Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
自由なラジオ、 Light Up!  15回 :「国策紙芝居」を知っていますか? 〜 2016.7.11.
自由なラジオ、 Light Up!  15回 :「国策紙芝居」を知っていますか? 〜 2016.7.11.


人気メディアを巧みに利用して幼い心を

洗脳していった国家権力の恐怖


(53:57)


Published on Jul 11, 2016 by 自由なラジオ Light Up!:

パーソナリティ : アーサー・ビナード (詩人)
ゲスト : 長野ヒデ子さん(絵本・紙芝居作家)


詩人のアーサー・ビナードが、絵本や紙芝居の出版社・童心社にあります「KAMISHIBAI HALL」におじゃまして、作家の長野ヒデ子さんにお話をうかがいました。

長野ヒデ子さんの代表作には、「せとうちたいこさん」シリーズや「おかあさんがおかあさんになった日」など数々のロングセラーがあります。アーサーは、その「おかあさんがおかあさんになった日」の英語版、“The Day I Became Your Mom"(2016年1月)の英訳を担当しました。長野さんとはそれからのおつきあいです。この絵本は、おかあさんがはじめて赤ちゃんを産む不安と期待と喜びを描いた絵本で、世に出てから約25年が経つ今でも、たくさんの人々に愛されている一冊です。



番組前半では、「おかあさんがおかあさんになった日」がどのようにして誕生したのかについて伺いました。絵本作家と詩人が自然の営みの大切さを語るうちに、「生まれる」とは一体どんな意味をもつのか、そんなことがはっきりと見えてくる時間となりました。

番組後半のテーマは、「国策紙芝居」です。子供たちが目を輝かせて見つめ耳を傾ける紙芝居は、日本が生んだすばらしい文化です。しかし、そのとても豊かな表現力、訴求力が故に、戦争中には国によって戦争の正しさを流布したり、戦意高揚の道具として利用された暗い歴史があります。国策紙芝居とはどんなものだったのか、それを巧みに利用した結果何が起こったのかについて、長野ヒデ子さんに伺いました。

そして今、テレビやインターネットといったメディア、いわば現代の電動紙芝居で、政権の中の登場人物がやろうとしていることとは一体……?

長野ヒデ子さんはお話の最後に、インタビューなどでは誰にも話したことがないこととおっしゃいながら、どうして「いのち」をテーマにした作品を書き続けるのかについて、5歳の頃の衝撃的な記憶を、ぽつりぽつりと語りはじめました……。


<Light Up! ジャーナル>

高レベル放射性廃棄物は、どこに

どう捨てる? 何十万年もおもりが

できる保証がどこにある!?


今回は、大阪のスタジオから、大阪担当のパーソナリティ西谷文和が、元京都大学原子炉実験所助教の今中哲二さんにお話を伺います。九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町の岸本英雄町長が、原発から出る「高レベル放射性廃棄物」(核のごみ)の最終処分場受け入れに前向きな意向を明らかにしたことにからみ、「高レベル放射性廃棄物」をどう保管していくべきか? について伺いました。


自由なラジオ Light Up!【公式】: http://jiyunaradio.jp/

Twitter【公式】: https://twitter.com/jiyunaradio

facebook【公式】: https://www.facebook.com/jiyunaradio/


寄付は、

郵便振替 00920-0-309110
口座名 自由なラジオ
ゆうちょ銀行 四〇八店 普通 6855587
シャ)自由なラジオ




スポンサーサイト

テーマ:表現規制問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
真理はあなたを自由にする。
右翼や軍国主義を喧伝する、
石原慎太郎や百田尚樹。
国策紙芝居に軍国主義教育。
これらの悪影響を無効化するには、
真実を告げる、
人道主義や平和、
差別の撤廃を語る、
軍国主義に拮抗する芸術が必須です。
自由闊達な人間性を歪め狭め、
良心や善意や友愛を踏みにじる狂気の芸術には、
良心や善意や友愛や博愛、
憐れみや慈悲や公正や情け、
これらを歌う詩で戦わなければ。
十人、百人、千人のトルストイや、
数え切れないほどの宮沢賢治や、
愛を歌う美輪明宏が、
出て来なければならないのです。
2016/08/06(土) 22:34:13 | URL | motomasaong #-[ 編集]
motomasaongさんへ : 真理はあなたを自由にする。
motomasaongさん、こんにちは。

> 右翼や軍国主義を喧伝する、 石原慎太郎や百田尚樹。
> 国策紙芝居に軍国主義教育。
> これらの悪影響を無効化するには、真実を告げる、人道主義や平和、 差別の撤廃を語る、 軍国主義に拮抗する芸術が必須です。
> 自由闊達な人間性を歪め狭め、良心や善意や友愛を踏みにじる狂気の芸術には、良心や善意や友愛や博愛、憐れみや慈悲や公正や情け、 これらを歌う詩で戦わなければ。
> 十人、百人、千人のトルストイや、数え切れないほどの宮沢賢治や、 愛を歌う美輪明宏が、出て来なければならないのです。

原発事故後、日本の中枢を動かしていた負の部分が一気に表に出て来た印象ですが、仰るように、真実に基づいた人道主義的芸術を増々高め,広めることが必要ですね。
2016/08/07(日) 05:37:59 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14275-2c417e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック