Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
アメリカ全州訪問の旅 第1部(200)The Grand Tour - Part I "California to Ohio" 〜 Glacier NP, MT to Wyoming to Nevada (79)
2007.8.8.:今回が初訪問のワイオミング州とネヴァダ州の州境にあるグレイト・ベイスィン・ナショナル・パーク (Great Basin National Park) スィーニック・ドライヴ (Scenic Drive) で国立公園内の最高峰、3,982 mのウィーラー・ピーク (Wheeler Peak, White Pine County, NV) へ。

砂漠地帯には通常見られないアスペン (Aspen) の森を抜けるハイキング・トレイルを辿り,植物の状況を見た後、周辺の何となく落ち着かない雰囲気に注意を払い、車に戻り、ネヴァダ州を6 | 50号線で南下しアラモ (Alamo, Lincoln County, NV) を目指す。

通常は銀緑色のセイジブラッシュ (Sagebrush) が茶色く焼けてしまったウィーラー麓近辺に放置されていた,アル・カポネ時代のような車。

blog TAKE 99 Great Basin, Old Car, near Wheeler 2_27573-8.8.07.jpg

この草地には簡単なワイア張りの柵が見えるので、牧場として使われている私有地かと思われる。

blog TAKE 99 Great Basin, Old Car, near Wheeler 27572-8.8.07.jpg

アラモへ行く途中標高1,000m前後のサクラメント・パス (Sacramento Pass, NV) を通過。峠の上部から見下ろすと,緑豊かな土地のように見えるが、緑色は塩分や乾燥に強いクレオソート・ブッシュ (Creosote Bush) 。

blog TAKE 99 Great Basin, Sacramento Pass 27586-8.8.07.jpg

そして目立つ送電線。電柱は木製だ。

blog TAKE 99 Great Basin, Sacramento Pass on the way to Alamo 27587-8.8.07.jpg

砂漠地帯でもよく見かけるガムウィード (Gumweed) 、学名: (grindelia squarosa) 。リノ (Reno, NV) にあるネヴァダ大学の研究者達が,この植物から燃料を生み出すプロジェクトを進めていると云う。

blog TAKE 99 Great Basin, Gum Plant, Sacramento Pass on the way to Alamo_27589-8.8.07.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
送電線網も見事な眺めですね
米国は広いから隅々まで電気送るは送電損も大きいからかなり昇圧するんだろうな
福島・群馬からの日本での東京への送電網もびっくりするが電気も地産地消が出来ればロス損がなくなるなって考えますね
2016/10/10(月) 08:41:56 | URL | EGUTI YOUSUKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:送電線
EGUTI YOUSUKEさん、こんにちは。

> 送電線網も見事な眺めですね
> 米国は広いから隅々まで電気送るは送電損も大きいからかなり昇圧するんだろうな
> 福島・群馬からの日本での東京への送電網もびっくりするが電気も地産地消が出来ればロス損がなくなるなって考えますね

送電中に失われる電力の割合,かなり高かったですよね。
太陽光と家庭用小型風力を組み合わせれば、一戸ずつ、独立した電力供給が可能だと思うのですが、それを売りにしている企業はまだ数が少ないです?!
蓄電の問題も大分解決されて来ているし,間もなくできるようになるのではと期待してます。
2016/10/11(火) 16:26:52 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14612-af8daf7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック