Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ 595:2016年シーズン開幕 (72) 〜 Steer Wrestling
ロデオ大会 (Rodeo) で活躍する牛や馬は、非常に優秀だ。特に訓練の行き届いた馬が出場する唯一のカウガール (Cowgirl) のロデオ競技、バレル・レイスィング (Barrel Racing) とカウボーイの単独ローピング競技、タイ・ダウン・ローピング (Tie-Down Roping) を前記事で紹介した。

もう一つの、全速で走る馬上から、牛を取り押さえるブルドッギング (Bulldogging) と云う別名を持つスティア・レスリング (Steer Wrestling) がある。4歳未満の雄牛が捕獲の対象だが、これは牧場で必要な技ではない。

実際に牛を取り押さえるスティア・レスラー (Steer Wrestler) と牛をスティア・レスラーに寄せる役目のヘイザー (Hazer) から成り立っている。

寄せられた牛に、馬上から伸ばした腕で頭部を捉え、左手で角を掴み、体全体を牛に掛けて地上に降り立つ。

blog (6x4@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Steer Wrestling 6, Dane Browning (11.5) 3_DSC8813-4.24.16.(2)

脚|踵を、耕された地につけてブレーキを掛けながら、その勢いで牡牛を倒す競技で、四つ足が天を向けば完了。
体の大きなカウボーイに有利な競技で、大男の競技 (Big Man's Event) として知られている。

写真のカウボーイはデイン。記録11.5秒で賞金圏外だった。優勝、入賞者は3、4、遅くとも5秒台だ。

blog (6x4@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Steer Wrestling 6, Dane Browning (11.5) 2_DSC8825-4.24.16.(2).jpg

そんな大男の競技の中で異彩を放っているのが、写真のジョッシュ。
体を移動させる様子や、ブレーキを掛けながら、反動を利用して牡牛を押さえる様子がうかがえるかと思う。

blog (6x4@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Steer Wrestling 5, Josh Garner (6.6) 2_DSC8803-4.24.16.(2).jpg

技で大男を抑え、優勝することも多い。この大会では6.6秒で、賞金圏内に入っていた。
左側の馬は、牡牛を寄せたヘイザーのもの。接近するので、寄せるにも技が要る。

blog (6x4@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Steer Wrestling 5, Josh Garner (6.6) 2_DSC8806-4.24.16.(2).jpg


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14926-11eaf01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック