FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
思考の種(680):1)御用マスコミが「実質賃金、21年ぶりの 記録的な伸び」と一斉に報じた <麻生財務大臣から事実上の指示を受けて賃上げ偽装に手を染めさせられていた厚労省>ほか
1)田中龍作ジャーナル:【アベノミクス偽装】「実質賃金マイナス」 ついに厚労省が認めた 2019.1.30.


御用マスコミが「実質賃金、21年ぶりの

記録的な伸び」と一斉に報じた


<麻生財務大臣から事実上の指示を受けて賃上げ偽装に手を染めさせられていた厚労省>

写真:明石弁護士。「実質賃金は惨憺たる結果になっている、だから公表したくないのか」と厚労省を追及した。=30日、衆院16控室 撮影:田中龍作=

 これでも安倍政権はシラを切ろうというのだろうか。麻生財務大臣から事実上の指示を受けて賃上げ偽装に手を染めさせられていた厚労省が、2018年の実質賃金の伸び率はマイナスであることを、きょう30日、事実上認めた。

 総務省に続くもので、政府の事務方たちがアベノミクスの肝である賃金上昇はなかったとの認識を示したことになる。

 きょう午前、野党5党が国会内で開いた政府(厚労省、総務省など)からのヒアリングには、アベノミクスのウソを暴いた『アベノミクスによろしく』の著者である明石順平弁護士が招かれた。

 明石弁護士は、問題となっている2018年の「実質賃金の伸び率」を一覧表とグラフにして政府の官僚たちに示した。計算式はこうだ―

 「名目賃金指数」を「消費者物価指数」で割り、100を掛けると「実質賃金指数」が出る。それを前年同月と比べれば『実質賃金の伸び率』となる。2018年は6月を除くと、ほとんどの月がマイナスだ(写真=一覧表参照)。

 6月の数字は、自民党総裁選直前の8月御用マスコミが「実質賃金、21年ぶりの記録的な伸び」と一斉に報じていたものだ。


写真詳細、記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>




2)田中龍作ジャーナル:【アベノミクス偽装】 安倍首相は「実質賃金マイナス」を知らなかった 2019.1.29.


麻生財務大臣からの事実上の指示

厚労省がごっそりサンプル入れ替え


「総理は実質賃金がマイナスだとの認識が

ない
んじゃないか。厚労大臣の責任は重い」



[思考の種(680):1)御用マスコミが「実質賃金、21年ぶりの 記録的な伸び」と一斉に報じた <麻生財務大臣から事実上の指示を受けて賃上げ偽装に手を染めさせられていた厚労省>ほか]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:亡国・崩壊−日本−再生・再建可能か? - ジャンル:政治・経済