Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
アメリカ全州訪問の旅 第1部(208)The Grand Tour - Part I "California to Ohio" 〜 Glacier NP, MT to Wyoming, Nevada to Utah (87)
2007.8.9.:ラス・ヴェガス (Las Vegas) から150km程北にある人口1,100前後の小さな砂漠の町、アラモ (Alamo, Lincoln County, NV) 近辺で、「刑務所があるからヒッチハイキング禁止」立て看板を見た後、93号線を北上し6号線に移り、ユタ州との州境にある砂丘に到着。

15,000年程前、レイク・ボンヴィル (Lake Bonneville) の湖底だったこの砂丘の稜線を楽しみながら,更に奥に進む。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Dune 27637-8.9.07.jpg

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Dune & Sky 27635-8.9.07.jpg

まだ目立った植物の姿はないが、右手奥に少し緑が見えて来た。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Dune & Sky 27636-8.9.07.jpg

丸く育っている植物は,プリックリー・ロッスィアン・ス (th)ィスル (Prickly Russian Thistle) 、ウィンドウィッチ (Windwitch) 、タンブルウィード (Tumbleweed) 、学名:(Kali tragus) らしい。西部劇などで,風に吹かれてコロコロと廻りながら流れてゆくあの植物だ。

この植物は元来がユーラシア大陸のものだが、1870年代にサウス・ダコタ (South Dakota) に持ち込まれたフラックスの種に混じって新大陸へ渡ったらしい。これが一番馴染みのある姿だが、同じ仲間が1種ではなく他にも2−3種同時期に入って来たと云う。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Dune & Sky 27638-8.9.07.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうか隆起してできた砂漠なんだって前の説明で納得
砂漠は風紋がいいですね、ここも朝早くじゃないと足跡だらけになっちゃうかな
規模が違うからいいかな
2016/10/17(月) 16:46:07 | URL | EGUTI YOUSUKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:風紋
EGUTI YOUSUKEさん、こんにちは。

> そうか隆起してできた砂漠なんだって前の説明で納得
> 砂漠は風紋がいいですね、ここも朝早くじゃないと足跡だらけになっちゃうかな
> 規模が違うからいいかな

日本はアメリカの一州、カリフォルニアにスッポリ入ってしまう大きさですから、ユタ州のこの砂丘がヒトの足跡だらけになることは、まず無いですね。
カリフォルニアのデス・ヴァレーの砂丘は、賑わうので,足跡問題が出ますけど。。。
2016/10/17(月) 17:00:09 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14646-6462b002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック