Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Cambodia / カンボジア (217)〜 ロルオス寺院群 (Roluos temples) (10)
2013.12.4.:カンボジアのロルオス寺院群の中のローライ寺院を見学後、 ローライ (Lolei) とバコン (Bakong) の中間にあるプレア・コー (Preah Ko) 寺院へ。

プレア・コー寺院は、879年にインドラヴァーマン王一世 (King Indravarman I) が、両親、母方の祖父母と先代の王、ジャヤヴァーマ2世の慰霊のために建造した寺院とのことだ。

1990年代にドイツの支援で復興修理がされたプレア・コー寺院には、3基の塔が2列に並んでおり、男性側の慰霊塔の入り口左右には屈強な体躯のデヴァータ (Devata) が彫られている。

このデヴァータの頭の部分が、下のデヴァータに比べて小さく左側には破損の跡が見える。下のものもそうだが、一度大幅な修理が施されたのではないかと想像するが、未確認。このデヴァータの頭部は、他から持ってこられたものか?!

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko, Devata_DSC0177-12.4.13.(1).jpg

が、いずれのデヴァータも、顔が四角い。アンコール・トム (Angkor Thom) のお堀を渡る南門の入り口で見たナーガ (Naga) を持つデヴァータの表情に近い。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko, Devata_DSC0179-12.4.13.(1).jpg

そして塔の入り口の鴨居の部分には、キリスト教のドクロのようにカラ (Kala) が彫り込まれている。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko (R)_DSC0174-12.4.13.(1).jpg

大きな口を開けたカラの上下左右には、様々な姿の人物像が配置されている:口の左右に置かれた馬上の人物像、顎の下部には武器を持ち戦っている戦士のような姿も見える。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko, Kala_DSC0176-12.4.13.(1).jpg

塔の建立されている台座からライオンが守る階段を降りると、砂岩の三和土らしきものがあり、先祖の慰霊のために細やかな配慮がなされた様子がうかがえる。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko_DSC0173-12.4.13.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
石の建築物・彫刻だから修理
できるんだなって改めて思いますよ
日本の木造だとこうはいかないだろうな
燃えたり・腐ったりしちゃうからな
日本の国宝に油みたいなものを掛けたって外国人観光客には本当に腹が立ちましたよ、いろいろな考えの人がいるのは分かるが他国の文化・土着の文化を認めないのは許せんよ
2016/12/07(水) 10:49:37 | URL | EGUTI YOUSUKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:木造製品|建造物の修復
EGUTI YOUSUKEさん、こんばんは。

> 石の建築物・彫刻だから修理
> できるんだなって改めて思いますよ
> 日本の木造だとこうはいかないだろうな
> 燃えたり・腐ったりしちゃうからな

日本の仏像など、大分修理|修復されているものもありますよ。
建造物も同じ。
ただ伊勢神宮などのように、技術継承のためもあって20年毎の建て替えがされるものもありますが。

イスラム圏にある仏像やキリスト教関連の像は、どうしようもないほどメチャクチャに破壊されてしまったものが多く、
誤った狂信的信心は、困ったものです。

> 日本の国宝に油みたいなものを掛けたって外国人観光客には本当に腹が立ちましたよ、いろいろな考えの人がいるのは分かるが他国の文化・土着の文化を認めないのは許せんよ

全くその通りです。
2016/12/08(木) 16:58:07 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14885-266f9332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック