Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
思考の種(501):合法的に国家を乗っ取った 安倍独裁首相の次なる野望 2016.7.(日刊ゲンダイ)ほか
1)合法的に国家を乗っ取った 安倍独裁首相の次なる野望 <1> 2016.7.(日刊ゲンダイ)


アメとムチを駆使したメディアの懐柔策

メディアへの怯えと権力者のおごり

ナチスさながら静かに進行したクーデター

 9年前の夏。土気色に染まった表情で辞任を表明した男と同じ人物とは思えないようなニヤケ面だった。

 自主憲法の制定を訴えたが、60年安保の狂騒の果てに志半ばで退任に追い込まれた岸信介元首相。そんな祖父の遺志で、自らの悲願である「改憲」に賛同する勢力が衆参で、ついに3分の2に達したのだ。安倍首相にとって07年の参院選で歴史的大敗を喫した屈辱、さらに祖父の「怨念」を晴らすには十分すぎるほどの“成果”だろう。

 安倍首相の再登板から約3年半。悪名高い大政翼賛会以来の圧倒的多数を制したプロセスは、アメとムチを駆使したメディアの懐柔策を抜きには語れない。

 まず手始めに安倍は、第1次政権時代に従軍慰安婦のドキュメントを巡って関係が悪化したNHK人事にロコツに介入した。3年前に会長職の決定権を握る経営委員に“シンパ”を送り込み、政権のイエスマン、籾井勝人会長を誕生させた。公共放送をあっさり籠絡すると、朝日新聞に狙いを定め、「安倍政権打倒が社是」と難クセ。。。

 安倍政権の策謀とメディアの自滅――。その濁流の中でテレビから政権に批判的なコメンテーターも一掃された。

 かくして「改憲は狂騒、狂乱の中で決めて欲しくない」とし、ナチスの手口に学べ」と言い放った麻生財務相のホンネ通り、安倍政権は合法的クーデターを3年がかりで静かに完成させたのである。


記事の続き、詳細は,上の タイトルから元記事へ>>





2)合法的に国家を乗っ取った 安倍独裁首相の次なる野望 <2> 2016.7.(日刊ゲンダイ)


「参院自民単独過半数」は成らず:

安倍は実は、ご機嫌斜め


■ この結果を「善戦」と言う野党の負け犬根性

 衆参両院で改憲勢力3分の2を確保しニンマリの安倍首相。だが、もうひとつ虎視眈々と狙っていた27年ぶりの「参院自民単独過半数」は逃した。達成に必要な57議席にあと1議席足りず、安倍は実は、ご機嫌斜めだという。


記事の続きは,上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14201-1e1cc288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック