FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(1042): Oregon (323) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)からカリフォルニアへ
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

再度、森の妖精、多年草のカリプソ・オーキッド (Calypso Orchid) 、学名:(Calypso bulbosa) を見るために戻る:

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Calypso Orchid, S. OR_DSC3298-5.12.16.(1).jpg

この森のカリプソは全体的に「青白い」が立ち姿は相変わらず素敵な妖精だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Calypso Orchid, S. OR_DSC3299-5.12.16.(1).jpg

今年の春はどんなカリプソに会えるのか、皆、無事に花をたくさん咲かすことができるだろうか?!

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Calypso Orchid, S. OR_DSC3300-5.12.16.(1).jpg


スポンサーサイト



テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1041): Oregon (322) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)からカリフォルニアへ
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

森の中の少し薄暗く湿った場所が好きな、輝きのある白い花びらを持つウェスターン・トゥリリアム (Western Trillium) 、学名:(Trillium ovatum) や森の妖精、多年草のカリプソ・オーキッド (Calypso Orchid) 、学名:(Calypso bulbosa) の近くには、やはり名前の如く、湿り気が好きなもうおなじみのストリーム・ヴァイオレット (Stream Violet) 、学名:(Viola glabella) もいた。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Stream Violet, S. OR_DSC3291-5.12.16.(1).jpg

背丈も5cm弱から30cm前後までと環境によってばらつきがあるが、小さな黄色の花にハート型の大きめの葉が目立つ野草だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Stream Violet, S. OR 2_DSC3292-5.12.16.(1).jpg



テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1040): Oregon (321) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)からカリフォルニアへ
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

輝きのある白い花びらを持つウェスターン・トゥリリアム (Western Trillium) 、学名:(Trillium ovatum) 、森の中の少し薄暗く湿った場所が好きだ。そんな場所が好きなのは下の森の妖精も同じ。カリプソ・オーキッド (Calypso Orchid) 、学名:(Calypso bulbosa) 、普通「カリプソ」と呼んでいる野生のランの一種だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Calypso Orchid, S. OR_DSC3296-5.12.16.(1).jpg

人に踏まれていない森の床がカリプソでピンクになっていたのはカナダの山だった。カリフォルニアでもサン・フランシスコの北の山で1っ箇所だけそれに近くなる場所がある。カリフォルニアで見るカリプソは99%ピンクの花で、時折、白い花が見られる程度。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Calypso Orchid, S. OR_DSC3294-5.12.16.(1).jpg

背丈は10〜15cm。この森のカリプソの葉の色は、黄味がかっていた。北極周辺の世界各地に自生するが、いじられるとダメになってしまうので、アメリカのいくつかの州とスウェーデンやフィンランドでは絶滅が危惧されている。(日本にもあるはずなのだが、盗掘に遭いほぼ絶滅状態と思われる。まだ1本も日本では見ていない。)

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Calypso Orchid, S. OR_DSC3297-5.12.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1039): Oregon (320) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)からカリフォルニアへ
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

森の縁の日当たりの良い斜面が好きなヒイラギ状の葉を持つホーリィ・リーヴド・カリフォルニア・マウンテン・ライラック (Holly Leaved California Mountain Lilac) 、 セアノーサス・ミルズ・グローリー (Ceanothus Mills Glory) 、学名:(Ceanothus purpureus) の先には、1本も残さず切り倒された針葉樹の山。さらに森の奥へ入って見ると、輝きのある白い花びらを持つウェスターン・トゥリリアム (Western Trillium) 、学名:(Trillium ovatum) が満開の顔を見せていた。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Western Trillium, S. OR_DSC3288-5.12.16.(1).jpg

日本のエンレイソウの学名は (Trillium smallii) で、姿はほぼ同じだが完全に同じものではない。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Western Trillium, S. OR_DSC3290-5.12.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1038): Oregon (319) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)からカリフォルニアへ
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

枝や幹の色が特徴的なツツジ科のマンザニータ (Manzanita) の壷状の花の近くには、同じ環境が好きなヒイラギ状の葉を持つホーリィ・リーヴド・カリフォルニア・マウンテン・ライラック (Holly Leaved California Mountain Lilac) 、 セアノーサス・ミルズ・グローリー (Ceanothus Mills Glory) 、学名:(Ceanothus purpureus) があり、

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oceanocea?, S. OR_DSC3279-5.12.16.(1).jpg

その先へ進んで行くと、何だか森が突然拓けた!

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Felled Trees, S. OR_DSC3282-5.12.16.(1).jpg

間伐しているようでも無い。1本残らず切り倒されている細めの針葉樹。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Felled Trees, S. OR_DSC3284-5.12.16.(1).jpg

人の姿は見えない。が、こんなに細い樹を何に使うのだろうか?

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Felled Trees, S. OR_DSC3285-5.12.16.(1).jpg

それともここを切り拓いて、何かを建てる?!

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Felled Trees, S. OR_DSC3287-5.12.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報