Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
報道するラジオ: 「パナマ文書の衝撃~税逃れにどう対応するか?」 2016.5.16.
報道するラジオ: 「パナマ文書の衝撃~税逃れにどう対応するか?」 2016.5.16.


21の国と地域のタックス・ヘイブン

(租税回避地)
に設立された約21万社のペーパー

カンパニーに、世界中からマネーが流れ込んでいる


(32:32)



Published on May 16, 2016 by tacc77:

■2016年5月16日【月】 パナマ文書の衝撃

税逃れにどう対応するか?


きょうの特集は「パナマ文書」です。
先週、21の国と地域のタックス・ヘイブン(租税回避地)に設立された約21万社のペーパーカンパニーに、
世界中からマネーが流れ込んでいる実態が、明らかになりました。
日本人とみられる約230人と、日本企業約20社も関わっていました。
企業の言う「租税回避目的ではない」「投資だった」というコメントを、どう受け止めればいいのか、
タックス・ヘイブンの問題をどう解決すればいいのか、
税逃れの実態や国際課税に詳しい、横浜市立大学の上村雄彦教授にお話を聞きます。
上村さんへの質問、そして巨大企業や富豪に税逃れをさせないためのアイデアを、メール・FAXでお寄せください。
コメンテーターは、ニューヨーク在住で現在、一時帰国しているジャーナリストの北丸雄二さんです。
オバマ大統領の広島訪問などについて、お話いただきます。

ノーカット(wma)
http://goo.gl/Hy8L9s
予備
https://goo.gl/WqzTsO




スポンサーサイト

テーマ:税金 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/13953-1125226c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック