Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
思考の種(500):2)賢者の知恵:「患者の命よりカネ優先」医療関係者ホンネ座談会〜医者が飲まないキケンな薬の恐怖、ほか
1)賢者の知恵:「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている 2016.6.19.(週刊現代)


薬漬け社会」のタブーを斬る

■ 「心の風邪」だと騙されて

うつ病の人は'99年を境に急増しました。同年に抗うつのSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)のルボックス(デプロメール)が認可されたのがきっかけです。

製薬業界はSSRIを売るために、うつ病啓発キャンペーンを大々的に展開しました。『うつ病心の風邪』という言葉が流行して、本来は病気とは言えないような人もうつ病と認定されることになり、薬を処方されるようになったのです」


こう語るのは名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦氏。

実際、下のグラフを見ればわかるように、'96年には43万人程度だった日本のうつ病患者は、わずか12年のうちに100万人を超えるようになった。

また同時期に、地方公務員や公立学校職員などの公務員の「メンタル休職率」も急増している。地方公務員のメンタル休職率は'98年に0・3%程度だったのが、'06年には1%近く、つまり3倍にも増えているのだ。

図表:うつ病の患者数と抗うつ剤市場の推移

うつ病患者の増加は、バブル崩壊後、失われた10年で日本社会にストレスが増えたからなどと語られることもあるが、とうてい社会環境の変化だけでは説明のつかない増え方だ。


図表詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>

関連記事:
6)賢者の知恵:ダマされるな! 医者に出されても飲み続けてはいけない薬〜「メジャーな薬=安心」ではない 2016.6.6.(週刊現代)〜一般的な頭痛薬、降圧剤、抗うつ薬…がはらむ危険



2)
賢者の知恵:「患者の命よりカネ優先」医療関係者ホンネ座談会〜医者が飲まないキケンな薬の恐怖 2016.6.18.(週刊現代)


聞きたくなかった。。。。。

■ 筋肉が溶ける副作用も!

カネのためなら自分が飲みたくないだって出す—大学病院で准教授を務める内科医、開業医、製会社の医情報担当(MR)がホンネで語り合った。

准教授 大学病院の内科医。多忙でも製会社との付き合いも欠かさない
開業医 効果はなくても患者の欲しがるを出す町医者。それもまた仁術
MR   自社のを売り込むべく、日々、大病院に通いつめる医薬情報担当


准教授: 高齢者が薬を飲みすぎないほうがいいのは紛れもない真実で、実際、医者で毎日10錠も薬を飲む人はまずいません。

開業医: 風邪薬なんて飲む医者はいませんよね。寝てれば自然に治りますし、解熱剤で一時的に熱を下げると逆に治りが遅くなりますから。患者は病院に来たお土産代わりに薬を欲しがりますから、私の病院では出しますけれど……。タミフルだって副作用があるから、本当は薬を飲まずゆっくり休むほうがいい。

准教授: 吐き気止めや下痢止めも同じこと。体の毒を出そうとしているところを無理に止めたら、毒が出て行かない。患者本人は苦しいから「どうにかしてくれ」というので、ついロペミンやナウゼリンを出してしまう医者は多いですが……。

開業医: 開業医にとって患者はお客様、神様ですから(笑)。

私自身はコレステロール値が高く、LDLが180を超えていて、薬を飲もうかどうか迷っています。自分のところに来た患者が、それくらいの値なら「薬を飲んでコントロールしましょう」と奨める値ですね。でも自分で薬を飲むかといえば別問題。飲んですぐに効果があるわけではないし、飲み始めたら半永久的になることがわかっているから、躊躇するんです。

医者としては病院に通ってくれる患者が増えれば、それだけ定期収入が増えるので嬉しいんですがね。

MR: やはりコレステロールの薬はよく売れますよ。とくにスタチン系と呼ばれるものですね。

准教授: クレストールが代表的な薬ですが、これはけっこう強い薬。75歳以上の高齢者には、あまり奨められません。心筋梗塞などの既往症がある患者の再発防止にはいいかもしれませんが。

筋肉が溶けてしまう横紋筋融解症、腎不全、こむらがえりなど、いろいろ副作用も指摘されているが、すべての医者がそれを理解しているかは不明。MRは薬のいい面ばかり話して、副作用の話はしないからね。


MR: でも、副作用は薬の添付書にちゃんと書いてありますから。

開業医: そんなの隅から隅まで読むドクターはいないよ。とくに開業医はいろんな病気をカバーしないといけないから忙しいんだ。

MR:もちろん、重大な副作用がある場合はきちんとご説明しますよ。でも私たちの「仕事」は、新しい薬がいかに副作用が少なくて治療効果が高いかということを説明することなので。

准教授: 確かにMRの説明を聞くと、いいことずくめなので、新しい薬を使ってみたくなるのが、医者の素直な気持ちですね。最近開発された血液をサラサラにする薬イグザレルトなんかもそうです。

血液の凝固因子を阻害する薬で、これまでこのタイプの薬は2週間に1度採血しながら処方していたのですが、イグザレルトは採血の必要はないので手軽に処方できる。便利ですが、きちんと血液の状態をチェックしながら処方するわけではないので、実は使いながら不安感もあります。


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>




3)賢者の知恵: 現役医師が実名で証言する「アブない薬」 〜売れている薬の半分以上は、飲み続けないほうがいい 2016.6.15.(週刊現代)


薬漬け社会のタブーに切り込む

特集記事 「医者に出されても飲み続けてはいけない薬」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48812)は、医療業界や患者たちのあいだで大反響を巻き起こした。今回もひきつづき「薬漬け社会」のタブーに切り込む!

■ 意味のない薬が売れている

「オフィス街でのランチタイムを見ていると、食事を終えたサラリーマンたちが一斉に薬を出して飲んでいる光景をよく見かけます。正直、このうち本当に効果がある薬はどれくらいだろうと疑問に思いますね」

こう語るのは、新潟大学名誉教授の医師、岡田正彦氏。

「毎年、国内の薬の売上高ランキング統計が出ます。それを眺めていると、医療界と製薬業界の流行がよくわかります。

まず気が付くのがARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)という高血圧の薬が、ものすごく売れているということ。'14年度の表(最終ページ)を見ても、ベスト10のうちブロプレス、オルメテック、ミカルディスと3つも入ってきている。ARBという降圧剤が製薬会社の稼ぎ頭であることがよくわかります」


14位のディオバンと21位のアジルバを含めると、売れ筋のARBだけで売り上げは年間3300億円を超える。しかし、岡田氏はこれは単なる医療費の無駄遣いだと断言する。

「ARBがそれ以前に使われていたサイアザイド系利尿剤より、患者の寿命を延ばすという証拠はどこにもないのです。私は高血圧の患者さんには薬価の安いサイアザイドを中心に処方しています。サイアザイドにも副作用はありますが、長年使用しているので、どのような副作用であるかよくわかっており、コントロールが効きます。

ARBはたしかに血圧を下げるし、脳卒中の発生率を下げる。しかし、それでも死亡率が下がらないのは、なんらかの副作用の影響があるのではないか
(岡田氏)

実際、現在使われているARBを旧来の薬価の安いサイアザイドやカルシウム拮抗薬に代えれば、降圧剤に使われる薬代は7割も削減できるという推計もある。ちなみにブロプレス8mgを1年間飲み続けた場合の薬代(3割負担)は年間で約1万5000円だ。

そもそも血圧を下げる必要がない人にまで降圧剤が処方されているケースも多い。


写真詳細、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14093-21521465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック