FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(1059): ジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 37
2018.3.20.: 南カリフォルニアにあるジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 、南西部の公園入り口、コットンウッド (Cottonwood) へ向かう。

途中のターキー・フラッツ (Turkey Flats) からさらに南下する。この辺りには、更新世(約258万年前から約1万7千年前までの間)の終わり頃、現在の環境とは大きく異なる冷温と水気の多い環境にヒトはいた。マンモスやマストドン、ウマ、ラクダ、場所によってはバイソンなどが十分生きられる豊かな草原が広がっていたと言う。

8千年ほど前、この地域/ピント盆地に住んでいた人々は、川の流れるこの地で、大きな獲物を狩り、季節によっては採集生活をしていたと言われている。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Turkey Flats, Pinto Basin, Pinto People_DSC7717-3.20.18.(2).jpg

ピント文化の終わり頃には現在とさほど変わらない乾燥地になっていたと考えられている。見渡す限り、砂漠の様相だ。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Turkey Flats, Pinto Basin, Pinto People_DSC7722-3.20.18.(2).jpg

デス・ヴァレーと同じで、この地域にもヨーロッパからの移民が押し寄せ、金銀を探し求めていた。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Pinto Basin, Old Dale-Black Eagle Roads to mining sites_DSC7723-3.20.18.(2).jpg

この立て看板は、そんな山師たちの歴史と鉱山跡に通じる道を示している。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Pinto Basin, Old Dale-Black Eagle Roads to mining sites 2_DSC7724-3.20.18.(2).jpg

現場に立っていると、俯瞰できない限り理解が難しいが、これが砂漠の水の流れの痕跡を残すウォッシュ (Wash) と呼ばれるものの画像だ。砂漠では雨が降っても地面に吸収される部分は少なく鉄砲水のように低い方へ流れ落ちる。そしてまたすぐ乾いてしまうので上から見るとこのような流れの跡が見える。

砂漠で雨に遭遇した場合には、鉄砲水の恐れもあるので要注意。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Pinto Basin, Desert Wash_DSC7725-3.20.18.(2).jpg


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1058): ジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 36
2018.3.20.: 南カリフォルニアにあるジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 、北西部の入り口から20kmほど南下したピント盆地 (Pinto Basin) にあるチョ-ヤ・カクタス・ガーデン (Cholla Cactus Garden) の後、少し先に進むと特異な姿をした樹が立ち並ぶ場所に到達する。

オコティヨ (Ocotillo) 、学名: (Fouquieria splendens) を観察後、南西部の公園入り口、コットンウッド (Cottonwood) へ向かう。途中、砂漠で雨が降った際に雨水が流れた痕跡が残る場所がある。ウォッシュ (Wash) と呼ばれる乾いた川とも言える。

途中にあるターキー・フラッツ (Turkey Flats) の奥には盆地の名前にもなっているピント・マウンテン (Pinto Mountain) 、1,215mが一際高く見える。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Turkey Flats, Pinto Mountain (3,983')_DSC7697-3.20.18.(2).jpg

今年はこの場所にも色々な花が咲いていたが、去年はほとんど全部乾燥した状態だった。上の画像の右端の灌木は、もうみなさんおなじみの砂漠に適応した消毒力もあるクレオソート・ブッシュ (Creosote Bush) 、学名: (Larrea tridentata) 。

下の小さなクリーム色の花を付けた植物は、ホワイト・ビュロブラッシュ (White burrobrush) 、学名: (Ambrosia salsola) 。小さく地味な花だが、真珠のような光沢のある花びらで、良く見ると綺麗だ。アスターの仲間で、モハヴィ砂漠とソノーラン砂漠に自生する。
背丈は120cm前後まで。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Turkey Flats, Saltbush ?2_DSC7701-3.20.18.(2).jpg

意外な姿だが、これもアスターの仲間の野草で名前はスパニッシュ・ニードル (Spanish Needle) 、学名: (Palafoxia arida) 。生息地は上に同じ。立派な葉は全長10cm前後ある。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Turkey Flats, Pinto Basin, Pincushion 2_DSC7709-3.20.18.(2).jpg

これは去年のターキー・フラッツの様子。今年に比べるとかなりの乾燥度だ。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Turkey Flats, Pinto Basin, Pinto Mountain_DSC7716-3.20.18.(2).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1057): ジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 35
2018.3.20.: 南カリフォルニアにあるジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 、北西部の入り口から20kmほど南下したピント盆地 (Pinto Basin) にあるチョ-ヤ・カクタス・ガーデン (Cholla Cactus Garden) の後、少し先に進むと特異な姿をした樹が立ち並ぶ場所に到達する。

特異な樹はオコティヨ (Ocotillo) 、学名: (Fouquieria splendens) で、ヴァイン・カクタス (Vine Cactus) やスリムウッド (Slimwood) などの別名を持つ。北米南西部のソノーラン砂漠やチワーワン砂漠に自生する植物で、「カクタス」とも呼ばれているが、真のサボテンではない。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Ocotillo (Fouquieria splendens)_DSC7677-3.20.18.(2).jpg

ツツジ目フキエリア科フキエリアの低木で、中には背丈が10m前後になるものもある。幹は細長くヒョロヒョロとしているが、根元からたくさん枝分かれする幹の中には根元の直径が5cmに達するものもあり頑丈だ。

最初の画像のように、全く葉が無いように見えるが、乾燥地帯に適応して、水分が飛ばないように小型化している。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Ocotillo (Fouquieria splendens) 2_DSC7683-3.20.18.(2).jpg

昨年も今年も、オコティヨの状態は芳しくなかった。花の形状は、2012年撮影のものだがこちらへ>>アリゾナからカリフォルニアへ(Arizona to California: April, 2012) :(44)

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Ocotillo (Fouquieria splendens)_DSC7684-3.20.18.(2).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1056): ジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 34
2018.3.20.: 南カリフォルニアにあるジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 、北西部の入り口から20kmほど南下したピント盆地 (Pinto Basin) にあるチョ-ヤ・カクタス・ガーデン (Cholla Cactus Garden) の続き。

500m弱のネイチャー・トレイルを辿り、さわれば大変なことになる可愛らしい名前のサボテン、テディ・ベア・チョーヤ (Teddy Bear Cholla) 、学名:(Cylindropuntia bigelovii)を見学。たったの500mだが、じっくり観察しながら写真を撮りながら歩いていると、1時間などすぐにすぎてしまう!

やはり根元を石で囲まれた元気そうな若い世代のサボテン家族は、トレイルの終点近くにあったもの。

blog (4x6@300) Yoko 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7663-3.20.18.(2).jpg

中央左側に大きめの石が並んで見えるのがトレイルの境界線。ほんの少しだが、ネイチャー・トレイルにはこう言う部分もある。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7666-3.20.18.(2).jpg

ネイチャー・トレイルの入り口がある駐車場周辺には、注意を促す立て看板がある:駐車場は、比較的広めに取ってあるが、スーパー・ブルーム (Super Bloom) の年などは、大混雑になる。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7672-3.20.18.(2).jpg

注意書きが大きく出されている:サボテンは危険なので身の安全の為にも自然資源を守る為にも触らないこと、トレイル以外には入らない事、ペットは不可。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7669-3.20.18.(2).jpg

案内パンフレットはトレイルを1周したら、設置の箱に戻すようにと呼びかける立て看板。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7671-3.20.18.(2).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1055): ジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 33
2018.3.20.: 南カリフォルニアにあるジョシュア・トウリー国立公園 (Joshua Tree National Park) 、北西部の入り口から20kmほど南下したピント盆地 (Pinto Basin) にあるチョ-ヤ・カクタス・ガーデン (Cholla Cactus Garden) の続き。

500m弱のネイチャー・トレイルを辿り、さわれば大変なことになる可愛らしい名前のサボテン、テディ・ベア・チョーヤ (Teddy Bear Cholla) 、学名:(Cylindropuntia bigelovii)を見学。

比較的若めのクローン家族とその後ろの背丈が2m近くの年上家族。根元周辺に岩が「置かれて」いるように見える。確認していないので確かでは無いが、サボテンの根元を保護するための対策かも知れない。

blog (4x6@300) Yoko 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7658-3.20.18.(2).jpg

こちらも同じような世代構成だ。手前の若いグループの根元には、落ちた枝がたくさんあり目立つ。右後方の1個体は頭抜けて大きかった。

blog 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7660-3.20.18.(2).jpg

こちらの家族は年長世代が若年世代の3倍近い背丈に育っているが、枝はほとんど落ちてしまっていた。真ん中には多分もう死んでしまっている黒い杭のような姿の個体がある。

blog (6x4@300) Yoko 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7650-3.20.18.(2).jpg

クレオソート・ブッシュ (Creosote Bush) の中は、イガグリ状のチョーヤのコロンとした枝が山盛り。だが、上に伸びている個体は無い。次世代が根を張って伸びるまで、時間がかかりそうだ。

blog (6x4@300) Yoko 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7651-3.20.18.(2).jpg

blog (6x4@300) Yoko 5 Twentynine Palms, Joshua Tree NP, Cholla Gardens_DSC7657-3.20.18.(2).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報