Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ (674):2016年シーズン開幕 (155) 〜 Saddle Bronco Riding II (3)
2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の人気のあるベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) に対照的な競技が、鞍を使って、8秒間、跳ね回る馬を乗りこなす競技、サドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) だ。

騎馬スタイルも、ベアバック・ブロンコより「優雅」と言えるけれど、飛び跳ねる馬を優雅に乗りこなせるのは熟練者に限るとも言える。身体的能力と体の鍛え方が俗人とは違う。

タイ・ダウン・ローピング (Tie-Down Roping) が終わり、サドル・ブロンコ・ライディングの第二部開始:

14番目のブロンコ・ライダーは、若手のクウィンスィー:安定した乗りで得点を稼いでいるが、今日引き当てた馬の動きは芳しく無く、得点は67点。残念ながら、賞金圏外。

blog (6x4@300) 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 14, Quincy Crum (67

次は同じく若手で、この競技の全国大会で父や叔父が複数回チャンピオンになっている家系のブロンコ・ライダー、ライダー。まだ高校生で、父や叔父と一緒に参加している。

blog (4x6@300) Yoko 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 16, Ryder Wright (64

彼の乗馬スタイルは父親の姿を想起させるもので、美しい。

blog (6x4@300) 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 16, Ryder Wright (64

そして18歳、19歳の身軽さが素晴らしい。全力で走る馬からピックアップマンの馬に、まるで地上を歩いているような気軽さで移る。ライダーを拾っているのは、若い頃は全国大会で上位を占めていたブロンコ・ライダーのジェフ。

この日ライダーが引き当てた馬は「バー・ホップ "Bar Hop"」〜 「はしご酒」だった。その所為かどうか、点数は64点止まりで残念な結果となった。

blog (6x4@300) 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 16, Ryder Wright (64


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (673):2016年シーズン開幕 (154) 〜 Saddle Bronco Riding II (2)
2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の人気のあるベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) に対照的な競技が、鞍を使って、8秒間、跳ね回る馬を乗りこなす競技、サドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) だ。

騎馬スタイルも、ベアバック・ブロンコより「優雅」と言えるけれど、飛び跳ねる馬を優雅に乗りこなせるのは熟練者に限るとも言える。身体的能力と体の鍛え方が俗人とは違う。

この日12番目に登場したのが、過去2回全国大会でチャンピオンになっているコーディ・ライト:息子二人も同じ競技で活躍し始め、長男のラスティは一昨年だったか、新人王に輝いた。その後、すぐ結婚し、今はお父さん。コーディ・ライトも若いお祖父さんになった。

次男のライダーは、高校三年生の昨年から、父親と一緒に大会に参加し始め、[今年 (2017) の新人王になる可能性があるほどの活躍をしている。今年のリヴァーモア大会には、コーディ一家が叔父数人、義弟も含めて勢ぞろいした!]

コーディが始めたサドル・ブロンコ競技は、一家の中から複数の全国チャンピオンを輩出するまでになり、ユタ州の小さな町興しの一大勢力になっている。

コーディの典型的スタイルと言っても良いほど小気味よく決まるこのポーズ、見事だ。跳ね回る馬の上で、これだけ体を伸ばせるカウボーイは多くない。スパーリングをする足も伸ばせないケースが多く、美しさに欠けるが、コーディは例外的だ。

無事8秒間乗りこなしたコーディだが、この日の得点は伸びず、76点止まりだった。点数は馬に50点、ブロンコ・ライダーに50点と配分されているため、動きの鈍い馬に当たってしまうと、点数が伸びにくくなるので、これは仕方がない。

blog 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 12, Cody Wright (76

blog 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 12, Cody Wright (76

blog 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 12, Cody Wright (76

blog (6x4@300) 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 12, Cody Wright (76

ピックアップ・マンは、ブロンコ・ライダーを拾った後、馬の装具を外し、シュートの裏側の厩舎へ誘導する。全速力で走る馬の装具を外すのは簡単ではないが、さすが熟練のカウボーイ、見事に完遂。

右側の黒いヴェスト着用のカウボーイはジェフ:全国大会まで行った元サドル・ブロンコ乗りだ。

blog (6x4@300) 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 12, Cody Wright (76


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (672):2016年シーズン開幕 (153) 〜 Saddle Bronco Riding II (1)
2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の人気のあるベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) に対照的な競技が、鞍を使って、8秒間、跳ね回る馬を乗りこなす競技、サドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) だ。

騎馬スタイルも、ベアバック・ブロンコより「優雅」と言えるけれど、飛び跳ねる馬を優雅に乗りこなせるのは熟練者に限るとも言える。身体的能力と体の鍛え方が俗人とは違う。

サドル・ブロンコ・ライディングの第二部の前に入ったタイ・ダウン・ローピング (Tie-Down Roping) が終了し、サドル・ブロンコ競技の第二部開始が開始された。

10番目のブロンコ・ライダーはマッスィエー。出身地を記録し損ねたが、スパーリングの脚も伸びており、

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 10, Masssier ? (75) 2_DSC0420-5.21.16.(4).jpg

問題なく8秒間乗り切った。チャップスが落ち着いた色合いで好感が持てる装いだった。

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 10, Masssier ? (75)_DSC0425-5.21.16.(4).jpg

8秒経過を知らせるブザーが鳴った後、ピックアップマンの馬に移り、安全に馬から降りる。これも全速で走る馬が相手なので、簡単そうに見えるが簡単ではないが、マッスィエーは楽々とこなしていた。

blog 87 Rowell Ranch Rodeo, Saddle Bronco 10, Masssier ? (75)_DSC0435-5.21.16.(5).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (672):2016年シーズン開幕 (153) 〜 Tie-Down Roping (5)
2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の人気のあるベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) に対照的な競技が、鞍を使って、8秒間、跳ね回る馬を乗りこなす競技、サドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) だ。

騎馬スタイルも、ベアバック・ブロンコより「優雅」と言えるけれど、飛び跳ねる馬を優雅に乗りこなせるのは熟練者に限るとも言える。身体的能力と体の鍛え方が俗人とは違う。

引き続き、サドル・ブロンコ・ライディングの第二部の前に入ったタイ・ダウン・ローピング (Tie-Down Roping) :6番目のローパーはクーパー。カリフォルニアのカウボーイだ。

ロープを投げた後、子牛の首にロープが掛かった後の右手の動きを見て欲しい。

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Tie-Down 6, Cooper (15.6 Paso Robres, CA) 2_DSC0389-5.21.16.(4).jpg

ロープを引き上げて、外れる余裕の無いようにする。

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Tie-Down 6, Cooper (15.6 Paso Robres, CA) 2_DSC0390-5.21.16.(4).jpg

ここまでは順調だったのだが、記録が15.6秒。馬から飛び降りて子牛の体を抑える際に手間取ることがある。ちょっとしたタイミングのズレだとおもうのだが、子牛をひっくり返して脚を上向きにする時に、手間取ってしまうカウボーイが多い。
子牛と言えど、脚も速いし、力もある。なかなか手ごわい。

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Tie-Down 6, Cooper (15.6 Paso Robres, CA) 2_DSC0392-5.21.16.(4).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (671):2016年シーズン開幕 (152) 〜 Tie-Down Roping (4)
2016.5.21.:ロデオ (Rodeo) 本大会の人気のあるベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) に対照的な競技が、鞍を使って、8秒間、跳ね回る馬を乗りこなす競技、サドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) だ。

騎馬スタイルも、ベアバック・ブロンコより「優雅」と言えるけれど、飛び跳ねる馬を優雅に乗りこなせるのは熟練者に限るとも言える。身体的能力と体の鍛え方が俗人とは違う。

引き続き、サドル・ブロンコ・ライディングの第二部の前に入ったタイ・ダウン・ローピング (Tie-Down Roping) :4番目のローパー。氏名不詳!タイムも記録無し!だが、勢い良く飛び出した子牛とローパーの動きは特に支障もなく、

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Tie-Down 4 (?)_DSC0362-5.21.16.(4).jpg

しっかりロープの緊張感を保つ馬もあり、手早く子牛を捕らえ、脚の捕縛へ進んだ。

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Tie-Down 4 (?)_DSC0367-5.21.16.(4).jpg

5番目のローパーは、ジャレット:記録13.5秒。子牛の脚が早く、ロープを掛けるまでに手間取っていたのが致命傷と言えるか。。。

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Tie-Down 5, Jarret Furguson (13.5) 2_DSC0373-5.21.16.(4).jpg

子牛を捕らえるまでの時間が長すぎた。13.5秒では、他のコンテスタントが失敗しない限り、賞金圏内には残れない!

blog 86 Rowell Ranch Rodeo, Tie-Down 5, Jarret Furguson (13.5)_DSC0374-5.21.16.(4).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ