Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
夕ご飯(84): ツナ缶、アスパラガス、板状ビーフン、ワカメ、海苔
3月中旬、カリフォルニア南部からアリゾナ州にかけて広がる広大な砂漠地帯の野草観察に出かけた際の「キャンプ食」。一人旅なので、実際にキャンプ場を利用することは無いが、外食はほとんどしないので、移動中の食事はほぼキャンプでする食事と大して変わらないものになる。

SF湾岸から5号線で南下し、14号線でカリフォルニア・ポピー (California Poppy) の群生地、ランカスター (Lancaster, CA) に入る。>>カリフォルニアからアリゾナへ(California to Arizona: April, 2012) :(4)

大農業地帯になっている(そして現在も拡大し続けている)セントラル・ヴァレー (Central Valley) を通過中、お昼休みに立ち寄ったレスト・エリア: ハンディを負った人たちへの対応は何処もしっかりしている。このブルーの表示には車椅子のモチーフが描かれており、身体障害者専用の駐車スペースを示している。専用の認可証とナンバー・プレートに貼り付けるシールが必要で、違反すると罰金が課せられる!

blog CP1 Lancaster to Mojave, Rest Area, CA_DSCN8325-3.15.18.jpg

ここ数年、レスト・エリアの改装工事が進んでおり、それぞれに小綺麗な設計の建物に変わりつつあるが、日本の小型ショッピング・モールのような雰囲気は無く、実に素朴な本当の「レスト・エリア」だ。

blog CP1 Lancaster to Mojave, Rest Area, CA_DSCN8326-3.15.18.jpg

レスト・エリアの一隅には、ペット用の空間が用意されており、一緒に旅するワンコたちが散歩できるようになっている。近くにあった黄色い花をたくさんつけた「やぶ」:長くしだれる枝がこんもりとしたやぶのようになる様子と花をたくさんつける所は、南アフリカ原産のブルー・プラムバゴ (Blue Plumbago) 、学名: (Plumbago auriculata) に似ているのだが、まだ名前が分からない。

blog CP1 Lancaster to Mojave, Rest Area, CA_DSCN8324-3.15.18.jpg

但し、花のサイズも花序も良く見ると大きく異なっている。ご存じの方がおられたら、ぜひ教えてください。

blog CP1 Lancaster to Mojave, Rest Area, CA_DSCN8319-3.15.18

ランカスターにある州立のカリフォルニア・ポピーの保護地に到着したのだが、前年と異なり、今年は「皆無」と言って良いほど花も若葉も無かった。それはポピーだけでなく、他の野草についてもほぼ同じ状況だった。

ジタバタせず、ゆっくりすることにする。ランカスターからモハヴィ (Mojave, CA) までは車で1時間以内:野草観察に時間を取れるように組んだ旅程だったが、雨が降らなかった砂漠には花が無かった!

この日の夕ご飯は、イタリアのツナ缶、塩とEVOO(オリーヴ油)を加えたお湯でサッと茹でた旬のアスパラガス(1ポンド=約454g)は、まだ少し高めだが、約450円。

blog CP1 Dinner, Lancaster, Tuna & Asparagus, CA_DSCN8328-3.15.18.jpg

主食はタイ製の板状ビーフン、熱湯に3分も浸せば美味しい板ビーフンになる。一緒に戻したワカメも加えて、海苔で材料を巻き、ビーフン寿司:海苔、ビーフン、アスパラガス、ツナ、ワカメをのせて軽く巻いて食べるのだが、ツナに十分な塩気があるので、何もつけずこのままで食べられる。お醤油やバルサミコ酢をビーフンに少々垂らしておけば、また異なる味を楽しめる。

blog CP1 Dinner, Lancaster, Tuna & Asparagus, CA_DSCN8327-3.15.18


スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

お昼ご飯 |ランチ (27)
2018.5.8.: 早かった朝食は、すでに紹介済みのオートミールに「納豆とアヴォカド」だったが、昼までに4−5時間あったので、

blog (5x4@300) Yoko CP2 Breakfast, Oatmeal with Natto & Avocado, Mendocino_DSCN8794-5.8.18.jpg

この日はお昼ご飯が入った:長粒米の玄米ご飯に好みのチーズをさいの目に切って混ぜ込み、温めただけのチーズご飯、ワラビともやしをオイスター・ソースで炒めたもの、それにタラのムニエル。

blog (5x4@300) Yoko CP2 Lunch, Black Cod, Brown Rice with Cheese, Warabi & Moyashi, Mendocino_DSCN8797-5.8.18.jpg

タラのムニエルは塩と胡椒だけの味付けなので、簡単。オイルは、オリーヴ油。(古くなって酸化したオイルは止めましょう!)

blog (5x4) Yoko CP2 Lunch, Black Cod, Brown Rice with Cheese, Warabi & Moyashi, Mendocino_DSCN8798-5.8.18.jpg


テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

夕ご飯(83):もやしとワラビの炒め物、タブーレ、サーモン入りハッシュ・ブラウン、サラダ、チーズ入り玄米ご飯
5月、レヴァント地方(地中海東部地域)に住んでいたことのある友人が、タブーレ (Tabbouleh) を作って持ってきてくれたので、この日の夕ご飯は、もやしとワラビの炒め物、タブーレ、サーモン入りハッシュ・ブラウン、チーズ入り玄米ご飯の組み合わせとなった。

1)もやしとワラビの炒め物:下処理したワラビともやしは、強火で軽く塩、胡椒をし一気に炒めたもの。この日は醤油を少しだけ加えたが、オイスター・ソースも美味しい。

2)サーモン入りハッシュ・ブラウンジャガイモをチーズおろし器ですり下ろしたものとBBQあるいはブロイルしたサーモンの身をほぐしたものを、ボールに入れ、卵、塩、胡椒を加えて混ぜる。フライパンにオリーヴ油を敷き、中火で焼いたもの。この日は、イタリアン・パセリを少々加えた。

blog (6x4@300) Yoko CP2 Dinner, Salmon Hush Brown, Warabi (Bracken), Mendocino_DSCN8785-5.7.18.jpg

3)サラダ:庭に育てているサラダ菜にアスパラガスとひよこ豆を組み合わせた簡単サラダ。ドレッシングもいつものように塩、胡椒、EVOO、レモン汁だけ!

blog (6x4@300) Yoko CP2 Dinner, Salmon Hush Brown, Warabi (Bracken), Salad with Gabanzo & Asparagus, Mendocino_DSCN8788-5.7.18.jpg

4)友人作のタブーレ基本的な作り方は、一旦蒸してから干したバルガー・ウィート (Bulgur Wheat) を水か熱湯で戻したもの、EVOO、レモン汁、トマト、香味野菜(イタリアン・パセリ)、ネギを加えて馴染ませる。

blog (6x4@300) Yoko CP2 Dinner, Salmon Hush Brown, Warabi (Bracken), Tabouli, Mendocino_DSCN8790-5.7.18.jpg

長粒米の玄米ご飯が少し残っていたので、チーズをさいの目に切って混ぜたチーズご飯

blog (6x4@300) Yoko CP2 Dinner, Salmon Hush Brown, Warabi (Bracken), Brown Rice with Cheese, Mendocino_DSCN8791-5.7.18.jpg



テーマ:料理レシピ - ジャンル:グルメ

朝ごはん|ブランチ(71): オートミール + 納豆 & アヴォカド! わらびの下準備
少し時期的には飛ぶけれど、2018年5月の朝ごはん:しばらくぶりに納豆を買うことができたので、この日はオートミールをご飯に見立てて、納豆アヴォカドをのせて朝ごはん

オートミールを甘くして食べる人は多いけれど、塩味で食べることが多い。のせるものは様々。
先日、味噌を少量混ぜて試してみたが、それも美味しかった。だいぶ前の一連の記事ですが、興味がある方は>> オートミール12種

blog (6x4@300) Yoko CP2 Breakfast, Oatmeal with Natto & Avocado, Mendocino_DSCN8793-5.7.18.jpg

そして近くの山に生えていた立派なわらび!先端の巻いている部分には発がん物質があると友人から聞いているので、先端は取り、水洗いをして繊毛を落とす。

大きめの鍋に(深いフライパン)水を十分に入れ、沸騰したらわらびを入れ、重曹を小さじ半分ほど入れて火を止める。
新鮮なので、灰汁はそんなに強くないが、しばらくそのままに置いてから、水を取り替え、綺麗な水に浸けておく。

この日の夕ご飯にはわらびを使った一皿が加わった。

blog (5x4@300) Yoko CP2 Warabi (Bracken), Mendocino_DSCN8784-5.7.18.


テーマ:料理レシピ - ジャンル:グルメ

朝ごはん|ブランチ(70):夏野菜のクスクス、 夕ご飯(82):パンザネーラ (Panzanella)
これも6月のロデオ大会中のブランチと夕ご飯:

セモリナ粉から作られる小さな粒粒のパスタ、クスクス (cous cous) は熱湯を注げば美味しく出来上がるので旅先でも重宝している食材だ。カップ1/2前後のクスクスに熱湯を注ぎ、蓋をして10分前後蒸らせば、十分すぎるほどの量のつぶつぶパスタが出来上がる。

濃いシチューやカレー、煮物料理と組み合わせるとまた色々と楽しめるが、ここは出先。この日はチェリー・トマト、ネギ、パルミジャーノ、塩、EVOO、レモン汁と組ませてサラダ風に。

blog CP5 Lunch, Cous Cous with Tomato & Onion, Livermore, CA_DSCN4727-6.17.17.jpg

夕ご飯は、イタリアの田舎料理パンザネーラ (Panzanella) 。元々は時間が経って固くなったパンを再利用するためのサラダ料理で組み合わせはトマトが主。小さなアイスボックスで食材の数も限られているので、この日は少し固くなってきたクルミ入り全粒粉パンをさいの目に切ったものを使う。

水につけて柔らかくするほど固くはないので、組み合わせる野菜とドレッスィングの汁気で十分:組み合わせたのは、チェリー・トマト、きゅうり、アヴォカド、セロリ、アンディーヴとバスク地方のヤギのチーズ。ドレッスィングはいつもの塩、EVOOとレモン汁。

/Users/yoko/Desktop/blog files/blog Cooking/blog CP5 Dinner, Walnut Bread Panzanita with Tomato, Endive & Avocado, Livermore, CA_DSCN4728-6.17.17.jpg

チーズの塩気と旨味もあり美味しく食べられる。

blog CP5 Dinner, Walnut Bread Panzanita with Tomato, Endive & Avocado & Cheese, Livermore, CA_DSCN4730-6.17.17.jpg


テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ