挙へのロシアの干渉とトランプ陣営がクレムリン工作と共謀したかどうかに関するモラー氏の捜査に関係の無いケースを追求している捜査官たちを欺く証言をしたとしている。
 「マナフォートはいくつもの嘘と認められる虚偽の証言をしたーこれらの嘘は単なる記憶喪失の事例ではないと、コロンビア特別区連邦地方裁判所のエイミー・ジャクソン裁判官への覚書に検察官が認めている。
 提出された書類は、虚偽証言に対するモラー氏の厳しい姿勢を示す新たな事例だ。マナフォート氏も含めて、モラー氏のティームはトランプ氏の元補佐官たち5名が虚偽証言をしたと告訴している。。。
 マナフォート氏(69)は、銀行詐欺から司法妨害謀略までに及ぶ罪に対する2件の起訴により少なくとも10年の刑期に直面する。来年初頭に判決が言い渡される予想だ。
詳細は下の記事へ>> Mueller Says Manafort Lied About Contacts With Trump Officials 2018.12.7. (NYT)
 大統領の元個人弁護士マイケル・コーエンに関する今日のNYT紙の見出しは、「選挙戦中にトランプが不法な支払いを指示したと検察官が発表」:写真には「10年以上もトランプ大統領の個人弁護士およびフィクサーであったマイケル・コーエンが先週有罪認証後にマンハッタンの連邦裁判所を出るところ」と書かれてある。
 連邦検察官は金曜日に2016年のホワイト・ハウスを獲得する機会を脅かす可能性のあるセックス・スキャンダルをもみ消すために不法な支払いを指示したと、大統領の元弁護士が以前に告発した内容に司法省の裏付けをして発表した。
 弁護士マイケル・D・コーエンは、選挙日が近付いた際に、トランプ氏と情事を持ったと主張する女性2人に対し金銭の支払いを指示したと語っていた。コーエン氏の刑期を論じる新たな覚書で、マンハッタンの検察官は彼は<明らかにトランプ氏を指す>某氏の「意向に添いその指示の下に行動した」認めた。
 別の書面では、特別捜査官の下でロシアの2016年選挙妨害を捜査している検察官は、2015年11月にロシアとトランプ氏の選挙陣営の間の「政府レヴェル」の協調 (synergy) を某ロシア人がコーエン氏に申し込んだと記している。。。
 (金曜日に明らかにされたロシア諜報関係者との関係について虚偽の証言をしたマナフォート氏の件と)共にこれらの書状は、トランプ氏を犯罪行為に結びつける可能性のあるこれまでで一番直接的な証拠を明らかにしたことになる、そしてロシアが2016年の選挙をトランプ氏に有利になるように運ぶことを目指していたという既に実質的な事件に厚みを加えた。
 トランプ氏は金曜日にこのニュースを退け "Totally clears the President. Thank you!"とした。詳細は下の記事へ>> Prosecutors Say Trump Directed Illegal Payments During Campaign 2018.12.7. (NYT)
 現在司法長官の席は空席で、特別捜査官のロシア問題捜査に批判的な議会の承認を経ていない人物(ウィティカー)が代行として大統領によって送り込まれている。今日、41代大統領ブッシュ政権(1991−1993)下で司法長官を務めたウィリアム・バーを司法長官候補として大統領が考えているとNYTが報じている。(これまでの所、バー氏も特別捜査官のロシア問題捜査に批判的であると報道されている。)詳細は下の記事へ>> Trump Weighs Bringing Back William Barr as Attorney General 2018.12.7. (NYT)**




 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2018.12.08.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2018年12月08日:

0)番外編:カリフォルニア(1004): Oregon (288) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)

 2016.5.11.:オチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) 周辺で数日を過ごした後、今日はカリフォルニアへ戻る日。 
 アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) の宿に一旦チェック・インしてから、いつも通り過ぎていた川の向こう側の針葉樹林で植物チェック:キンポウゲ科イチリンソウ属のヒメイチゲの仲間、ウェスターン・ウッド・アネモネ (Western Wood Anemone) 、学名: (Anemone lyallii) に遭遇。
 近くには同じような環境を好むウェスターン・トゥリリアム (Western Trillium) 、学名:(Trillium ovatum) が満開状態:大きな3枚の葉が特徴だが、お腹の空いていた誰かさんが居たようで、大分食べられてしまっている。



1)Rodeo:ロデオ (748):2017年シーズン開幕 (68) 〜 > カリフォルニアのブル・ライディング (Bull RIding)

 2017.6.10.:6月のロデオ大会 (Rodeo) からハイライト部分を紹介。
 母親泣かせの「世界で最も危険なスポーツ」と言われるブル・ライディング (Bull RIding) :1トンから2トン近い大きなブルを相手に比較的小柄な若者たちが8秒間の戦いに挑む。
 13番目のブル・ライダー (Bull Rider)、は地元カリフォルニア州出身のリッキー:彼もここ数年常連のブル・ライダーの一人だ。
 ブルが何を考えていたのかは分からないが、往々にして狭いシュートから出て来る時に、一瞬戸惑った様子を見せるブルと猛烈な勢いで飛び出してくるブルに大きく分かれる。(その中間も様々だが。)リッキーの引き当てたブルは後者の方だった。



2)注目の人 直撃インタビュー 作家・適菜収氏が喝破 バカがバカを支持すれば国は滅びる 2018.12.3. (日刊ゲンダイ)

保守は本来「常識人」、言葉の乱れは

国家崩壊の始まり
こんな政権を6年も放置してきた日本はもう手遅れだと思います。これはメディアも含め、日本国民の責任です。バカがバカを支持すれば、当然国は滅びます。

自民党が覚えた開き直ったもん勝ち:

数の論理をかさに着て、説明や説得を

完全に放棄
安倍政権の実態は

新自由主義の売国グローバリズム路線




[地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月08日 2)自民党が覚えた開き直ったもん勝ち: 数の論理をかさに着て、説明や説得を完全に放棄〜安倍政権の実態は新自由主義の売国グローバリズム路線]の続きを読む

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月07日 2)マスコミ・芸能界にある原発タブー、東電タブー:「一番のヤクザは国家」〜経済政策の目玉がカジノ?!どんな衰退国家ですか?!

**アメリカ政治雑感:12/06 - CA時間: 特別捜査官の2016年大統領選挙へのロシア政府介入問題捜査は、明日のマナフォートに対する量刑覚書がどうなるか待たれる所だが、特別捜査官と大統領の弁護団の間で話し合いが再開されているとMSNBCが放送している:大統領は先々週に書面で捜査官の質問に答えたと話していたが、今度は大統領に対する召喚状を使い面談で聴取するのではないかと言われている。が、詳細は今の所不明。
 先週のG20で休戦状態に入ったと言われていた米中貿易戦争だが、今日、フアーウェイの重役が逮捕されたとニュースが流れた。貿易戦争が激化するのではないかとの懸念が広がっている。今日の株式市場は再度大暴落、500ポイント前後の下落になっていた。
 NYT紙は次のように報じている:ブエノス・アイレスで土曜日の夜に中国の習近平大統領と夕食を共にしたトランプ大統領は彼らの「特別な」関係を祝い米中貿易戦争を休戦に持ち込めると期待していた。
 7000マイル離れた、二人の首脳の知らない所で、アメリカの要請に従ってカナダ警察は、ヴァンクーヴァーで飛行機の乗り換えをする所だった中国の旗艦企業の一つである企業の重役、メング・ワンツォーを拘留しようとしていた。
 司法省はメング女史の会社、ファーウェイがイランへの制裁を破った罪状で調査中であり、彼女の逮捕はトランプ政権による中国テクノロジーの世界拡散を制限するキャンペーン内で発せられた警告となるはずだった。が、これはトランプ氏の貿易交渉を混乱に陥れ、中国政府からの激しい非難の矛先になり、木曜日の午後にわずかに回復を見せる前には、金融市場はパニックで気絶寸前となった。
 逮捕の時期は、複数の専門家の見解では、トランプ政権の国粋主義派閥が貿易協定への破壊工作をしようとしているのではないかという嫌疑を深めかねないと語る。トランプ氏が説明した関税引き下げに中国が同意するとホワイト・ハウスが発表したことに対する疑念と工程表に関する混乱で、土曜日以来、彼らの気分は既に悪化していた。
 中国外務省のジェング・シュアングは「明確な理由も与えず拘留することは、明らかな人権侵害だ」とし、メング女史の早急の解放を要求した。。。メング女史はファーウェイ創始者の娘でもある。詳細は下の記事へ>> Arrest of Huawei Executive Intensifies Trade War Fears 2018.12.6. (NYT)
 約1ヶ月前の中間選挙の影響をまだまだ色濃く引きずっている州が幾つかある:有権者の票数をごまかすものから、当選した民主党知事の権限を破れた共和党知事と州議会がまだ権力の座にある内に制限してしまおうと言うものまで。。。アメリカはやはり広いと言うべきか、、、敗戦宣言をした候補が、集票詐欺を基に再選挙を要求したり、、、落ち着くまでにはまだ時間がかかりそうだ。
 ミシガン州では、これまで長いこと政権の座にあった共和党が敗れ、20年ぶりに民主党の州務長官が誕生した。 ミシガンの共和党は、ウィスコンスィン州の保守派議員の戦術を真似て、木曜日に新たな州務長官の権限を制限する動きを始めた、そして1月に知事と検事総長の職務に就く民主党員の力を削ぐ舞台を整えている。詳細は下の記事へ>> Michigan G.O.P. Starts Limiting Power of Incoming Democratic Leaders 2018.12.6. (NYT)
 ノース・キャロライナ州では、不在者投票の封筒を巡る詐欺があった様子で、敗戦を宣言した民主党のダン・マックレディが宣言を取り下げた。このケースは再選挙になる可能性有り。詳細は下の記事へ>> Irregularities found in second North Carolina county in contested House race 2018.12.6. (CNN)
 現在、NYのCNNが入っている建物に電話で爆発物脅迫があったようで、現在進行中:詳細は下の記事へ>> NYのCNNに爆弾?現在進行中>>
 ウクライナの戦艦3艘と船員がロシア側に領海侵犯を理由に拿捕されたことを受けて、アメリカ軍は今週空と海からロシアに対して威力を誇示したとCNNが報じている。詳細は下の記事へ>> US military flexes muscles in message to Russia 2018.12.6. (CNN)**





 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2018.12.07.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2018年12月07日:

0)番外編:カリフォルニア(1003): Oregon (287) クラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR)

 2016.5.11.:オチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) 周辺で数日を過ごした後、今日はカリフォルニアへ戻る日。。。
 1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) の宿に一旦チェック・イン。標高約1250mの町は、アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端に位置する。火山地帯にあるため、地熱が特に街の中心部で暖房に利用されているとの事だ。山に囲まれているので、林業も盛んな様子で、町の前の湖 (レイク・イォーナ ? "Lake Ewauna")|クラマス・リヴァー (Klamath River) には切り出された材木が浮かんでいる。
 チェック・イン後、いつも通り過ぎていた川の向こう側の針葉樹林で植物チェック。ラッキーな日となった:キンポウゲ科イチリンソウ属のヒメイチゲの仲間、ウェスターン・ウッド・アネモネ (Western Wood Anemone) 、学名: (Anemone lyallii) を発見。



1)モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(99)

 2017.3.23.:ネヴァダ側のビーティ (Beatty, NV) からデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) へ再度:海抜-86m地点がある長さが12km、幅が8kmあるバッドウォーター・ベイスン (Badwater Basin) へ。
 デス・ヴァレーの一番低い場所から更に北へ進む:今年のデス・ヴァレーで唯一花畑となっていたヴァージニア・リヴァー・ブリトルブッシュ (Virgin River Brittlebush) 、学名: (Encelia virginensis) が満開だった場所から離れて進むが、景色はあまり変わらない:赤みの入った岩肌に点在する緑の植物が目立つ。
 1時間程度走ってもほぼ同じような景色が続く。



2)山本太郎と久米宏が反骨タッグ! 安倍政権とカジノ、杉田水脈を徹底批判し、原発タブーや創価学会に言及 2018.8.5. (Lite-ra)

マスコミ・芸能界にある原発タブー、

東電タブー:「一番のヤクザは国家」


「本当は、東電はあそこで悔い改めて、そんなことは全部なしにして、是とする意見は是とするべきだっていうふうに、生まれ変わるべきなのに、それがないんですね、この国は

「山本さんが俳優さんだったのに『原発は危険だったんだ、いままでの東電のキャンペーンは嘘だったんだ』って言うのは、普通は言えなかったことだった

経済政策の目玉がカジノなんだっていう時点で、もう終わってますよね。どんな衰退国家ですかっていう?」




[地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月07日 2)マスコミ・芸能界にある原発タブー、東電タブー:「一番のヤクザは国家」〜経済政策の目玉がカジノ?!どんな衰退国家ですか?!]の続きを読む

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月06日 0)「頑張れ日本!全国行動委員会」の水島総・幹事長、亡国に突き進む安倍政権へ: 「安倍総理は一体何を考えているのか。あなたは日本を取り戻すのではなかったのか」。

**アメリカ政治雑感:12/05 - CA時間: 今日は41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュの国葬が笑いを誘う友情に溢れた追悼文と共に厳かに執り行われ、その後、州葬のために遺体はテキサスに戻りヒューストンのセイント・マーティンのエピスコパル教会に安置されている。
 写真は誰がどこに座ったかを示すもの>>詳細は下の記事へ>> Who sat where at George H.W. Bush's funeral: PHOTO 2018.12.5 (CNN)
 昨日特別捜査官が裁判所に提出した初期トランプ政権の国家安全保障顧問で捜査に協力していたマイケル・フリン将軍の量刑覚書に関する分析がニュースを賑わしているが、その内容が何を意味するのかは金曜日に予定されている二股をかけていた大統領の元選挙参謀ポール・マナフォートの量刑覚書を待つことにして、昨日からニュース量が増えている北朝鮮とサウディの皇太子に関する報道を見ることにする。
 CNNの見出しは「トランプのカショギ作戦のスローモーション大惨事 "the slow-motion disaster"」で、CIA長官の報告をキャピトルの地下で受けて後間も無く、火曜日の午後1時前に共和党議員2名が報道陣の前に姿を現した:二人は無駄の無い歯に絹を着せない言葉で、ジャーナリスト、ジャマル・カショギ殺害から生じる政治的損害を最少化しようとするトランプ政権の試みを粉々に吹き飛ばした。
 「煙が出ている銃は無いが、煙が出ているのこぎり(決定的証拠)はある」と、サウディ工作員がトルコのサウディ大使館で10月にカショギ氏を殺害した後バラバラにしたと云う疑惑についてリンヅィ・グラハム議員が発言した。
 サウス・キャロライナ州選出の共和党議員は、殺害はMBSとして知られるサウディ・アラビアの強大な権力を持つ皇太子モハメッド・ビン・サルマンの側近によって実行されたが、彼を殺害に結びつける直接のリンクをアメリカの諜報局は持っていないと云うホワイト・ハウスの主張を狙い撃ちした。「これがMBSの命令によって指揮され組織されたと云う結論に到達しないためには、意図的に目を瞑らなければならない」。
 すぐ側では、同じく共和党議員ボブ・コーカーが記者団に対し、MBSが殺人の背後にいることに関して「何の疑問も無い」と語った。テネシー選出の共和党議員は「もし彼が陪審員の前にいるとすれば、30分以内に有罪と宣告されるだろう」。
 鷹派のグラハム議員は大統領に近しい味方であり、昔からのサウディ支持者だが、この橋は遠すぎたようだ。
 またカショギ氏殺害は、全面的人道的問題になっているイェーメンでのサウディの戦争をアメリカが支持している事に関するホワイト・ハウスと議会の緊張を高めることになった。詳細は下の記事へ>> The slow-motion disaster of Trump's Khashoggi strategy 2018.12.5. (CNN)
 CNNが独自に入手した新しいサテライト画像は、北朝鮮が国内山間部に位置する主要な長距離弾道弾基地を大幅に拡張していることを明らかにしたと報じている。
 トランプ大統領は再度キム・ジョング・ウンとの会談を予定しているようだが、これまでのアメリカとの話し合いが北朝鮮の核武装拡大を止める効果を発揮していないことを確認させるものだ。詳細は下の記事へ>> New satellite images reveal activity at unidentified North Korean missile base 2018.12.5. (CNN)**




 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2018.12.06.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2018年12月06日:

0)【外国人労働者、衆院採決へ】安倍応援団が官邸に向かって「亡国法案」を叱る 2018.11.27. (田中龍作ジャーナル)

亡国に突き進む安倍政権を厳しく批判:

「頑張れ日本!全国行動委員会」の水島総・幹事長: 「安倍総理は一体何を考えているのか。あなたは日本を取り戻すのではなかったのか」。

会社を愛し定年まで勤めあげることを善とした日本型資本主義を壊したのは自民党だという。「歴史的に見ても移民を入れて長期的に発展した国はない」。「薄っぺらな国家観で、こんなもので国がやっていけるのか・・・こんな状態で日本が良くなると考えるのか」。

まして外国人労働者は商品でない。喜び、悲しみ、苦しみ、泣いて、笑って、助け合う生身の人間である。君たちに人間に対する まなざしが本当にあるのか」。

「どうか皆さん。こんな亡国法案を国民の手で叩き潰しましょう」



1)アメリカ政治 関連ニュース (30):11/8-16 ニュースまとめ:11/11 マクロン大統領 「。。。だが自分はナショナリストではない。。。  自分は様々な人々との協調を強く信じる者だ;ナショナリストは時に一方的なアプローチと強者の法則に偏りがちだが、それは自分のする事ではない。多分それが我々<米仏>の違いだ」

11/14 - アコスタ記者のプレス・パスは無効にされ、記者会見への立ち入りを禁止

11/16 - 異例と言える速さで裁判所はCNNに有利な判断: アコスタ氏の法に基づく適正手続の権利を犯した可能性が高いと判断>>

11/9 - 司法長官ジェフ・セッションズが「強制的に」辞任させられた後、大統領が直々に任命した「セッションズの監視役、大統領のスパイ」だったこれまで公職に就いたことの無かった、モラー特別捜査官に反対の立場を公にしているマット・ウィッティカーが司法長官代行となったことと憲法を捻じ曲げる大統領の行為に対する抗議デモだ。




[地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月06日 0)「頑張れ日本!全国行動委員会」の水島総・幹事長、亡国に突き進む安倍政権へ: 「安倍総理は一体何を考えているのか。あなたは日本を取り戻すのではなかったのか」。]の続きを読む

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報