Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Cambodia / カンボジア (187)〜 ベンメレ (Beng Mealea) 「ハスの池」寺院(13)
2013.12.3.:カンボジアの人口約20万のシェムリアップ (Siem Reap) にあるアンコール・ワット (Angkor Wat) 遺跡群から東へ約40 kmの距離にある「ハスの池」と云う意味を持つ遺跡、ベング・メアレア/ベンメレ (Beng Mealea) の遺跡訪問中。

伝統舞踊劇団の一員と云う若い女性の案内で、ほぼ廃墟の「ハスの池」寺院の中を歩く。屋根が陥没してしまっている石造りの寺院の内部は、周囲を覆う樹々の葉の緑と湿気で増えつづけるカビ、苔類の緑色に染まっている。

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

生木も絞め殺してしまうストラングリング・フィッグ (Strangling Fig) や蔦のような植物が,建物内部に侵入しつつある状態だ。

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

大小さまざまな蔦/枝が,内からも外からも入り込む。

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

辛うじて屋根の部分が残っている回廊には、まだ植物の侵入者は見えない。が、足下には大小の石材が散乱しており,脚の踏み場も無い状態だ。

blog 230 Cambodia, Beng Mealea


これは一体何だったのだろう?!樹の根だったのか、それともレリーフか?

blog 230 Cambodia, Beng Mealea

blog 230 Cambodia, Beng Mealea


スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
この写真見てて思いますよ
人間の作った文明も自然の前には戻って行ってしまうんですね
一度手を加えた自然は将来にわたって維持管理してかないとダメなんだなとも思いますし何となく廃村の風景を思い出してしまいますよ、廃屋に竹が生え木が生えして朽ちて行くのと同じだな 山に入りますと捨て置かれた廃屋が不気味ですよ
ここで生活が営まれていたなんてわかるは私らの代までかな 子供たちの代にはもう跡形もなくなってるなって思いますね、きっと山にも入らんでしょうね
2016/07/26(火) 18:09:55 | URL | EGUTI YOUSUKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:ヒト類
EGUTI YOUSUKEさん、こんにちは。

> この写真見てて思いますよ
> 人間の作った文明も自然の前には戻って行ってしまうんですね

ここ10年+位の間に、ヒト類が絶滅した後,地球はどうなるか,と云うテーマの本が結構出ているのですが、そんなヒトの思惑に関係なく、自然がすべてを覆い尽くす的な話になりますね。今,一番,地球を破壊しているのはヒト類ですから、ヒト類が居なくなれば、地球は「皮膚病」の原因が無くなったと喜ぶかもですね?!

> 一度手を加えた自然は将来にわたって維持管理してかないとダメなんだなとも思いますし何となく廃村の風景を思い出してしまいますよ、廃屋に竹が生え木が生えして朽ちて行くのと同じだな 山に入りますと捨て置かれた廃屋が不気味ですよ
> ここで生活が営まれていたなんてわかるは私らの代までかな 子供たちの代にはもう跡形もなくなってるなって思いますね、きっと山にも入らんでしょうね

僻地の廃村も増えているのでしょうね。25歳の頃に,これから先の人生をどうするかと考えたことがありますが、3つ考えた選択肢の一つが農業に従事する/自給自足の隠遁生活でした。結局、その道は選ばず、でしたが、今でも考えてますね。
廃村になるような場所で、農業ができる場所、探してみようか、と。
2016/07/28(木) 04:57:53 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14211-efca760a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック