Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(588): Mt. Hamilton to Patterson, CA (13)
2016.4.13.:ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) の麓の町で開催されたロデオ大会 (Rodeo) 後、一旦、サンノゼ (San Jose, CA) に戻り、13日から再度野草観察のために出かける。

今回は、毎年野草をチェックする近くの山、ディアブロ山系 (Diablo Range) に属する標高1,300mのマウント・ハミルトン (Mt. Hamilton) を越えて東側へ抜けることにする。130号線で行くのだが、ここのカーヴは道が細い上にかなりきつい。車酔いをする人や下の崖に恐怖感を覚える方は避けた方が良いと思う。数え方にも依るが、この山道のカーヴは365あると言われている。

引き続き、山頂を過ぎて東側の植生の様子:前記事と同じ場所だが、小さなお花畑の周辺はブラック・オーク (Black Oak) やグレイ・パイン (Gray Pine) で縁取りされている。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine & Gilia_DSC6266-4.13.16.(2).jpg

その先には峰が幾つも連なり、さらにカーヴの厳しい道が続く。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine, Gilia & Owl's Clover_DSC6268-4.13.16.(2).jpg

険しい山道と同じで、至極平和そうに見えるお花畑も生存競争は起きているわけでのんびりしているわけにもいかない理由がある。春先は特に、小さな虫たちも繁殖期なので、注意する必要が有る:以前は、東部のコネティカット州のライム (Lyme, New London County, CT) と云う小さな町に限られていた原因不明の病気が西部にも広がっているためだ。

カリフォルニア州でライムズ・ディズィーズ (Lyme's Disease) が散見されるようになったのは1980年代のことで、厄介なことに、病原はウィルスでも原虫でもなく、リケッチアと呼ばれる微生物だ。媒体になっているのは愛らしい姿の鹿で、山のダニ (Ticks) をたくさん運んでいる。(拡散の範囲が急激に広がったので、その後、媒体は鹿だけでなく空を飛ぶ鳥もそうではないかと言われるようになった。)そのダニは他にも命に危険を及ぼす微生物を体内に持っていて、他の動物の血を吸う時に災害をもたらすのだ。

山に入る時は、足元、首元、頭など、しっかり防護し、体にダニなどが付いていないかどうかを確認し、払う必要がある。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine, Gilia, Owl's Clover & Oak_DSC6270-4.13.16.(2).jpg

美しい山のお花畑を楽しみながらも、頭のどこかには安全を守るための対策が生きているが、ダニなどより怖いのはやはり「ヒト」かなと思う。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine, Gilia, Owl's Clover & Oak_DSC6271-4.13.16.(2).jpg

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Owl's Clover & Gilia_DSC6273-4.13.16.(2).jpg


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報