FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月16日 トップ:日露「首脳会談では一切領土問題を議論していない」 & 2)官邸や規制改革会議という密室で決められているトップダウンの「悪」政策

立川談四楼@Dgoutokuji Dec 13

安倍さん、大変だ。ロシア副首相「首脳会談では一切領土問題を議論していない」と言ってて、外相「ロシア領と認めることが議論の前提だ」と言ってるよ。安倍さん、あなたプーチンと23回会ってると自慢たらたらで、山口まで招いて接待してたけど、一体何を話してたの? そこの河野さんも聞いてる?



**アメリカ政治雑感:12/15 - CA時間: 沈みつつある船からはネズミも逃げ出すとか云う言葉があったような。。。中々受け手の無かったホワイト・ハウスの首席補佐官の椅子、金曜日に彼の予算ディレクター、ミック・マルヴェニーが代行として務めるとトランプ大統領が発表した。
 (投票権抑制など選挙不正の話が出ている)サウス・キャロライナ州出身で議会の仕組みをよく理解しているガチガチの保守で元議員のマルヴェニーは大統領との折り合いも良く、ホワイト・ハウスの関係者によると長いこと「プランB」として考慮されていたと云う。詳細は下の記事へ>> Trump Names Mick Mulvaney Acting Chief of Staff 2018.12.14. (NYT)
 逆に、大統領のアメリカの環境構想を大幅に再編してきた鍵となる人物、ビジネス、出張旅行、政策決定などで複数の倫理調査の対象になっている内務省のライアン・ズィンキー長官は、土曜日辞任となった。
 ツウィッターでトランプ氏は「内務省長官ライアン・ズィンキーは、約2年間政権に貢献した後、年度末で政権を去る事になった」と発表した。詳細は下の記事へ>> Ryan Zinke, Face of Trump Environmental Rollbacks, Is Leaving Interior Department 2018.12.15. (NYT)
 「アリゾナからイェーメンへ:アメリカ製爆弾の旅〜この種の爆弾が炸裂すると、それは単に人を殺さない;人を組み立て替える(?"rearrange")」と云う見出しで、NYT紙の11日付の記事は、北部イェーメンで父親を空爆で失った12歳のアブダラー・アベド・アル-アブデリの写真を掲載している。
 真夜中前、ラベーアと云う名前のビジネスマンは、友達を落ち着かせるために電話で話していた。ラベーアは掘削装置を所有していた、彼の友人はイェーメンで戦闘機が油田を爆撃していると云う話をどこかで聞いた。2016年9月10日のことだった、サウディとフーチ反乱軍が戦闘状態になってから1年半が過ぎていた。だが、ラベーアにとっては、戦争は地平線の向こうの見えない所で起きているものだった。気にしていなかった。そんなことは、こんな貧しい所では起き得ない、反抗勢力地域の奥深くにあるアーハブ (? "Arhab") 地区には戦闘機の対象になるような物も無く人物もいなかった。
 それに、空爆のようなことは彼のような人物に降りかかるはずがない。ラベーアは、少し自己満足かも知れないが、有力な家族に生まれた慈善の心を持つ男だ、これまでの人生の大方は恵まれていた、そしてそれが変化する様子も無かった。悪戯っ子のような笑い方に似合わず、彼は神のような男、善良な男だった、貧しい地域で貧しい人々のために水を見つけることは彼の天職になった;支払いができなくなった顧客の借金も許してきた。彼の大きな心は、彼の幸運をしっかり掴んでいると確信していた。「良い、合法な仕事をしている!」と彼は言った。「神への道を進む男に戦闘機が争いをもたらすことはない!」と。
 彼は電話を切った。静かな夜だった。空気は興奮に満ちていた。彼の背後では、人々が祝っていた、実の所、人々は彼を祝っていたのだ。
 アーハブの水は枯れ始めていた。村人の飲むための水も田畑を灌漑する水も十分でなかった。井戸が必要だったが、政府のどの機関もそのような公共事業を請け負う力が無かった;資金の貸付をする銀行も無かった。地区の村人は、ほとんどが5〜10平方メートルの土地を耕すだけで、井戸掘削の資金を出すような立場になかった。。。。詳細は下の記事へ>> From Arizona to Yemen: The Journey of an American Bomb**




 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2018.12.16.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2018年12月16日:

0)番外編:カリフォルニア(1008): Oregon (292) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)

 2016.5.11.:オチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) 周辺で数日を過ごした後、今日はカリフォルニアへ戻る日。
 アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) の宿に一旦チェック・インしてから、いつも通り過ぎていた川の向こう側の針葉樹林で植物チェック:カリフォルニアの山で見られるキンポウゲ科イチリンソウ属ヒメイチゲの仲間、ウェスターン・ウッド・アネモネ (Western Wood Anemone) 、学名: (Anemone lyallii) やウェスターン・トゥリリアム (Western Trillium) 、学名:(Trillium ovatum) が多く自生していた。
 これまで「花弁」と思っていたものが、「花弁」ではなくて「萼片」であると言う?!ウェスターン・ウッド・アネモネの姿にビックリさせられたが、めげずに観察を続ける。



1)夕ご飯(97):今季初のシャンテレルを使って、赤米キノコご飯、フェンネルとニンジンの温サラダ、ブロッコリー、スプリット・ピー

 2018.10.30.: 知り合いが自分の敷地で採れた今季初の大きなシャンテレル (あんず茸)を持ってきてくれた。スーパーで買うと、現在の値段では、450gで¥2、500ほどする。1ポンドも買うと山のような量になるが、普通に使うのであれば、1ダースもあれば十分だ。
 知り合いが採ってきたシャンテレルは大振りで、普通サイズの5−6個分はある。少し入り組んだ構造になっていたため、中心部分が思ったより早く傷み始めたため、皆が揃うのを待たずに料理することにした。
 一緒に使う香味野菜は、ネギ、フェンネルの葉の部分、シャロット。
 シャンテレルの傷んだ部分を切り取り、解体し始めた所。



2)思考の種(665):外資の餌食 日本の台所が危ない シリーズ (日刊ゲンダイ)〜「種を支配する者は世界を制する」 各省庁は官邸の意向に沿うように仕事し、お友だち優遇に米国優先。世界の流れに逆行しても、官邸が決めたことは何でもまかり通る――。

政府による、農家・自治体“イジメ”:

官邸や規制改革会議という密室で

決められているトップダウンの「悪」政策


元農水大臣で弁護士の山田正彦氏:育成者権の侵害は重い刑罰が科せられている上に、共謀罪にも問われます種の交換会に参加した人はもちろん、会の準備に加わった人も罰則の対象です。それなのに、政府は省令で、自家採取できない例外品種を増やしている。もしかすると、農水省は来年の国会で『自家採取の原則禁止』を定めた法案を出してくるのではないか。政府が自家採取できない種を勝手に決めるのは、在来種を守ってきた農家に対する権利侵害ですよ」





C)今日の新規アップ記事:2018年12月15日:

0)番外編:カリフォルニア(1007): Oregon (291) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)

 2016.5.11.:オチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) 周辺で数日を過ごした後、今日はカリフォルニアへ戻る日。
 アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) の宿に一旦チェック・インしてから、いつも通り過ぎていた川の向こう側の針葉樹林で植物チェック:カリフォルニアの山で見られるキンポウゲ科イチリンソウ属ヒメイチゲの仲間、ウェスターン・ウッド・アネモネ (Western Wood Anemone) 、学名: (Anemone lyallii) やウェスターン・トゥリリアム (Western Trillium) 、学名:(Trillium ovatum) が多く自生していた。
 ウェスターン・ウッド・アネモネは、多年草でしべは35本以内とある。が、数えたことが無いので確定的な事は言えない。丈は10〜15cm前後が多い。そしてこれまで「花弁」と思っていたものが、「花弁」ではなくて「萼片」であると言う?!ビックリ。



1)Rodeo:ロデオ (749):2017年シーズン開幕 (69) 〜 > カリフォルニアのブル・ライディング (Bull RIding)

 2017.6.10.:6月のロデオ大会 (Rodeo) からハイライト部分を紹介。
 母親泣かせの「世界で最も危険なスポーツ」と言われるブル・ライディング (Bull RIding) :1トンから2トン近い大きなブルを相手に比較的小柄な若者たちが8秒間の戦いに挑む。
 14番目のブル・ライダー (Bull Rider)、は同じくカリフォルニア州出身のエミリアーノ:彼の引き当てたブルの勢いは半端でなかった!
 仲間が声援を送る中、ブルが回転する際の遠心力でエミリアーノの重心が動いてしまった。



2)近藤大介: ファーウェイ事件、中国の猛反撃は「この日」に行われる可能性 これは米中「技術覇権戦争」の開戦だ 2018.12.11. (現代ビジネス)

技術覇権をめぐる戦い:

<21世紀前半の世に、アメリカと中国との「新冷戦」が全面的に展開されるかどうかという瀬戸際>

「三流企業は製品を作り、二流企業は

ブランドを広め、

一流企業は標準を握る


**アメリカ政治雑感:12/14 - CA時間: 昨日はガテマラからアメリカの国境を目指して歩いてきた7歳の女の子が熱中症と思われる症状で死亡した。アメリカ当局に拘束されて以来、何時間も飲料水も無い状況に置かれたと云う話だった。渦中の米大統領は、メキシコが国境の壁の建設費を払うと言っていたが、未だに「彼の」壁は建設されず、もし議会が予算をつけなければ、政府をシャットダウンすると脅しに出ている。その責任は自分が取る、と民主党の上院、下院のリーダーに宣言した。
 これまで模範的司法取引の証人と見られていた大統領の初代国家安全保障顧問のマイケル・T・フリン将軍が、来週水曜日の判決言い渡しを控えて、ロシアの選挙介入とトランプ関係者との関係についてFBIエージェントに嘘をつくように仕掛けられたと示唆したことを、金曜日、特別捜査官事務所は否定したとNYT紙が報じている。
 大統領就任式前後の数週間フリンは、大統領政権移行時に当時アメリカ駐在のロシア大使セルゲイ・I・キスリアックと彼の交流の事実を隠すために奔走していた:検察官たちはその時期、副大統領マイク・ペンス、ホワイト・ハウス上級補佐官たち、連邦政府捜査官、およびメディアに対してフリンがついた嘘のパターンを明らかにした。
 フリン氏も彼の弁護士たちも、なぜ彼が虚偽の証言をしたのかについては説明をしていない。量刑の緩和を求める今週の覚書で、FBIエージェントによる聞き取り調査の間に見られたフリン氏のリラックスした様子は、彼が嘘をつかなかったことの証拠になり得ると云う根拠のない話に真実味を帯びさせるインタビューの詳細を明かした、そして事前に嘘をつくことは違法であると知らせなかったとFBIを責めた。検察官はその議論を否定した。
 「現職の国家安全保障顧問であり、元諜報機関の長、退役中将で軍役33年のヴェテランは連邦政府エージェントに嘘をつくべきでないと分かっている」と検察官は裁判所へ提出された書状に認めた。「連邦政府エージェントに対して真実を語ることの重要性を認識するために、虚偽の証言をすることは犯罪であると警告される必要は彼には無い」
 フリン氏の検察官に対する非難は、木曜日にこの機会を逃さずツウィッターとフォックス・ニューズでフリン氏を弁護士したトランプ氏に向けられているようだ。トランプ氏はTVインタヴューで 「彼が嘘をついたと納得させ、何らかの取引をしたのだ」と発言していた。(注:裁判官の問題もあるので、これは来週まで様子見ですね。)詳細は下の記事へ>> Mueller Rejects Flynn’s Attempt to Portray Himself as Victim of the F.B.I. 2018.12.14. (NYT)
 フェイスブックのメンバーの個人情報の取り扱いについて色々と話題になっているが、10日付のNYT紙が「あなたのアプリケーションは昨夜あなたが何処にいたかを知っている、そしてそれを秘密にしておかない」との見出しで関連記事を掲載している。何十社もがスマートフォンの位置情報を広告主やヘッジ・ファンド企業を支援するために活用している。彼らは匿名情報だと云うが、データはそれが如何に個人的であるかを明らかにしている
 地図上の何百万というドットが高速道路や路地、自転車道をなぞっている、一つ一つが匿名の携帯電話利用者の軌跡だ。
 軌跡の一つは、ニューアーク郊外の家から近くの家族計画センター (Planned Parethood) へ行き、そこに1時間以上止まったことを辿っている。もう一つの軌跡は、日中にニュー・ヨーク市長と共に移動し、夜にはロング・アイランドへ戻ることを辿っている。。。。
 。。。少なくとも75社は、ユーザーが地元ニュースや天気、他の情報を得られるようにする位置情報アプリケーション・サーヴィスから匿名の正確な位置情報を受信していることが分かった。これらの内何社かは、アメリカの2億ほどの携帯機器を追跡していると言う、それは昨年使用されていた機器のおよそ半分だ。NYTが調べたデータベース(2017年に収集され1社によって保管されているサンプル情報)は、人々の移動を驚くほど詳細に、そして2−3m違うだけの正確さで明らかにし、そして何件かでは1日に14,000回以上もアップデートされていた。
 これらの会社が収集する情報は、消費者動向を理解しようとしている広告主、小売店やヘッジ・ファンド企業に見合うように利用|分析され、売られる。これは勢いのある市場で、位置情報をターゲットにした広告販売の今年の売り上げは2,382,156,000,000円に達すると予想されている。IBMもウェザー・チャンネルのアプリケーションを購入することで、この分野に参戦した。SSNのフォースクエアは位置情報マーケティング企業として再編成した。位置情報スタート-アップへの著名な投資家の中にはゴールドマン・サックスやペイパルの共同創始者ピーター・ティールがいる。(と続く〜匿名だと言われているが、個人情報は高値で取引される「商品」になっている。)詳細は下の記事へ>> Your Apps Know Where You Were Last Night, and They’re Not Keeping It Secret 2018.12.10. (NYT)**




[地震に注意!サマータイム導入反対!〜今日の新規アップ記事(366):2018年12月16日 トップ:日露「首脳会談では一切領土問題を議論していない」 & 2)官邸や規制改革会議という密室で決められているトップダウンの「悪」政策]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(100)
2017.3.23.:ネヴァダ側のビーティ (Beatty, NV) からデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) へ再度:海抜-86m地点がある長さが12km、幅が8kmあるバッドウォーター・ベイスン (Badwater Basin) へ。

デス・ヴァレーの一番低い場所から更に北へ進む:今年のデス・ヴァレーで唯一花畑となっていたヴァージニア・リヴァー・ブリトルブッシュ (Virgin River Brittlebush) 、学名: (Encelia virginensis) が満開だった谷間の後は下のような景色が続く。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Hills, CA_DSC7972-3.23.17.jpg

満開の野草も無く、こんな時は大地の起伏が織りなす曲線を楽しみながら進む。地球の表面にある山とか谷は、ヒトに例えれば顔にできる皺のようなもの。生き方によっては皺も大きな魅力の一つだ。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks & Hills, CA_DSC7976-3.23.17.jpg

時折顔を出す赤い大地:溶岩の塊がゴツゴツとその一部を覆っている。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks & Hills, CA_DSC7977-3.23.17.jpg

すぐ側には道路:路肩は砂地。舗装されていない。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks & Hills, CA_DSC7979-3.23.17.jpg

今日もほとんど雲が無い空。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Hills, CA_DSC7980-3.23.17.jpg

標高約1,000mの峠、セルズベリー・パス (Salsbury Pass)

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Salsbury Pass (3,315ft), CA_DSC7983-3.23.17.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

アメリカ政治 関連ニュース (31):11/17-25 ニュースまとめ:11/18 <「このページには事実であるものは何も無い」:ネット上のアメリカで、どのように嘘が真実となったか>

**アメリカ政治雑感:11/25 - CA時間: この1週間ほど、トランプ大統領の女性問題の側面から攻撃を仕掛けていた弁護士のマイケル・アヴァナーティが、(身に覚えの無い)女性に対する暴力問題で攻撃を受ける側になってニュースを少し賑わしていた。特別捜査官モラー氏に対する女性問題を利用した攻撃を「カネ」ででっちあげようとしていた輩がいたりするので、そんなものだろうと見ていたが、木曜日のCNNがロス・アンゼルス郡の検事は家庭内暴力の重罪で起訴することは避け、LA市検察に回し微罪に処する考えと報じている。
 LAでは重罪は郡の検察が取り仕切り、微罪は市の検察が仕切っている。詳細は下の記事へ>> LA County prosecutors decline to file felony charges against Michael Avenatti, refer case for misdemeanor consideration 2018.11.22. (CNN)
 要人が立て続けに辞職したり難航しているブレグズィットだが、イギリスのワインの小売商がEU脱退交渉終了前に11億円規模のワインを大量に備蓄、と22日のCNNが報じている。
 "Majestic Wine"はワインの供給に支障が出ないように7億4千万から11億円規模のワインをスペイン、フランス、イタリアを含むEU諸国から来年初頭に購入予定と発表した。詳細は下の記事へ>> UK wine retailer to stockpile up to $10 million in extra bottles ahead of Brexit 2018.11.22. (CNN)
 2週間以上に及ぶ火炎地獄のようなキャムプ・ファイアの山火事は、やっと終わりが見えて来たとCNNが報じている:北カリフォルニアのこの火事では84名の死亡が確認されており、これまで消息不明者数は1,000人以上と言われていたが、約475人までその数は減った。
 11月8日に始まったカリフォルニア史上最悪の山火事は、雨の助けもあり、現在95%まで鎮火され、消防士たちはホット・スポットの消火に当たっているとカル・ファイア ("Cal Fire" 州の森林&防火局) が土曜日の朝発表した。詳細は下の記事へ>> 475 people still unaccounted for as Camp Fire is nearly contained 2018.11.24. (CNN)
 未だやりたい放題のトランプ大統領だが、昨日付のCNNは、「狂乱の(?)感謝祭にトランプは新たな一線を超えた」と云う見出しで現況を報じている:ドナルド・トランプは政治家としてのキャリアを壁を造ると云う概念で築いたかも知れないが、思うままに行動する大統領の自由を抑制する組織的および行動的障壁(バリア)は全て拒否している。
 最近ではトランプはアメリカ生活の中で彼の利益のために政治化しない領域はほぼ無いことを明らかにした、そして繰り返しこれまで大統領の許容範囲とみなされていたものに対し対抗し続けている。
 最新の事例では、軍隊への感謝祭の電話メッセージを、移民と貿易に対する欲求不満をぶちまけ自身の成功を自慢するために利用し、これまで無党派であった儀式に大げさな政治色を持ち込んだ。
 感謝祭の休暇前には、連邦最高裁判所の首席判事のジョン・ロバーツやメディアと衝突し、彼の大統領としての目だった特徴であるアメリカの制度への信頼を弱める傾向を示した。
 大統領の最近の言動は、国家の首長の規範に準じる努力を全くしない自制のない人格の現われでしかない。
 トランプは感謝祭の挨拶を受ける対象となる軍隊を "Make America Great Again" 集会の群衆を選ぶのと同じノリで選び、彼の強硬な移民政策を挫折させる裁判所に対し無闇な攻撃を仕掛ける。詳細は下の記事へ>> Trump crosses new lines in frenetic Thanksgiving 2018.11.23. (CNN)**





[アメリカ政治 関連ニュース (31):11/17-25 ニュースまとめ:11/18 <「このページには事実であるものは何も無い」:ネット上のアメリカで、どのように嘘が真実となったか> ]の続きを読む

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(99)
2017.3.23.:ネヴァダ側のビーティ (Beatty, NV) からデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) へ再度:海抜-86m地点がある長さが12km、幅が8kmあるバッドウォーター・ベイスン (Badwater Basin) へ。

デス・ヴァレーの一番低い場所から更に北へ進む:今年のデス・ヴァレーで唯一花畑となっていたヴァージニア・リヴァー・ブリトルブッシュ (Virgin River Brittlebush) 、学名: (Encelia virginensis) が満開だった場所から離れて進むが、景色はあまり変わらない:赤みの入った岩肌に点在する緑の植物が目立つ。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks, CA_DSC7965-3.23.17.jpg

1時間程度走ってもほぼ同じような景色が続く。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks, CA_DSC7967-3.23.17.jpg

道路の際に近い所にあった小山: 植物が生えていた表層が崩れたようで内側の鮮明な赤みが目立っていた。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks, CA_DSC7968-3.23.17.jpg

東アフリカにも人類発祥の地と言われてきた大きな地溝帯、グレイト・リフト・ヴァレー (Great Rift Valley) がある。このデス・ヴァレーもグラーベン|地溝帯だ。10,000〜12,000年前に終わった更新[洪積]世 (the Pleistocene era) の中期にレイク・マンリー (Lake Manly) と呼ばれている湖がデス・ヴァレーにできた。長さが160km、深さは180m、一連の湖は北部のモノ・レイク (Mono Lake) からいくつかの盆地を経てオーウェンズ・ヴァレー (the Owens Valley) 、サールズ・レイク (Searles) 、チャイナ・レイク (China Lake) と連なった。

この地域が砂漠化するにつれ、水は蒸発し通常のナトリウム塩からボラックス (ホウ砂) を残していった。デス・ヴァレーでのホウ砂発掘は大きなビジネスとなり1883〜1907年を中心に栄えた。今でも機械類などその痕跡が残っている。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks, CA_DSC7969-3.23.17.jpg

ここではまだ花が見えなかったが、丸く盛り上がっている植物にはヴァージニア・リヴァー・ブリトルブッシュが多いようだった。

blog 14 Beaty, NV to Death Valley, CA~374W-190E, Corkscrew Peak to Badwater Basin, Volcanic Rocks, CA_DSC7970-3.23.17.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

山本太郎と久米宏が反骨タッグ! 安倍政権とカジノ、杉田水脈を徹底批判し、原発タブーや創価学会に言及 2018.8.5. (Lite-ra)
山本太郎と久米宏が反骨タッグ! 安倍政権とカジノ、杉田水脈を徹底批判し、原発タブーや創価学会に言及 2018.8.5. (Lite-ra)


マスコミ・芸能界にある原発タブー東電タブー

「一番のヤクザは国家」

「本当は、東電はあそこで悔い改めて、そんなことは全部なしにして、是とする意見は是とするべきだっていうふうに、生まれ変わるべきなのに、それがないんですね、この国は

「山本さんが俳優さんだったのに原発は危険だったんだ、いままでの東電のキャンペーンは嘘だったんだ』って言うのは、普通は言えなかったことだった」

経済政策の目玉がカジノなんだっていう時点で、もう終わってますよね。どんな衰退国家ですかっていう?」

 昨日、本サイトでも記事にしたように、フリーアナウンサーの久米宏が4日のTBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』で安倍政権による東京五輪ゴリ押し開催を痛烈に批判したが、この放送回では五輪の話題とは別に、あの山本太郎参院議員がゲストとして登場。久米と一緒に、かなり踏み込んだトークを展開した。

 そもそも山本といえば、本サイトでも取り上げてきたように、国会では他の野党議員が恐れて訊こうとしない鋭い質問を連発して話題になっているが、一方でマスコミからはほとんど無視されている。たまにテレビやラジオに出演しても、マイナーな番組であることが多い。

 しかし、今回はラジオとはいえ、久米宏という大物司会者の人気番組に登場した。いったいどういう話を繰り広げるのか、注目していたわけだが、山本と久米は冒頭からフルスロットル。いきなり、原発東京電力タブーに切り込んだ。まず、久米から政治家になった理由について訊かれた山本が、原発事故によって「国」についての見方が一変したことをこう語った。

「東電原発事故っていうのが自分の生き方が変わるきっかけになったことかもしれないですね。そのあと、国がどう対処するのかということに対して、あ、国は人々の命を守る気がないんだなって事柄にどんどん出会っていくわけですね。たとえば追加で被曝する限度みたいなものが、年間1ミリシーベルト以下に抑えるという話が、こどもたちも20ミリまでOKって話になったと。この数字はなんだったのかと調べてみたら、放射線管理区域の年間相当のかける4倍、これが20ミリだということに気づいて。あっ、なるほど、国とは形だけのものであって、たとえば目先のカネだったりとか企業との繋がりのほうを大事にするんだなってたことで、自分のなかで生き方が変わったというか。いままでの自分がメルトダウンしていくというか、メルトスルーしていくという状況なんですかね」


[山本太郎と久米宏が反骨タッグ! 安倍政権とカジノ、杉田水脈を徹底批判し、原発タブーや創価学会に言及 2018.8.5. (Lite-ra)]の続きを読む

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術