Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
震災から一年 欧州の反応は:独ZDFハーノ記者へのインタビュー(世界の扉

**震災から1年後の内容ですが、被災地の子供の話を聞きながら涙ぐみほど、真摯にこの問題を追跡しているジャーナリストは、日本に何人くらい残っているのだろうか?私たちが組織の規約や金儲け、経済効果のために忘れてしまった、大切なものを感じさせるハーノ記者の言葉です。

 フクシマの状況はまったく改善されていません。そしてフクシマ及び近県の問題は、日本だけの問題ではなく、既に世界の問題になっています。海を汚し、大気を汚し、、、オリンピック等と騒いでいられるレベルでは無くなっている。**


重要なのは誠実さです

今回の災害は四つです

地震津波原発事故、そして信頼の喪失の四つです

もし政府や電力会社が誠意を持っているのなら、日本のためになることしかしてはいけません
もし彼らが国民の信頼を取り戻したいなら、全て包み隠さずに究明するべきです


震災から一年 欧州の反応は:独ZDFハーノ記者へのインタビュー(世界の扉)

Published on Mar 17, 2012 by LunaticEclipseNuke12:

福島第一原発での作業は危険なものです
メルトダウンを起こした原子炉に燃料棒が詰まったプール、ここの放射線量は命にかかわる数値です

専門家はこの地域で再び強い地震が起きる可能性を指摘しています
再び原子炉が崩壊するようなことがあれば、それは私達の知る日本の終わりを意味することでしょう



ハーノ記者
必要なのは危険性をきちんと伝えることだと思います
日本政府や東京電力は危険性を管理できていると言っていますが、それは正しくありませんし、間違っていると思います

福島原発、特に四号炉が事故を起こしたら、もう日本だけではなく、全世界の問題になるのです


日本には原子力村という言葉がありますが、これは独特ですね
ドイツでは規制を行う当局は単独で存在します
例えば、原子力監査局、これは経済省とは関係のない独立した機関です
そこの科学者達は厳しい視点で原子力エネルギーを批判しますが、当然のことで、それでキャリアを失ったりしません



日本では政界、学会、エネルギー業界、そしてメディアが深く結びついている印象です

よく視聴者の方から、例えば、『私の子供が今、日本にいますが本当に大丈夫でしょうか』と聞かれます。
そこで私はこう答えるようにしています
「全く問題ありません。日本で暮らしても大丈夫。私も日本で住むのは大好きです。皆、大袈裟です。
今の日本は大丈夫。でも、危険性も常にあることは、しっかりと認識すべきです」

ただ、一年前とは大きく印象が変わったこともあります。
多くの被災地に行きましたが、被災者はもう政府を信頼していません
電力会社も信頼していません
メディアも信頼していません
置き去りにされたと感じています
被災者同士で助け合い、支え合っていますが、国のエリート達に見捨てられたと思っています
それが以前と印象が変わった点です
この国のエリート達はもう何もしてくれないんだと、それが私の印象です

重要なのは誠実さです
今回の災害は四つです
地震津波原発事故、そして信頼の喪失の四つです

もし政府や電力会社が誠意を持っているのなら、日本のためになることしかしてはいけません
もし彼らが国民の信頼を取り戻したいなら、全て包み隠さずに究明するべきです

<参照> 福島第一原発4号機燃料プール


動画は上のタイトル から>>

スポンサーサイト

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/10227-4749aebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック