Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
アメリカ全州訪問の旅 第1部(188)The Grand Tour - Part I "California to Ohio" 〜 Glacier NP, MT to Wyoming (67)
2007.8.7.:グランド・ティートン国立公園 (Grand Teton National Park) でキャセドラル・グループ (Cathedral Group) のグランド・ティートン (Grand Teton) 4,199 m やマウント・オーウェン (Mount Owen) 3,940 m の勇姿を堪能。197-(189-191) 号線南でロッキー山脈 (Rocky Mountains) を横に眺めながら南下、80号線を目指す。

ワイオミング西部の丁度南北真ん中辺に到着:ボンデュラント (Bondurant) と同じサブレット郡にあるパインデイル (Pinedale, Sublette County, WY) の郊外、道路脇にも草の刈られた牧場の奥にもラビットブラッシュ (Rabbitbrush) 、学名:(Ericameria nauseosa) の黄色い花が見える。

と、カリフォルニアでは見掛けない動物が食事中。北米西部内陸と中西部に棲息するプロングホーン (Pronghorn) 、別名アメリカン・アンテロープ (American Antelope) 、学名: (Antilocapra americana) だ。

blog TAKE 99 Wyomoing, Pronghorn, Pinedale, 197S to 80 27476-8.7.07.jpg

♀と子どもたちの家族だ。キリン科に属する動物で,キリンやオカピに一番近い種と言われている。
♂の体長は1.3–1.5 m 、体高は81–104 cm 、体重は40–65 kg ;♀の体高は♂と同じだが、体重は34–48 kg 。
お尻、脇腹、胸、お腹、喉の辺の毛は白い。

プロングホーンの存在は、16世紀にスペインの探検隊が記録しているが、そのまま捨て置かれた。1804-1806年のルウィス & クラーク探検隊が正式に調査した最初のグループらしい。また、最初にプロングホーンを殺したのは、クラーク少尉で、場所は現在のネブラスカ州のナイオブララ川 (the Niobrara River) の河口だったそうだ。

blog TAKE 99 Wyomoing, Pronghorn, Pinedale 2, 197S to 80 27478-8.7.07.jpg

少し離れて,若い♂と見られるプロングホーンが座り込んで口をモグモグさせていたが、こちらに気づいている。

blog TAKE 99 Wyomoing, Pronghorn, Pinedale 2, 197S to 80 27480-8.7.07.jpg

立派な角を持つ成獣の♂は、カメラに気づいて少し警戒気味。背後には太陽の光が射し込み、カナダ雁の大群が食事中だった。

blog TAKE 99 Wyomoing, Pronghorn, Pinedale 2, 197S to 80 27482-8.7.07.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最後の写真、大きい画面で見てみたいです。素晴らしいですね
2016/09/27(火) 22:40:47 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14559-73dfd998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック