Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「レミーのおいしいレストラン」 2007
レミーのおいしいレストラン



やっとピクサーの新作アニメ、現在ヒット中の「ラタトゥィ」観てきました。第一印象は、"Babette' Feast."   料理、食事が如何に全身全霊に関わる事なのか、の確認でした。料理を作るのは嗅覚が特に鋭敏な「グルメ」なネズミ、レミーとその手足となる天涯孤独になってしまったヒョロヒョロの若者、リングイニ。 伏線が色々ありますが、それは観てのお楽しみ、です。 簡単に感じた事柄を書いてみます:
     ネズミをペットに飼っている人もたくさんいる世の中、ディズニーのミッキーマウスの影響で、また住居が近い(?)事もあり、人間に取っては比較的身近に感じられる動物です。 パリのスターシェフ、オーガスト・グストーの5つ星レストラン、「グストー」で客をうならせる料理を作る存在になるとは。。。台所にネズミ、という考えに最初抵抗を覚えるかもしれません。ネズミの世界と人間の世界の隔たりもレミーの一族の観点から現実的に描かれ、この辺りは人種問題に置き換えると解り易いな、と感じました。
     子供の映画、とは簡単に言えない深さで、棺桶型の部屋に住み、料理人から恐れられているレストラン批評家、アントン・イーゴ(何と、この声がピーター・オトゥ-ルでした!)が人生の終章で幸せな大転換を成し遂げるのは、一皿の料理の御陰なのです。 すぐにバベットが脳裏に浮かびました。


[「レミーのおいしいレストラン」 2007]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画