Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
S22 木村草太 × 荻上チキ「『憲法改正』をめぐる、各党のスタンス」2016.07.04.
S22 木村草太 × 荻上チキ「『憲法改正』をめぐる、各党のスタンス」2016.07.04.


 注意しなければいけないのは、一口に改憲と言いましても,そこには色々な分野がありまして、また改憲勢力と一括りにされる自民,公明、大阪維新といった勢力が主張が一致していないわけですね。一括りに改憲勢力とまとめるのは、あまり意味が無いですし、まとめるのであれば、例えば教育無償化改憲派がどれ位で,九条改憲派がどれ位でって言う風に見て行かないと,意味のある議論にはなって行かないと思います。

 そこで今日は4つのポイントに分けて,分析をして行きたいなと思っております:

1)まずは、公約マニフェストでどの位、どのような提案をしているのか、公約での改憲提案、これが、ま、一つですね。

2)二つ目に、今回のテーマ、憲法に関わる重要なテーマとして,昨年制定された安保法制、違憲の疑いが非常に強いと云われている安保法制ですが、これについて各党がどういう態度を取っているのか,というのは憲法に関連して非常に重要な論点かと思われます。

3)そしてまた改憲と云うと注目が集まるのが憲法九条ですけれども、憲法九条の改正、これがどのような形で議論されているのか、これが3つ目ですね。

4)そして今回、自民党の,これ私、後で見ますけれども、あまり具体的な事は書いてないんですが,一方で、自民党は2012年に改憲草案と云うのを出している訳ですね。ですから、これについて各党がどういう態度を取っているのか、また、改憲草案の内容がどういうものなのか,と云う事も含めて、検討しなきゃいけない。

この4つのポイントで見て行くべきだと思います。



(51:14) Published on Jul 4, 2016 by sorano mukou:



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14153-97934689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック