Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
アメリカ全州訪問の旅 第1部(217)The Grand Tour - Part I "California to Ohio" 〜 Glacier NP, MT to Wyoming, Nevada to Utah (96)
2007.8.9.:ラス・ヴェガス (Las Vegas) から150km程北にある人口1,100前後の小さな砂漠の町、アラモ (Alamo, Lincoln County, NV) 近辺で、「刑務所があるからヒッチハイキング禁止」立て看板を見た後、93号線を北上し6号線に移り、ユタ州との州境にある砂丘に到着。

15,000年程前、レイク・ボンヴィル (Lake Bonneville) の湖底だったこの砂丘リトル・サハラ (Little Sahara, Juab County, UT) 、更に高い部分へ進む。快晴。

砂漠はまだまだ続くのだが、そろそろ引き返す時間。ジュニパー (Juniper) は通常もっとワサワサと云う感じに伸びた枝が丸い樹影を造っている印象なのだが。。。この樹も、左側に見える木のように死んで株だけになってしまうのだろうか。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Dune, Tree & Sky 27696-8.9.07.jpg

等と考えながら U ターン。同じ道を辿り,入り口へ向かう。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Dune, Tree & Sky 27697-8.9.07.jpg

途中、立っている木が全部、元の形を保ちながら、死んでしまっている場所があった。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Dune, Tree & Sky 27701-8.9.07.jpg

93号線からリトル・サハラへ入る道の道標。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Road Sign 27707-8.10.07.jpg

デルタ (Delta, Millard County, UT) の町が近いので、この日の宿を探す事にした。人口は3,500前後。開墾する事を条件に、40エーカーの土地の無料配布で入植者を募り、造成された町だが、元来は,鉄道のお陰で出来た町だ。

第二次世界大戦中には,すぐ近くのトパーズ (Topaz) には強制収容所 (the Central Utah Relocation Center) が設置され,サン・フランシスコ湾岸の日系アメリカ人、日本人が収容されていた。

blog TAKE 100 Delta, 93N, Little Sahara, Motel 27708-8.9.07.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へぇ〜〜これだけの砂漠が元は湖だったんですか!
どういう状況で砂漠化シたのか不思議ですね〜〜

宿の予約を取らないで、出かけても大丈夫なんですか? それもすごいですね。度胸もないとね^^;
2016/10/26(水) 20:00:47 | URL | われもこう #-[ 編集]
われもこうさんへ:干上がった川
われもこうさん、こんばんは。

> へぇ〜〜これだけの砂漠が元は湖だったんですか!
> どういう状況で砂漠化シたのか不思議ですね〜〜

昔はこの湖に流れ込む川があったらしいです。
地殻変動などでそれが干上がってしまったために、湖も底が露呈されたと云うことのようですよ。
規模が規模なので,どんだけ大きな湖があったのか、どんな地殻変動があったのか,等など,想像してしまいますね。

> 宿の予約を取らないで、出かけても大丈夫なんですか? それもすごいですね。度胸もないとね^^;

観光シーズン、特に夏休み等はできるだけ予約を入れるようにしてます。
宿が無くて夜中に何百キロも走り廻った事もありますから!
2016/10/31(月) 17:53:58 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14696-3586bdbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック