Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 主婦の仕事を数値化|給料換算したら?!(ポストセブン 2014.6.29.)
日本にいる間に、見るとはなしに見ることになったこのドラマ、意外と世相を反映していて面白かったのだが、途中までしか見られず、結末は???

だが、この記事に依ると、TBSがオンデマンドで配信開始との事。次回、日本に行く時まであるかどうか分からないが、半分期待。講談社刊の原作、海野つなみ著の「逃げるは恥だが役に立つ」を見る手も残されている!

「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 オンデマンドで配信開始!

このドラマが興味深かったのは、今の若者の人との距離の取り方だけでなく、「主婦」の仕事をゼロ生産性のものと見ずに、れっきとした賃金換算可能な生産性のある仕事として見るところにもあった。

特に、次世代を担う「未来」、子供たちを慈しみ育てる仕事は、最大の生産性を伴うものだろうと思う。今の日本社会には、政権の言葉とは裏腹に、この一番大切な「仕事」を見下し、おろそかにする傾向が強い。これは取り返しのつかない最大の損失となる。

主婦の役割を「仕事」として見直す動きは、これまで何度もあった。(最近見つけた記事は➡️➡️➡️>> 主婦の家事 単純労働と高度労働考慮したら年収1200万円換算 2014.6.29. (ポスト・セブン)

(最新関連記事は➡️➡️➡️一億総活躍」って本当に女性のため?>> “逃げ恥”原作者・海野つなみと本谷有希子が『あさイチ』で安倍政権の「1億総活躍」を批判!「お国の役に立てみたいな感じ」2016.12.26. (LITERA)


「200万円なんてとんでもない。

家事労働をお金に換算すると

とんでもない額になります」


"salary.com" の試算では、専業主婦

年収は11万8905ドル(約1200万円)

主婦って気楽でいいよな」などと旦那は言うけれど、朝から晩まで土日もなく働いているのに給料はゼロ。これは決して楽なことではない。それなのに安倍首相は外国人家事労働者を増やすという。家事労働者」にお給料が払われるんなら、主婦にもちゃんと払っていただきましょう! 試算してみたら、旦那もビックリの結果に。



[「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 主婦の仕事を数値化|給料換算したら?!(ポストセブン 2014.6.29.)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

シェフ・アンソニー・ボーデインの CNNオリジナル・シリーズ: “Anthony Bourdain/Parts Unknown" 毎日曜日21:00
シェフ・アンソニー・ボーデインの CNNオリジナル・シリーズ: “Anthony Bourdain/Parts Unknown" 毎日曜日21:00

4月14日から始まったマッチョなレストラン業界でも特に歯に衣を着せぬコメントで知られるシェフ・アンソニー・ボーデイン(Chef Anthony Bourdain)の世界食文化訪問番組。

第一話はミャンマー、第二話ロサンゼルス、第三話コロンビア、第四話カナダ、第五話モロッコ(タンジエール)、第六話リビア、第七回−6月2日はペルー、第八回−6月9日はコンゴ。この日曜日(26日)はこれまで放映した番組を続けてすべて放映している。

ボーデインの書く本も面白いが,この番組はそんな本の一冊を見ているような感じだ。文化的、歴史的側面もしっかり入っているので興味深い。ロサンゼルス編では70年代から大挙してアメリカに移民した韓国系アメリカ人の家族に焦点を合わせている。90年代に起きたロドニー・キング殴打事件に端を発した暴動では50人近くが命を落としたが、韓国系移民はこの暴動の起きた黒人街に入っていた。

下の動画は先週19日に放映されたリビヤの遺跡で遭遇したボーイスカウトとの場面:リビヤ篇では破壊された町の一画で地元の若者の話を聞いている時に、この地域を「管理」する一団がボーデイン一行を取り囲み緊張する場面もあった。




Bourdain's amazing meal in an ice shack:カナダ



食の話ばかりでなく、文化、歴史的背景満載で興味深い。お薦めシリーズです。


テーマ:ドキュドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

"Downton Abbey" BBC制作 アメリカPBS放映 シーズン3 1月6日開始
"Downton Abbey" BBC制作 アメリカPBS放映 シーズン3 1月6日開始


「ダウントン・アビー」シリーズ3予告:

Watch Downton Abbey Season 3 Preview on PBS. See more from Masterpiece.




1月6日に放映されたシーズン3、第1話が観られます:
3月3日まで:Downton Abbey, Season 3: Episode 1>>

社会主義、ロシア革命、第一次世界大戦の終わりまでが今までのシリーズの舞台。イギリスの貴族とその奉公人の生活が克明に描かれたこの物語、人物もファッションも見応えがあり、時代背景も豊かで、さすがBBCドラマと思わせます。
旧大陸で凋落の一途を辿っていたイギリスの貴族に、新大陸からの資金が流れ込み、貴族の生活を支え始めたのもこの時期。
ダウントン・アビーの主人公、クロウリー家の女主人も新大陸アメリカから嫁いでおり、貴族の生活を支えている。3人の娘たちのそれぞれに異なる休息に変化する時代への対応もドラマチックで楽しめます。

制作は "Gosford Park" の脚本を書いたジュリアン・フェローズ/Julian Fellowes.

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

村上もどか原作、TBS 連続 TVドラマ「Jin ~仁」
TBS の今シーズンのドラマ、「JIn ~仁」も間もなく最終回。
久しぶりに真面目に楽しんでいる。

スーパーマンの物語では、恋人が死んだ時に、過去の出来事を掟に反して変えてしまう。
「仁」では、この問題に関する自問が続く。

歴史家にとって、過去にタイム・スリップし、残されている記憶を「眺められる」と云う状況は願っても無い事だろうと思うけれど、自制力が効かない状況でタイム・スリッップしてしまうのは困る。
大沢たかおさんの困っている表情は魅力的だけれど。。。

今週はとに角最終回待ち状態です。

日本のアニメや漫画の質は,本当に高い!

テーマ:JIN-仁- - ジャンル:テレビ・ラジオ

NHK ドキュドラマ 「白洲次郎物語」
8月15日に「白洲次郎物語」の第3編、最終回が放映されると聞き、友人に録画を依頼した。ところがどういう訳か完成が遅れたらしく、結局、友人の手を煩わせる事無く、待ちに待った最終回を放映日に鑑賞する事ができた。

完全なドキュメンタリーではないが、事実に基づいた物語と云う事で、ドキュドラマと云う言葉しか浮かばなかった。なぜこれをドキュドラマと呼ぶかの理由は、NHK のこの番組のホームページにあった。

『迷走の長いトンネルを抜けることが出来たのは、「白洲次郎という大いなるフィクションを作ればいいんだ」と、覚悟できた時でした。次郎さんの「実像」を再現するドラマではなく、取材の中から魅力的な「虚像」を創造し、そこから次郎さんの「息吹」や「ダンディズム」の一端を感じ取ってもらえれば、それで大成功なんだ、と。リサーチに次ぐリサーチ、それを全部捨てて、想像の翼を広げ、また捨てて、また創り、、、最後に残った上澄みを凝縮して、最後に残るものは何か、という真剣勝負。これはドラマでもドキュメンタリーでもない、「白洲次郎」という作品です。私たちの挑戦を、どうぞご覧ください。』

BBC のドラマを思い起こさせる重厚なペースと映像。久方ぶりに見応えの有る作品だった。白洲夫妻役の伊勢谷祐介さんと中谷美紀さんの英語での台詞も素晴らしく、御陰で違和感無く見る事ができた。

"a flashy car made in Japan" だったか正確な言い回しは覚えていないけれど、ケンブリッジへ車で乗り付け将来の友人に遭遇した際に最初に云う自己紹介の台詞。白洲氏の本質を体現しているような光景だった。

日本に戻ってから時代に翻弄されながらも自身の信念に沿って行動する白洲氏。だが時代と文化の板挟みになって苦労する白洲次郎氏の苦しみには、想像するしかないけれど、計り知れない重さがある。

どこにも誰にも属さず、自分の中のコンパスによって動く人間は、外部の人には理解し難い、箱に入れ難い存在となる。一生懸命祖国のために腐心している白洲氏が、同胞から売国奴呼ばわりされる状況には堪え難いものがあるけれど、もし正子氏が西行について書いていた言葉が次郎氏の心境と重なるのであれば、そこに救いが見える。

百姓の仕事に戻る彼の心。百姓の仕事には嘘が無い、努力の結果がそのまま作物に出る世界は魅力的で、心が癒される。白洲氏は時代が必要としていた時に出て来た人物、より大きな力によって送り出された人物と考えたい。

「個性を育てなければ」と叫びながら、現実には「没個性」を強要する社会風潮は、「あなたは日本人じゃないから」とか「あの人は変人だから」と簡単に切り捨てる態度に頻繁に見られる。

自分で考えられる事、一人でもいられる事、考えを外に聞こえる言葉にできる事、
人の話を聞く事が出来る事、意見交換が出来る事など、日々意識しての訓練の賜物。少しずつでも一人一人が「個性的に」生きる事が出来るようになれば、世の中はもっと面白くなるはず。先達の努力を無駄にしないためにも、日々研鑽を心がけたい。。。

テーマ:ドキュドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ