Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
アメリカ全州訪問の旅 第1部(80)The Grand Tour - Part I "California to Ohio" 〜 WA to Glacier NP, MT (24)
2007.8.1.:グレイシャー国立公園 (Glacier National Park) の西側の入り口から入園し、アップガー・ヴィレッジ (Apgar Village) を経由。「太陽へ向かう道」 (Going-to-the-Sun Road) を標高2,026 m にあるローガン・パス (Logan Pass) で山の王様たちの姿をしばし愛でた後、帰路につく:

ローガン・パスへ行く途中、目にしていた野草の群生が多く見られた場所、「太陽へ向かう道」(南側)からポロック・マウンテン (Pollock Mountain) 、2,801m が見える谷。ちょうどベーリング海峡 (the Bering Strait) からマゼラン海峡 (the Strait of Magellan) まで、ロッキー山脈とアンデス山脈 (the Rocky Mountains and Andes) の嶺を伝い、アメリカ大陸を南北に走る分水嶺にある。

この谷も、大きな氷河によって削り出されたように見える。この山への登山道は2つあるようだが、「太陽へ向かう道」は冬場は閉鎖されており、開通するのはその年の積雪量によるため、早ければ6月後半に、遅ければ7月に入ってからになる。そして9月後半、或は10月には閉鎖去れるため、登山が考えられる時期は6月後半から遅くとも10月と云うことになる。  

アーニカ (Arnica) の一種と思われる黄色い花やスゲの仲間と思われる草などが茂る水気の多い場所。

blog TAKE 89 Glacier NP, Apgar to Logan Pass (2,026m) to Sieh Blad, Arnica?, MT_26430-8.1.07.jpg

ポロック・マウンテンは、ガーデン・ウォール (the Garden Wall) と呼ばれる氷河が形成した岩壁の一部でもある。夏場には野草の群生が見られる場所でもある(で、「ガーデン」?!と命名)。この日は行かなかったが、ローガン・パスの北側に伸びる壁で、ヴィズィター・センタ−からトレイルがある。分水嶺の西側になり、「太陽へ向かう道」もその一部を通過する。

blog TAKE 89 Glacier NP, Apgar to Logan Pass (2,026m) to Sieh Blad, Glacier created valley?, MT_26432-8.1.07.jpg

「太陽へ向かう道」から見える谷底を流れる川:「太陽へ向かう道」の建設の歴史は凄い。グレイシャー国立公園を東西に横切る約80km のこの道路は、ロッキー山脈の中でも壮大と云える光景を見せてくれる貴重な道路だ。細い山道でトンネルや飛び出した岩があるため、車高が3m以上ある車や車幅が 2.4m(ミラーも含めて)以上の車、トレイラー牽引の車には無理だ。

「太陽へ向かう道」が完成したのは1932年の冬が来る手前、約226,796 kg のダイナマイトと30年に及ぶ工事、その費用当時の金額で約200万ドルをかけてのことだった。この時に、初めて全行程を車が走った。正式に開通したのは翌年、1933年7月15日、ローガン・パスでの式典の後だった。

「太陽へ向かう道」と云う名前は、近くにある 2,940m の山、 "Going-to-the-Sun Mountain" から拝借したものだと云う:この地域に住んでいた先住民、ブラックフット族 (the Blackfoot) の言い伝えによると、昔、ブラックフット族の神の一人、"Sour Spirit" が勇敢な若者たちに狩りの基本を教えるため太陽から降りて来た。そして太陽へ戻る時に、"Sour Spirit"ブラックフット族の人達の心の支えになるように、自分の姿を山頂に造り出した、と。

だが、これは1880年代にこの地に来た白人探検家の作り話だと云う説もある。

blog TAKE 89 Glacier NP, Apgar to Logan Pass (2,026m) to Sieh Blad, Glacier created valley?, MT_26433-8.1.07.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/13974-4755cbf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック