Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
アメリカ全州訪問の旅 第1部(234)The Grand Tour - Part I "California to Ohio" 〜 Glacier NP, MT to Wyoming, Nevada, Utah, Nevada, CA, Idaho & to OR (113)
2007.9.9.:アイダホ州からオレゴン州に入り,オレゴン東部にある完新世(沖積世に同じ)、3,200年程前に流れ出し固まった玄武岩の溶岩地帯、ジョーダン・ヴァレー (Jordan Valley, Malheur CO., OR) 近くのジョーダン・ヴァレー・ヴォルカニック・フィールド (Jordan Valley Volcanic Field) に立ち寄る。この地区は何度も通過しているのだが、この溶岩地帯に足を踏み入れた事がなかった。

blog TAKE 103 Jordan Craters, OR_DSC0058-9.9.07.jpg

3,200年程前の溶岩が流れ出していた時代に、この場所にいなくて良かったと思わせられる景観:想像するだに恐ろしい程の火山活動だったろうと思う。

blog TAKE 103 Jordan Craters, OR_DSC0059-9.9.07.jpg

川のように真っ赤な溶岩が流れたであろう「溶岩の川」の跡。

blog TAKE 103 Jordan Craters, OR_DSC0061-9.9.07.jpg

流れ出した溶岩の温度が下がって来たのだろうか、粘着性が増した様子が見える溶岩の塊。

blog TAKE 103 Jordan Craters, OR_DSC0063-9.9.07.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は
川のように真っ赤な溶岩が流れたであろう「溶岩の川」⇒リアルで、想像すると恐くなるぐらいです
こういう場面をみることになったとしたら、もう絶対絶命で、私は足が一歩も動かないでしょう
2016/11/12(土) 23:00:05 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:「溶岩の川」
チャンコナベさん、

> 今晩は

こんばんは!

> 川のように真っ赤な溶岩が流れたであろう「溶岩の川」⇒リアルで、想像すると恐くなるぐらいです
> こういう場面をみることになったとしたら、もう絶対絶命で、私は足が一歩も動かないでしょう

火山を研究する学者の中には、噴火に巻き込まれて落命された方もいますね。
イタリアのポンペイのような場所も残っているし、、、
考えてみると、縄文時代から比較的「平穏」な自然状況が続いているのは奇蹟に近いのかも知れませんね。
(核の事故はヒトが生み出したものですから、それを除いて)
2016/11/15(火) 21:10:02 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14788-c07adf8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック