Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Cambodia / カンボジア (178)〜 ベンメレ (Beng Mealea) 「ハスの池」寺院(2)(11)
2013.12.3.:カンボジアの人口約20万のシェムリアップ (Siem Reap) にあるアンコール・ワット (Angkor Wat) 遺跡群から東へ約40 kmの距離にある「ハスの池」と云う意味を持つ遺跡、ベング・メアレア/ベンメレ (Beng Mealea) の遺跡に到着。

12世紀に建造されたと考えられているこの遺跡は、同時期に建造されたアンコール・ワット群の建物に比べると、建築様式はほぼ同じだが小振りなことで知られている。周辺には濠が造られている。お濠には水草が茂り、周辺には濃い緑の樹があるのだが、それに絡み付いているものがある。

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

樹木に絡み付いて上に伸び育つストラングラー・フィッグ (Strangler Fig) 、学名:(Ficus religiosa) :熱帯から亜熱帯のジャングルに見られるイチジクの仲間の植物だ。絡み付かれたホストは、ストラングラー・フィッグが大きくなるに連れて、「絞め殺されて」しまう運命だ。

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

道路から参道へ向かう:参道の入り口にある5つ(!)の頭を持つゲート・キーパー、ナーガ (Naga) 。5つの頭を持つ

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

地衣類がはり付いて白くなっているが、横から見たナーガ

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

アンコール・ワットと同じ建築様式は、寺院だけに当てはまるのか?!ここのナーガは、頭の数がアンコール・トムやワットのように8つではなく5であるだけではなく、後ろ側のデザインも大きく異なっている。

アンコール・ワットのナーガ>> 1) Cambodia / カンボジア (108) アンコール・ワット (Angkor Wat) (33)

アンコール・ワットのナーガ>> 2) Cambodia / カンボジア (83) アンコール・ワット (Angkor Wat) (7)

blog 230 Cambodia, Beng Mealea


スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14022-f93c673e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック