Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ 623:2016年シーズン開幕 (101) 〜 Saddle Bronco Riding
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo) 。サンノゼ (San Jose, CA) などハイテック産業の集中する湾岸地域へ通勤する人々のための住宅地となっており、終わりの無い道路の拡張工事が続いている。

引き続き、プロ・カウボーイの馬を乗りこなす競技、鞍を使うのでサドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) :3番目のブロンコ・ライダーはコロラド出身のメイソン。

8秒まであと少しのところでバックオフされてしまったが、その振り落とされ方が格好良かった。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 3, Mason Mardesich (NS ?, Fowler, CO) 2_DSC7254-6.11.16.(4).jpg

彼らの運動神経はどうなっているのだろう、と毎回思わせられる姿。怪我もなく、直ぐ態勢を立て直していた。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 3, Mason Mardesich (NS ?, Fowler, CO) 2_DSC7256-6.11.16.(4).jpg

4番目のライダーはカリフォルニア中央部出身のデイヴィッド:スパーリングも決まり、得点は77。悪くない。
コンスタントに80前後の得点を稼ぐことができれば、それは至難の技だが、年末に開催される全米大会のチャンピオンを決める大会に出場できることは確実だ。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 4, David Wade Moody (77 Visalia, CA) 2_DSC7274-6.11.16.(4).jpg

デイヴィッドを拾った後、彼の乗った馬を誘導するピックアップマンと呼ばれるカウボーイたち。この日のシャツは紫色。チャップスは、大会のスポンサーであるドッジ社の大型ピックアップ・トラックの "RAM" のロゴ入り。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 4, David Wade Moody (77 Visalia, CA)_DSC7284-6.11.16.(4).jpg

ライダーが飛び跳ねる馬から安全に「降りる」のを助け、馬を宥め、控えの柵内に戻す役目を果たすカウボーイたちだ。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 4, David Wade Moody (77 Visalia, CA)_DSC7287-6.11.16.(4).jpg


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ 622:2016年シーズン開幕 (100) 〜 Saddle Bronco Riding
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo) 。サンノゼ (San Jose, CA) などハイテック産業の集中する湾岸地域へ通勤する人々のための住宅地となっており、終わりの無い道路の拡張工事が続いている。

引き続き、プロ・カウボーイの馬を乗りこなす競技、鞍を使うのでサドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding)

3番目のライダーは、コロラド州から来たメイソン:オレゴン、ユタ、コロラド、ニュー・メキシコなど、牧場経営が盛んな州からの参加者は多い。但し、最近、これらのロデオ大会の全国組織であるPRCAの対抗組織ができたので、そちらの大会へ移行した著名なカウボーイが多く、馴染みの顔が見られなくなっている。

対抗馬ができた理由は、これまで聞いたところによると、金銭的締め上げがきつくなってきたことや規則の煩雑さが挙げられている。カウボーイの取り分が少なくなっていると云うことだろう。

さて、コロラドのカウボーイ、メイソンの乗りっぷりは悪くなかったのだが、彼の引き当てた馬の「元気」が半端でなかった。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 3, Mason Mardesich (NS ?, Fowler, CO)_DSC7246-6.11.16.(4).jpg

残念ながら、8秒に達する前に振り落とされてしまった!

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 3, Mason Mardesich (NS ?, Fowler, CO) 2_DSC7252-6.11.16.(4).jpg

こうして見ると、馬の大きさが身近に感じられる。。。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 3, Mason Mardesich (NS ?, Fowler, CO) 2_DSC7253-6.11.16.(4).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ 621:2016年シーズン開幕 (99) 〜 Saddle Bronco Riding
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo) 。サンノゼ (San Jose, CA) などハイテック産業の集中する湾岸地域へ通勤する人々のための住宅地となっており、終わりの無い道路の拡張工事が続いている。

地元の牧場関係者によるティーム・ローピング (Team Roping) の後は、プロ・カウボーイの馬を乗りこなす競技、鞍を使うのでサドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) :鞍を使わず裸馬を乗りこなすベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) よりは、動きに優雅さがある。

1番目のライダーは、一人で参加していたと思われるジェス。牧場の多いカリフォルニア中部の出身だ。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 1, Jess Williams (64 Paso Robles, CA) 2_DSC7207-6.11.16.(4).jpg

8秒間を無事に乗りこなしたが、スパーリング (Sparring) が上手く行っていなかったためか、得点は64に止まった。上の画像のジェスのブーツの位置に注意:リズムが上手く取れていれば、この時点で、スパーをつけたジェスの脚は前に伸びていなければならない。

60点台では、よほどのことがない限り、上位入賞は厳しくなる。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 1, Jess Williams (64 Paso Robles, CA)_DSC7218-6.11.16.(4).jpg

2番目は常連のホアキン:彼の乗馬スタイルかライフ・スタイルか、人気のあるカウボーイだ。出身は同じくカリフォルニア中部。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 2, Joaquin Real (NS Santa Paula, CA) 2_DSC7230-6.11.16.(4).jpg

スパーをつけた脚が伸びているのは良いのだが、馬が後脚を思いっきり蹴り上げた時点で、バランスを崩してしまい、

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 2, Joaquin Real (NS Santa Paula, CA) 2_DSC7231-6.11.16.(4).jpg

8秒前に振り落とされた。残念ながら、得点は無し!怪我も無し!

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 2, Joaquin Real (NS Santa Paula, CA)_DSC7232-6.11.16.(4).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ 620:2016年シーズン開幕 (98) 〜 Team Roping
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo) 。サンノゼ (San Jose, CA) などハイテック産業の集中する湾岸地域へ通勤する人々のための住宅地となっており、終わりの無い道路の拡張工事が続いている。

前記事から引き続き、牛の角を捉えるヘッダー (Header) と呼ばれるカウボーイと後脚を捉えるカウボーイ、ヒーラー (Heeler) の共同作業で行われるティーム・ローピング (Team Roping) :子牛の頭には、皮の薄い頭を守るための防護帯が装着されている。

ローピングは実際に牧場で必要な技であるため、地元の熱心なファンが多い:息子と父親、夫婦、父親と娘、兄弟などの組み合わせも多い。

下のティームは、まだ10代前半と思われる娘と父親のハリソン組:素早く子牛の頭を捕らえた娘。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 7. Cassidy Harrison (8.51 & 5P=13.51) 2_DSC7173-6.11.16.(4).jpg

規定に沿って、直ぐに子牛の向きを変え、ヒーラーを務める父親の方に子牛の脚が向くようにする。
実際に脚を捕らえるまでに掛かった時間は8.51秒だったのだが、両脚を捕らえる事が出来なかったため、罰則で5秒が追加された。記録は13.51秒。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 7. Cassidy Harrison (8.51 & 5P=13.51) 2_DSC7174-6.11.16.(4).jpg

8番目のティームは、ハーマンとエディ:ハーマンが子牛の頭を捕らえたまでは良かったのだが、前の親子と同じ結果になった。片脚だけの捕縛になったので、基本記録11.83秒に罰則の5秒が加算され、最終記録は16.83になった。

地元のティーム・ローパーは大人数なのだが、実際に本大会で技を披露できるのはその中の予選を上位通過したものだけとなる。このローピングの予選を撮影する時には、時に半日、あるいはそれ以上掛かることもある!
撮る方にとっては、かなり厳しい。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 8, Herman Delgadillo & Eddie Basso (11.83 & 5P=16.83) 2_DSC7184-6.11.16.(4).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ 619:2016年シーズン開幕 (97) 〜 Team Roping
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo) 。サンノゼ (San Jose, CA) などハイテック産業の集中する湾岸地域へ通勤する人々のための住宅地となっており、終わりの無い道路の拡張工事が続いている。

前記事から引き続き、牛の角を捉えるヘッダー (Header) と呼ばれるカウボーイと後脚を捉えるカウボーイ、ヒーラー (Heeler) の共同作業で行われるティーム・ローピング (Team Roping) :子牛の頭には、皮の薄い頭を守るための防護帯が装着されている。

これらのローパーは地元の牧場経営者とその家族だ:アメリカ全土を廻って各地のロデオ競技で技を競うカウボーイたちとは異なるカテゴリーの投げ縄競技だ。

2番目のローパーたちは、クリスとブライアン:ティーム・ローピングでは、ヘッダーヒーラーもしっかりと子牛を捕らえなければ、得点にならない。このティームは、脚を捕らえるヒーラーのロープで失敗してしまった。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 2, Chris Hannenken & Brian Larsen (NT) 2_DSC7142-6.11.16.(4).jpg

3番目のティームは、ゲイリーとロバート:子牛を捕らえる事は出来たが、記録は11.8秒。
全員の記録が悪ければ、まだ上位に食い込む余地はあるが、厳しい。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 3, Gary Barney & Robert Silva (11.87) 2_DSC7146-6.11.16.(4).jpg

4番目のティームは、アーマンドとショーン:残念ながら、失格!

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 4, Armando Fagliano & Sean Rasmussen (NT)_DSC7154-6.11.16.(4).jpg

6番目のローパーは、ダニエルとライアンのティーム:二人の記録は、8.78秒。
悪くない。
ティーム・ローピングの良いところは、高齢でもなお参加できる事だろうか。ワイオミング州出身の医者の友人も、70代後半で、ローカル・ティーム・ローピングに参加しているとの事だった。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 6, Daniel Stice & Ryan Maxwell (8.78) 2_DSC7161-6.11.16.(4).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ