Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(422): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (26)
2016.3.31.: 今年の砂漠は「豊作」〜 エル・ニーニョ現象のお陰で、比較的雨/雪が多くスキー場は5月の第一週頃まで営業継続と云う。野草は、いつもより数週早めに開花し始めた様子で、大好きなデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley NP, CA) へ行っても3月末ではどれ位見られるか分らず不安だったが、折角なのでカリフォルニアに戻り次第、出かけた。

キーラー (Keeler, Inyo County, CA) から眺めるシエラ・ネヴァダ山脈 (Sierra Nevada Mountains) は、どの季節に見ても見事だと思う。秋にはカエデ類やアスペンが赤や黄色の色を添える。

blog 3 Owens Lake, Keeler, Eastern Sierra Nevada, CA_DSC5485-4.1.16.(1).jpg

オーウェンズ・レイク (Owens Lake) のあったオーウェンズ・ヴァレー (Owens Valley) は、シエラ・ネヴァダ山脈とインヨー山系 (Inyo Mountains) / ホワイト山系 (White Mountains) の間に、121 km に渡って南北に横たわる。ホワイト山系は、インヨー山系の北にあり、ネヴァダ州と境を接する。湖底から天に向かって突き出すテューファ (Tufa) で有名なモノ・レイク (Mono Lake) やゴールド・ラッシュ時代の町の廃墟が残るボーディ (Bodi) は、オーウェンズ・ヴァレーの北になる。

blog 3 Owens Lake, Keeler, Eastern Sierra Nevada, CA_DSC5488-4.1.16.(1).jpg

「青い」山脈の印象のシエラ・ネヴァダに比して、インヨー側の山肌はこの色:オーウェンズ・ヴァレーの標高は 1,200 m だが、ヴァレーの両側には 4,000 m 級の山が複数ある。高低差は約 3,000 m 。地溝だ。

ヴァレーの両側にはほぼ平行に走る西側のシエラ断層 (Sierra Nevada Fault) と東側のホワイト・マウンテンズ・フォールト (White Mountains Fault) がある。オーウェンズ・ヴァレーは、度重なる正断層型地震によって形成された世界でも有数の深い谷だそうだ。

blog 3 Owens Lake, Inyo Mountain, CA_DSC5489-4.1.16.(1).jpg

太平洋側から流れて来る湿気は、西側のシエラ・ネヴァダ山脈で落とされてしまうため、東側のホワイト山系やインヨー山系は、乾燥し、樹木がほとんど見られないこのような姿になっている。

blog 3 Owens Lake, Inyo Mountain, CA_DSC5491-4.1.16.(1).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14055-a5dc73f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック