Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
TV ドキュメンタリー:「4400人が暮らした町 ~吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園~」 2017.8.6. (日)
「4400人が暮らした町 ~吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園~」


広島市の平和公園は、かつて4400人が

暮らし多くの民家がひしめき合う

中島地区と呼ばれた町だった。

昨夜遅く、NNNの「ドキュメント’17」で広島テレビ制作の 「4400人が暮らした町 ~吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園~」 を放映していた。

 番組案内には次のように書かれてある:

広島市の平和公園は、かつて4400人が暮らし多くの民家がひしめき合う中島地区と呼ばれた町だった。ここにあった旅館をルーツに持つ被爆2世の吉川晃司さんが、失われた町の記憶を求め平和公園のいまと過去をたどる。当時の住民が語る町の姿とは?発掘調査で露わになった黒い地層、出土した生活遺品は我々に何を訴えるのか?そこから見えてくる原爆の破壊とは?原爆で一瞬にして町と人々の声が失われた事実を今、改めて訴える。



 アーサー・ビナードさんが、「ぴか」と「ぴかどん」を使う人々の違いについて言及:強烈な気づきだった。核爆弾を「ぴか」と呼び人々には、「どん」の音を聞く時間が無かったのだ。太陽が炸裂したような光と熱の中で、その光以外の記憶は無い人々。「ぴかどん」と呼ぶ人たちは爆心地からある程度離れた距離におり、「ぴか」の後、気絶せず、「どん」の音を聞けた人々だと云うのだ。

 来週の13日(日)には、弾除け神社奉納写真 2万枚の思い~」が24:55から放映される。山口放送制作だ。

番組案内>>

「戦時中、弾除け神社と呼ばれた神社が山口県にありました。
「戦地に行った肉親に弾が当たらないように」家族は本人に内緒で写真を奉納していました。
お国のためと万歳三唱で送り出された出征兵士達。
その陰でひそかに奉納された写真に託された想いとは。
全国各地から奉納された写真は約2万枚。
神社は写真を返す努力を続けていますが、いまなお1万数千枚が残ります。
想いを知るために、私たちも写真の家族を探しました。」(山口放送制作)



お時間のある方はぜひご覧ください。




スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 主婦の仕事を数値化|給料換算したら?!(ポストセブン 2014.6.29.)
日本にいる間に、見るとはなしに見ることになったこのドラマ、意外と世相を反映していて面白かったのだが、途中までしか見られず、結末は???

だが、この記事に依ると、TBSがオンデマンドで配信開始との事。次回、日本に行く時まであるかどうか分からないが、半分期待。講談社刊の原作、海野つなみ著の「逃げるは恥だが役に立つ」を見る手も残されている!

「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 オンデマンドで配信開始!

このドラマが興味深かったのは、今の若者の人との距離の取り方だけでなく、「主婦」の仕事をゼロ生産性のものと見ずに、れっきとした賃金換算可能な生産性のある仕事として見るところにもあった。

特に、次世代を担う「未来」、子供たちを慈しみ育てる仕事は、最大の生産性を伴うものだろうと思う。今の日本社会には、政権の言葉とは裏腹に、この一番大切な「仕事」を見下し、おろそかにする傾向が強い。これは取り返しのつかない最大の損失となる。

主婦の役割を「仕事」として見直す動きは、これまで何度もあった。(最近見つけた記事は➡️➡️➡️>> 主婦の家事 単純労働と高度労働考慮したら年収1200万円換算 2014.6.29. (ポスト・セブン)

(最新関連記事は➡️➡️➡️一億総活躍」って本当に女性のため?>> “逃げ恥”原作者・海野つなみと本谷有希子が『あさイチ』で安倍政権の「1億総活躍」を批判!「お国の役に立てみたいな感じ」2016.12.26. (LITERA)


「200万円なんてとんでもない。

家事労働をお金に換算すると

とんでもない額になります」


"salary.com" の試算では、専業主婦

年収は11万8905ドル(約1200万円)

主婦って気楽でいいよな」などと旦那は言うけれど、朝から晩まで土日もなく働いているのに給料はゼロ。これは決して楽なことではない。それなのに安倍首相は外国人家事労働者を増やすという。家事労働者」にお給料が払われるんなら、主婦にもちゃんと払っていただきましょう! 試算してみたら、旦那もビックリの結果に。



[「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 主婦の仕事を数値化|給料換算したら?!(ポストセブン 2014.6.29.)]の続きを読む

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

シェフ・アンソニー・ボーデインの CNNオリジナル・シリーズ: “Anthony Bourdain/Parts Unknown" 毎日曜日21:00
シェフ・アンソニー・ボーデインの CNNオリジナル・シリーズ: “Anthony Bourdain/Parts Unknown" 毎日曜日21:00

4月14日から始まったマッチョなレストラン業界でも特に歯に衣を着せぬコメントで知られるシェフ・アンソニー・ボーデイン(Chef Anthony Bourdain)の世界食文化訪問番組。

第一話はミャンマー、第二話ロサンゼルス、第三話コロンビア、第四話カナダ、第五話モロッコ(タンジエール)、第六話リビア、第七回−6月2日はペルー、第八回−6月9日はコンゴ。この日曜日(26日)はこれまで放映した番組を続けてすべて放映している。

ボーデインの書く本も面白いが,この番組はそんな本の一冊を見ているような感じだ。文化的、歴史的側面もしっかり入っているので興味深い。ロサンゼルス編では70年代から大挙してアメリカに移民した韓国系アメリカ人の家族に焦点を合わせている。90年代に起きたロドニー・キング殴打事件に端を発した暴動では50人近くが命を落としたが、韓国系移民はこの暴動の起きた黒人街に入っていた。

下の動画は先週19日に放映されたリビヤの遺跡で遭遇したボーイスカウトとの場面:リビヤ篇では破壊された町の一画で地元の若者の話を聞いている時に、この地域を「管理」する一団がボーデイン一行を取り囲み緊張する場面もあった。




Bourdain's amazing meal in an ice shack:カナダ



食の話ばかりでなく、文化、歴史的背景満載で興味深い。お薦めシリーズです。


テーマ:ドキュドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

"Downton Abbey" BBC制作 アメリカPBS放映 シーズン3 1月6日開始
"Downton Abbey" BBC制作 アメリカPBS放映 シーズン3 1月6日開始


「ダウントン・アビー」シリーズ3予告:

Watch Downton Abbey Season 3 Preview on PBS. See more from Masterpiece.




1月6日に放映されたシーズン3、第1話が観られます:
3月3日まで:Downton Abbey, Season 3: Episode 1>>

社会主義、ロシア革命、第一次世界大戦の終わりまでが今までのシリーズの舞台。イギリスの貴族とその奉公人の生活が克明に描かれたこの物語、人物もファッションも見応えがあり、時代背景も豊かで、さすがBBCドラマと思わせます。
旧大陸で凋落の一途を辿っていたイギリスの貴族に、新大陸からの資金が流れ込み、貴族の生活を支え始めたのもこの時期。
ダウントン・アビーの主人公、クロウリー家の女主人も新大陸アメリカから嫁いでおり、貴族の生活を支えている。3人の娘たちのそれぞれに異なる休息に変化する時代への対応もドラマチックで楽しめます。

制作は "Gosford Park" の脚本を書いたジュリアン・フェローズ/Julian Fellowes.

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

村上もどか原作、TBS 連続 TVドラマ「Jin ~仁」
TBS の今シーズンのドラマ、「JIn ~仁」も間もなく最終回。
久しぶりに真面目に楽しんでいる。

スーパーマンの物語では、恋人が死んだ時に、過去の出来事を掟に反して変えてしまう。
「仁」では、この問題に関する自問が続く。

歴史家にとって、過去にタイム・スリップし、残されている記憶を「眺められる」と云う状況は願っても無い事だろうと思うけれど、自制力が効かない状況でタイム・スリッップしてしまうのは困る。
大沢たかおさんの困っている表情は魅力的だけれど。。。

今週はとに角最終回待ち状態です。

日本のアニメや漫画の質は,本当に高い!

テーマ:JIN-仁- - ジャンル:テレビ・ラジオ