Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(617): Bear Valley, CA (9)
2016.4.14.:引き続き、ウィリアムズの果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley) 。

引き続き、黄色いユリ科の花、ゴールデン・フェアリー・ランターン | ゴールデン・グローブリリー | ショート・リリー (Golden Fairy Lantern | Golden Globelily | Short Llily) 、学名: (Calochortus amabilis) に同じくカリフォルニア固有種のカリフォルニア・インディアン・ピンク (California Indian Pink) 、学名: (Silene laciniata ssp. californica) 。

生息地は標高1,200m程度の高さまで。開花期は3月から6月。
日差しが強くなった山麓で、下の写真のように強烈に目立つ赤い花を咲かせる。

blog 28 Bear Valley, Indian Pink_DSC6522-4.14.16.jpg

赤い花でも「ピンク」と云う名前なのは、ナデシコの英語名が "Pink" だからだそうだ。

blog 28 Bear Valley, Indian Pink 2_DSC6523-4.14.16.jpg

ナデシコ科の属の一つであるマンテマ属 (Silene) の野草で、背丈は30cm前後。

blog 28 Bear Valley, Indian Pink 2_DSC6525-4.14.16.jpg


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(616): Bear Valley, CA (8)
2016.4.14.:引き続き、ウィリアムズの果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley) 。ここで見られるもう一つのカリフォルニア固有種が、今日紹介する黄色いユリ科の花、ゴールデン・フェアリー・ランターン | ゴールデン・グローブリリー | ショート・リリー (Golden Fairy Lantern | Golden Globelily | Short Llily) 、学名: (Calochortus amabilis) だ。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis) 2_DSC6516-4.14.16.jpg

背丈は10〜50cm、花茎が出る前の葉は艶のある細長い葉で20〜50cmになる。花茎の葉は2〜25cmだが、根元の葉とは大分趣が異なる。ペンダント状に下を向いて咲く「妖精のランターン」を守る額は2〜10cm。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6520-4.14.16.jpg

花びらは3枚。花びらには縁飾り状のものが付いており、またえんじ色の模様が上部に付いている。模様の真ん中は突起状に膨らんでいる。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6511-4.14.16.jpg


花びらの色は濃い黄色から明るめの黄色と個体差があるが、中には緑色が強く出ている個体も見られる。
このユリの根は、カシャヤ・ポモ族 (the Kashaya Pomo) の好物で、焼いたり茹でたりして食べたそうで "bo" と呼んでいたと云う。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6514-4.14.16.jpg


カラコルタス属 (Calochortus) の名前は、ギリシャ語の「美しい草」を意味する言葉だそうだ。"amabilis" は「愛らしい」と云う意味があり、ラテン名は「愛らしい、美しい草」となる。

blog 28 Bear Valley, Golden Fairy Lantern (Calochortus amabilis)_DSC6518-4.14.16.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(615): Bear Valley, CA (7)
2016.4.14.:引き続き、ウィリアムズの果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley) 。ペイル・フラワード・ウェスターン・ラークスパー (Pale Flowered Western Larkspur) 、学名: (Delphinium hesperium subsp. pallescens) の渋い色合いの花の後には、カリフォルニアの州花であるカリフォルニア・ポピー (California Poppy)
にほぼそっくりのタフテッド・ポピー (Tufted Poppy) 、学名: (Eschscholzia caespitosa) 。

背丈は30cmほど。カリフォルニア・ポピーと異なり花の根元にディスク状の額(?)が無い。

blog 28 Bear Valley via Williams, California Poppy 2_DSC6498-4.14.16.jpg

日当たりの良い崖の斜面に目一杯体を広げて花を咲かせていた。

blog 28 Bear Valley via Williams, California Poppy_DSC6496-4.14.16.jpg

これは株の2/3ほどの画像だが、花の数は40近い。

blog 28 Bear Valley via Williams, California Poppy_DSC6497-4.14.16.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(614): Bear Valley, CA (6)
2016.4.14.:引き続き、ウィリアムズの果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley) 。フットヒル・ペンステモン (Foothill Penstemon) やコモン・ウーリー・サンフラワー (Common Woolly Sunflower) を見ながら、舗装されていない道をさらに奥に進むと、白い花をつけた背の高いデルフィニアムが出現。

数は多くないが、ペイル・フラワード・ウェスターン・ラークスパー (Pale Flowered Western Larkspur) 、学名: (Delphinium hesperium subsp. pallescens) だ。カリフォルニアの固有種で、沿岸部山系の東側、海抜20〜1,000m地帯に自生する。

blog 28 Bear Valley, Pale Flowered Western Larkspur (Delphinium hesperium subsp. pallescens)_DSC6500-4.14.16.jpg

背丈が1m+にもなるこのラークスパーの葉には深い切り込みが入っている。

blog 28 Bear Valley, Pale Flowered Western Larkspur (Delphinium hesperium subsp. pallescens) 2_DSC6501-4.14.16.jpg

花はピンクから白、緑の模様:渋い。

blog 28 Bear Valley, Pale Flowered Western Larkspur (Delphinium hesperium subsp. pallescens) 2_DSC6503-4.14.16.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(613): Bear Valley, CA (5)
2016.4.14.:引き続き、ウィリアムズの果樹園や季節の水田を抜けて一山超えるとベア・ヴァリー (Bear Valley) 。20号線西で一山超えるのだが、道の両側の土手|崖には、長く伸びた草の中にフットヒル・ペンステモン (Foothill Penstemon) 、学名:(Penstemon heterophyllus) やコモン・ウーリー・サンフラワー (Common Woolly Sunflower) 、学名:(Eriophyllum lanatum) が一緒に太陽の光を浴びている。

同じフットヒル・ペンステモンでも個体によって色にかなりの違いがあると前に書いたが、今回はその違いが分かり易い画像をアップ。

blog 28 Bear Valley via Williams, Foothill Penstemon_DSC6477-4.14.16.jpg

背丈が70cm前後になるものも多いので、花茎に長さ5cmほどの花をたくさんつけた姿は遠くからでも目立つ。

blog 28 Bear Valley via Williams, Foothill Penstemon 2_DSC6479-4.14.16.jpg

皆、崩れそうな崖、斜面の日当たりの良い場所を好むのは良いのだが、冬の降雨量が多かったために彼らの居場所が流れてしまっている場所も多く、これから紹介するカロコルタス属のユリの数は数えるほどしか見られなかった。

blog 28 Bear Valley via Williams, Foothill Penstemon & Common Woolly Sunflower_DSC6481-4.14.16.jpg

blog 28 Bear Valley via Williams, Foothill Penstemon 2_DSC6482-4.14.16.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報