FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(1034): Oregon (315) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

ミュールの耳| ミュールズ・イアーズ (Mule’s Ears) 、学名: (Wyethia angustifolia) の近くには、前出のクロウメモドキ科の灌木、カリフォルニアに自生するヒイラギ状の葉を持つホーリィ・リーヴド・カリフォルニア・マウンテン・ライラック (Holly Leaved California Mountain Lilac) 、 セアノーサス・ミルズ・グローリー (Ceanothus Mills Glory) 、学名:(Ceanothus purpureus) と思われる紫色の花がある。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oceanocea?, S. OR_DSC3266-5.12.16.(1).jpg

前出の花は白だったが、白のマウンテン・ライラックはあまり見ない。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oceanocea?, S. OR 2_DSC3267-5.12.16.(1).jpg

この灌木も太陽の光が必要で、不足するとヒョロヒョロとした姿になり、黒いカビが葉に発生したりして、花も十分に咲かせることができない。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oceanocea?, S. OR_DSC3268-5.12.16.(1).jpg



スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1033): Oregon (314) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

と、目立つ黄色の花が日当たりの良い斜面に満開。ミュールの耳| ミュールズ・イアーズ (Mule’s Ears) 、学名: (Wyethia angustifolia) と思われる。ワシントン、オレゴン、カリフォルニアに自生する多年草だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Mule Ears, S. OR_DSC3260-5.12.16.(1).jpg

背丈は30〜90cm。花の直径は7〜8cm前後あり、太陽の光が燦々と降り注ぐ場所が好きなキク科の野草だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Mule Ears, S. OR_DSC3264-5.12.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1032): Oregon (314) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。

小川から離れた針葉樹の林の土手でクロウメモドキ科の灌木、カリフォルニアに自生するヒイラギ状の葉を持つホーリィ・リーヴド・カリフォルニア・マウンテン・ライラック (Holly Leaved California Mountain Lilac) 、 セアノーサス・ミルズ・グローリー (Ceanothus Mills Glory) 、学名:(Ceanothus purpureus) に似た灌木を発見。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oceanoas?, S. OR 2_DSC3256-5.12.16.(1).jpg

灌木と言うよりグランド・カヴァーのように低く這いながら伸びている。松葉の太さから推測できるように、白い花は極々小さい。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oceanoas, S. OR_DSC3257-5.12.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1031): Oregon (313) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動。

ちょっと乾燥気味の森の縁や岩の近くで見かけることの多いオレゴン・グレープ (Oregon Grape) 、学名:(Mahonia aquifolium) の黄色い花が目に飛び込んできた。ヒイラギメギと日本では呼ばれているが、北米西部に自生する灌木だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oregon Grape, S. OR 2_DSC3254-5.12.16.(1).jpg

乾燥に強く痩せた土地でも育つオレゴン背丈は1〜2m、ヒイラギのような形状の葉を持つ。開花期は早春、夏にはブルーベリーのような濃い色の実をつける。木の実は食べられるが、渋いのでそのままでは多くを食べらる事はできない。先住民の間では、サラール (Salal) 、学名:(Gaultheria shallon) などの甘みのある実と組み合わせて食されることが多かったらしい。

日本語で「レモンリーフ」と呼ばれるサラールの花の様子は>> 番外編:カリフォルニア(668): Mendocino Coast Botanical Gardens, Fort Bragg (14)

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Oregon Grape, S. OR_DSC3255-5.12.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(1030): Oregon (312) クラマス・フォールズ (Klamath Falls)
2016.5.12.:アッパー・クラマス・レイク (the Upper Klamath Lake) の南端、標高約1250m地帯にある1867年に創立されたクラマス・フォールズ (Klamath Falls, OR) で一泊後の翌日、97号線南でカリフォルニアへ向かう。

成層火山のマウント・マックラフリン (Mt. McLoughlin) が見えるレイク・クラマス (Lake Klamath) 近辺で140号線に入り道草を食う事に:ドーク・マウンテン (Doak Mountain) の麓で澄んだ水の流れる小川に遭遇。近辺の野草をチェックしながら移動する間に、牧草地で見た小さなピンクの花の群生の正体が判明<ショート・スパード・プレクトゥリティス (Short-spurred Plectritis) 、学名: (Plectritis congesta) >したのだが、今度はマメ科の野草アメリカン・ヴェッチ (American Vetch) 、学名: (Vicia americana) らしき姿が出現。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Pea, S. OR_DSC3251-5.12.16.(1).jpg

100%の確信は無いが、フロリダ周辺の州を除いてはほぼ全土に見られる野草なので、恐らくそうであろうと。。。各種森林の床で一般的に見られる野草だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Pea, S. OR_DSC3252-5.12.16.(1).jpg

赤みのある紫色が目を引く花だ。

blog 60 Klamath Basin, Klamath Falls, Upper Klamath Lake, Wocus Bay, Doak Mountain, Fremont-Winema NF, Pea, S. OR 2_DSC3253-5.12.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報