Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
<宮城指定廃> 環境相「責任分かち合う」〜国による早期処理を求める首長からの要望に対し 2016.6.14.(河北新報)
**放射能汚染に関して、果たして地方自治体が単独で対処できることがあるのだろうか?
 日本の環境省の長の発言/対応は、あくまでも他人事で、無責任だ。

 自体が消滅する可能性大の原発事故を起こしても、策」でごり押ししてきたことでも、「責任を分かち合う思いで臨みたい」としか、事故後5年+経っても言えない一の「長」及びその取り巻きは何だ?!
 は一体誰のためにあるのか、何のためにあるのか、選挙前に良く考えて欲しい。**



<宮城指定廃> 環境相「責任分かち合う」 2016.6.14.(河北新報)


丸川珠代環境相:による早期処理を求める首長からの要望に対し、

「責任を分かち合う思いで臨みたい」??

 東京電力福島第1原発事故で発生した宮城県内の指定廃棄物の処分問題で、、、

 終了後、丸川氏は取材に対し「廃棄物の劣化が進み、手入れなしには管理が続けられなくなると分かった。住民に不安を与えている状況を踏まえ、早期処理に取り組む」と強調した。

 の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)を下回った廃棄物を市町村に処理させる方針を巡り、首長から国の責任を問う声が出ていることには「財政的、技術的な部分で国も一緒にやっていく」と理解を求めた。

 棚上げが続く指定廃棄物最終処分場建設にも触れ、「県内1カ所に集約、きちんとした施設で管理、処分するのが望ましい」と従来の方針を繰り返した。

 丸川氏が県内の稲わらなどの農林業系廃棄物を視察するのは初めて。「来るのが遅い」(佐藤勇栗原市長)との批判も出た。丸川氏は「今後は顔の見える関係で進めたい」と話した。村井知事は「大臣が現場を見て地元の声を聞いた意義は大きい」と評価した。


記事の詳細/続き、写真詳細は、上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/16(木) 13:26:24 | | #[ 編集]
6/16 の鍵コメさんへ:まったく真剣でないですね。
6/16 の鍵コメさん、

> 今日は

こんにちは!

人形峠のウラン鉱山から出た廃土を使ってレンガを作り、園芸店で販売していた事件がありましたが、これまでの経過を見ても、
汚染問題をまったく真剣に捉えておらず、また取り組もうとも考えていませんね。
子どもたちが大量に甲状腺がんを発症しても、ガン患者が急激に増加していても、まったく意に介さず、水源地である山に放射性廃棄物の最終処分場を作ろうとしている関係省庁/政府。
それも「国有林」だから勝手に「国」が使えると云う間違った見解が垣間見える情けなさです。
「国有林」は「国」のものではなく、「その領土内に住むヒトビト/生きるものたち」のもの。
勝手に悪行の餌食にされては困ります。
子々孫々、祟る影響は計り知れず。。。目先の事しか考えられない輩が日本の中枢に居座りつづける状況はまさに亡国です。
今回の選挙、有権者は自分だけでなく、日本の「命」が掛かっていると考えて動いて欲しいです。
2016/06/17(金) 09:27:18 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14037-50969ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック