Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
夕ご飯(54):ペトラール・ソール (Petrale Sole) 「ムシガレイ」のムニエル
2017.4.12.:お客様と一緒の夕ご飯の日、主はペトラール・ソール (Petrale Sole) 「ムシガレイ」。お供の野菜類はまず旬のアスパラガス、芽キャベツとジャガイモの炒め物、そしてテンペー

アスバラガスはよく洗い、小さな土埃が入っていることが多い「はかま」をナイフで切り取る。
塩を小さじ1/2ほど加えた水が沸騰したら、オリーヴを2−3滴垂らし、アスパラガスを加えてえる。色が変わったら水きりザルに取り上げて、そのまま余熱で火を通す。
水気が切れてまだ熱いうちに、アスパラガスの上にパルミジャーノをすり下ろすか削り落とし、EVOOとレモン汁を軽く振りかけるだけ。チーズの塩味で十分だと思うが、物足りない方は軽く天然塩を追加。

blog CP3 Dinner, Asparagus with cheese, Mendocino, CA_DSCN4392-4.21.17.jpg

芽キャベツとジャガイモは、ほぼ同じ大きさに切り、オリーヴ油と塩、胡椒で軽く焦げ目がつくまで炒めた物。
最後にトマト・ソースを加えると、また違う雰囲気の一皿になる。

blog CP3 Dinner, Brussel Sprouts, Mendocino, CA_DSCN4394-4.21.17

右下の小鉢の中身がテンペー:インドネシア発祥の発酵食品で、最近は自然食品店などで良く見かける。
7mm程度の厚さに切って、オリーヴでこんがりきつね色に焼いた物。このままでも、ケチャップと一緒に食べても美味しい。

blog CP3 Dinner, Petrale Sole Meuniere, Mendocino, CA_DSCN4395-4.21.17.jpg

ムシガレイは、塩、胡椒、小麦粉を軽く振ってオリーヴ油で焼いた物。味が淡白なので、塩、胡椒だけでムニエルにするのが一番美味しいかと思う。

blog CP3 Dinner, Petrale Sole Meuniere, Mendocino, CA_DSCN4396-4.21.17.jpg


スポンサーサイト

テーマ:料理レシピ - ジャンル:グルメ

夕ご飯(53):レンティル・スープ (Lentil Soup)
2017.4.20.:ロデオ大会の取材と砂漠から戻り、やっと料理ができる環境に!この日の夕ご飯はレンティル・スープ (Lentil Soup)レンズ豆のスープ。

レンズ豆は火の通りが早いので調理しやすい。前に アーティチョーク (Artichoke) と組ませたレンズ豆のスープ 畑のキャビア、ウンブリアのレンズ豆のスープを載せていたが、アイダホ州を通過中になだらかな丘の広がる豆の産地も通過していた!>> アメリカ横断:アメリカ全州訪問の旅 第2部(329)The Grand Tour - Part II

この日のスープは、玉ねぎ、人参、セロリ、ジャガイモを加えたもの。調理にはオリーヴ油、塩、胡椒、白ワイン、野菜ストックを使っている。食べる時に、バスク地方のヤギのチーズを賽の目に切って加えている。基本的なスープだ。

blog CP3 Dinner, Lentil Soup, Mendocino, CA_DSCN4386-4.20.17.jpg

翌日のランチには、上のスープと各種サラダ菜のミックスにアヴォカドを加え、塩、EVOO (エクストラ・ヴァージン・オリーヴ・オイル)、レモン汁だけのドレッシングで食す。

blog CP3 Lunch, Lentil Soup & Salad, Mendocino, CA_DSCN4388-4.21.17.jpg

お供はピーツ・コーヒーとお白湯。

blog CP3 Lunch, Lentil Soup & Salad, Mendocino, CA_DSCN4390-4.21.17.jpg


テーマ:料理レシピ - ジャンル:グルメ

夕ご飯(52)
2017.4.19.:ロデオ大会|砂漠行きが終わり、帰宅の前夜、いつものウィリアムズ (Williams, CA) の町で1泊。稲作が大規模に行われているサクラメント・ヴァレー (Sacramento Valley, CA) の周辺にはカリフォルニアの州都も含めて大小の市町村が広がる。新規に開発された55歳以上の人が住む町などもあり、2000年から2010年の間に280%+の人口増となった州都の郊外だ。

水田、果樹園、畑や国立の鳥獣保護区の湿地帯に囲まれた幹線道路5号線沿いの町には、メキシコ系の住民が多い。線路が町の真ん中を走り抜け、旧い町の道路を挟んでの反対側には、新しい住宅街やショッピング・モールが開発されている。旧市街の線路の近くに小さな一軒家があり、美味しいメキシコ料理を提供している。(家族経営?)

到着したのが比較的早めの午後3時頃だったので(売り切れた時点で閉店!)、行ってみる:まだ営業中だったので、魚のトスターダ (Tostada) をテイクアウトする。トスターダは油で揚げたトルティーヤ (Tortilla) の上に豆や肉類、野菜類をのせたもので、色々と応用が効く一品だ。

blog CP3 Dinner, Tostada, Williams, CA 2_DSCN4379-4.19.17.jpg

基本的な材料はトルテウィーヤ以外には:1)豆(黒豆の煮たものの場合やピント・ビーンズと呼ばれるうずら豆を柔らかく煮た後、潰し(この作業が大変!)、ラード(植物油が増えている)で炒めたリフライド・ビーンズと呼ばれるもの。玉ねぎやハーブ類を加えることも多い。)、
2)肉食系の場合は、鶏肉、豚肉、牛肉や魚など、
3)シラントロー(コリアンダー|香菜)などのハーブ、トマト、レタス(ロメインが多い)、
4)アヴォカド(最近は高騰しており、1個が3ドル前後している!)、
5)チーズをおろしたもの(メキシコ産のコティハ "Cotija" チーズなど)、
6)サルサ
7)ちょっと酸味のあるメキシカン・クレマ("Mexican Crema" サワー・クリーム)など。上の写真の中央左の角の白いものがメキシカン・クレマ。

野菜のドレッシングには、レモンよりもライム・ジュースを使うことが多い。基本的にライム・ジュース、ニンニク、塩、胡椒、オリーヴ油の組み合わせが多いようだ。

blog CP3 Dinner, Tostada, Williams, CA_DSCN4381-4.19.17.jpg

これは翌日、台所で料理中の写真:やっぱり自分で料理して食べるのが一番神経には良いと思う。

blog CP3 Dinner, Lentil Soup, Mendocino, CA_DSCN4382-4.20.17.jpg


テーマ:料理レシピ - ジャンル:グルメ

夕ご飯(51)& お昼ご飯 |ランチ (25)
2017.4.15.: 4月のロデオ大会 (Rodeo) の後、再度カリフォルニア南部の砂漠へ2週間弱ほど出かけた際に、これまで立ち寄らなかった町パームデイル (Palmdale, Los Angeles County, CA) を通り抜けてみた。サン・ガブリエル・マウンテン (the San Gabriel Mountain) を挟んでロサンゼルス市街の北東に位置する人口16万弱の町だ。

ロサンゼルスの町を取り囲む新興住宅地の一つなので、ショッピング・モールも型で押したような造りのものが目立つが、人口ではロサンゼルス郡の中では6番目に大きい。2000年から2010年の間に5万人近くの人口増加となっている。町の起源は1886年にルター派のドイツやスイス系の子孫がアメリカ中西部からさらに西へ移動してこの地に入植し「パーメンサ (th)ール "Palmenthal"」と云う村を形成したことに始まるようだ。

村の名前はドイツ語で「パームの谷」を意味するそうだが、それは地元の言い伝えによると、西へ移動していたグループは🌴が見えれば、海が近いと聞かされていたが、実際にヤシの木を見た事が無かったグループは、ジョシュア・トゥリー (Joshua Tree) をヤシの木と混同し、パーメンサールと名付けたと云う。ジョシュア・トゥリーは当時ヤッカ・パーム (Yucca Palm) とも呼ばれていたそうで、「パームの谷」と云う名前はそこに由来すると云う説もあるようだ。

そんな町のモールの一角にチラッと見えた文字、"YOSHINOYA" - YOSHINOYA 、牛肉は食べないので入ったことは無いが、カリフォルニアには "Yoshinoya" と "Yoshinoya Beef Bowl Restaurant" のふた通りがある様子。

blog CP3 Yoshinoya, Palmdale, CA_DSCN4361-4.15.17.jpg

この日の夕ご飯はいつものキャンプ食:中国野菜ガイランを茹でたもの、イタリアのツナ缶、ゆで卵、フランスのバスク地方で作られる羊のチーズ、全粒粉のくるみ入りパン、バークレー (Berkeley, CA) に本部があるピーツ・コーヒー Peet's Coffee Official Site をドリップ形式で淹れたもの。

blog CP3 Dinner, Palmdale, CA_DSCN4359-4.15.17.jpg

翌日、暑いこともあり、何か変化が欲しい気分:いつも立ち寄り季節の果物などを購入する58号線沿いにあるベイカースフィールド (Bakersfield, CA)マレー・ファミリー・ファームズ ( Murray Family Farms) へ。今回初めてアメリカの国民食(?)の一つとも言えるマカロニ・&・チーズ (Macaroni & Cheese) を購入。一人分で$4.99〜悪くはない。が、育ち盛りの子供や肉体労働の多い人にはこれでも足りないかも知れないが、往々にしてチーズが多すぎる傾向にある。

blog CP3 Lunch, Murray Family Farms, Rt.58 Bakersfield, CA_DSCN4362-4.16.17.jpg

これまでに試食した出来合いのマカロニ・&・チーズの中で一番美味しかったのは、最近アマゾンに買収されたホール・フーズ・マーケット ( Whole Foods Market) のものかも知れないと思う。

blog CP3 Lunch, Murray Family Farms, Rt.58 Bakersfield, CA_DSCN4363-4.16.17.jpg


テーマ:料理レシピ - ジャンル:グルメ

夕ご飯(50)
2017.4.4.: カリフォルニア南東部にあるモハヴィ砂漠 (Mojave Desert, CA) からロデオ大会のあるスィエラ・ネヴァダ山脈 (the Sierra Nevada Mountains) の麓の町へ向かう。デス・ヴァレ (Death Valley, CA) の西側にリッジクレスト (Ridgecrest, CA) と云う町がある。周辺には海軍の施設もあり、砂漠の中の町だが、必要なものはほぼ揃うので、ここを基点に動くことも多い。

夕方宿に到着した後、翌日に備えてガソリン給油に出かけた際、これまで見かけたことの無い看板を見つけた:何と、ヴェトナム料理店がある。500 km 以上の運転で疲れを覚えていたこともあり、元気の素、ニョクマム味のヴェトナム料理を食べることに即決。

ご主人に話を聞くと、ヴェトナム戦争後の1970年代後半にアメリカに移住し東部に住んでいたそうだが、子供たちが成人し、皆、カリフォルニアへ移りロサンゼルスで働いていると云う。子供達に会うにも東部からでは、飛行機でも5−6時間の移動になるため、ロスに近いこの町に2年弱前に越してきたと云う。

東部でもレストランを経営していたそうだ。ここは小型と云うよりも大きい店舗だったが、ヴェトナムの食材の販売も兼ねているようで、そこそこ成り立っていると語っていた。生春巻きの大きさが不揃いなので奥さんと二人で切り盛りしているのかなと想像。豚抜きの生春巻きの注文にも快く応じてくれたので感謝。

blog CP3 Dinner, Vietnamese, Ridgecrest, CA_DSCN4355-4.14.17.jpg

砕いたピーナッツがたくさん載っている BBQシュリンプのブン|ビーフン付け麺。いつものようにつけ汁を全体にかけ、頂く。味は最高とは言えないが、それなりに食べられる。しかし砂漠の真ん中でヴェトナム料理が食べられるようになるとは思っていなかった!

blog CP3 Dinner, Vietnamese, Ridgecrest, CA_DSCN4358-4.14.17.jpg

2017.4.5.: 翌日、約515kmの移動後、無事ロデオ大会が開催されるスィエラ・ネヴァダ山脈の西側山ろくの町に到着。今年4月初旬のロデオ大会 (Rodeo) 、例年カリフォルニアで最初に取材する大会では関係者のお宅にお世話になり、ご主人の従兄弟が実際にカウボーイで働いているからと云うことで、裏方さんたちの生活の一部を見せて貰った。小さな子供たちが走り回る「私生活」の場でもあるので、ほとんど見るだけだったが、興味深い時間になった。

ロデオ大会で会場内の安全を守り、競技参加者を支援する役割のピックアップマン (Pickupman) の仕事をするカウボーイは、大きなトレーラーで会場を回り、3〜4頭の馬を連れている。子供たちが小さければ、家族総出の「出張」となる。

blog (6x4.5@300) Yoko CP3 Jeff Shearer's Family, Horses, Oakdale_DSCN4343-4.5.17.jpg

たまたま関係者の従兄弟は、ジェフと云うカリフォルニアの大会では顔見知りの人物で、昔はサドル・ブロンコ・ライダー (Saddle Bronco Rider) として活躍しラス・ヴェガスの全国大会にも出場したほどの腕の持ち主だ。4月上旬のこの大会はイースター (Easter) |復活祭に近いこともあり、小さな子供達はバケツ一杯に入れたプラスチックの卵で遊んでいた。

blog (6x4.5@300) Yoko CP3 Jeff Shearer's Family, Easter Eggs, Oakdale_DSCN4349-4.5.17.jpg

日が暮れる中、小さな焚き火を囲んで四方山話をしながら、カウボーイたちの1日が終わる。

blog (6x4@300) Yoko CP3 Jeff Shearer's Family, Sunset, Oakdale_DSCN4342-4.5.17.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報