Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
SS22 荻上チキ x 片山杜秀:「二・二六事件」 2014.02.26. (TBS ラジオ)
SS22 荻上チキ x 片山杜秀:「二・二六事件」 2014.02.26. (TBS ラジオ)


二・二六事件 ~ 改めて考えるクーデター

発生の背景と教訓~


(1:03:10)


Published on Feb 26, 2014 by sorano mukou:2014年02月26日(水)荻上チキSession22

■テーマ:二・二六事件~改めて考えるクーデター発生の背景と教訓~

■ゲスト:『未完のファシズム』『近代日本の右翼思想』などの著者〜慶應義塾大学教授の片山杜秀さん

■電話ゲスト
二・二六事件の時にラジオで「兵に告ぐ」を聴いていたという放送史研究家の竹山昭子さん
 
◎当時小学一年生だったが、住んでいた杉並区にも戒厳令が敷かれていた。
 緊迫した空気の中、居間からラジオが聞こえてきた。「兵に告ぐ」だった。
 子供なので内容はわからなかったが、父と母は涙を流しながら聞いていた...

荻上チキSession22 「終戦の日に考える。玉音放送とラジオの役割とは?」2013.08.15  
(http://www.youtube.com/watch?v=9H4MsM...)




■インタビュー:赤坂「一ツ木通り」にある商店街に、当時の事を覚えているという方がいらっしゃったので、インタビューしました。

 ▼大正8年創業の和菓子屋「松月」の西尾悦子さん(84)
  クーデター側の司令部となった山王ホテルで血染めの日章旗が揚がったと聞いて、番頭さんに手を引かれて観に行った。雪が降る夜だった...

 ▼明治44年創業「金松堂書店」の西家忠夫さん(88)

  反乱軍を制圧するため、一ツ木通りに、土嚢ではなく「雪嚢」で銃座を作り機関銃を並べていたのを覚えている。農村には花柳界に兄弟を身売りしないと生計をたてられない家族も多くいた。赤坂という土地柄、よく目にした...

荻上チキSession22ツイッター

メインパーソナリィ荻上チキ  アシスタント南部広美




スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14240-f8c2ed3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック