Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
亡国外交:北方領土献上も同然 ロシア報道が伝えた(歴史に名を残すことしか頭にない)安倍首相の裏切り 2016.12.16. (日刊ゲンダイ)ほか
亡国外交:領土問題を安全保障問題にした

暴君
〜原発問題と同じ、自滅政策

安倍首相は歴史に名を残すことしか

頭にない。
それで功を焦り、甘い見立てで突っ走ってしまう。期待だけさせて、結局は何の進展もなく、いいとこ取りだけされるのは、北朝鮮の拉致問題と一緒です。あれこれ手を出して食い散らかすだけで、かえって解決を遠のかせてしまう。そのトバッチリを受けるのは国民です。絵に描いたような無定見外交で、無理筋と知りながら、夜郎自大で期待をあおるのは、非常に罪作りだと思います」(政治評論家・野上忠興氏)



1)北方領土献上も同然 ロシア報道が伝えた安倍首相の裏切り 2016.12.16. (日刊ゲンダイ)


会談終了直後に、すぐさま配信された

ロシア国営「タス通信」の報道

 問題は具体的な合意の中身で、ウシャコフ補佐官が「共同経済活動はロシアの法律だけに基づいて行われる」と強調したことだ。

■「自国の法律の下で」

 安倍首相はプーチンに北方領土を献上したも同然である。ロシアの法律の下での活動合意は「不法占拠された北方領土の主権回復」という原則が崩れ、ロシアの主権を認めることに他ならないからだ。


写真、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>




2)プーチンにやられた12・15 安倍「北方領土交渉」無残な結末 「2島返還+α」から「0島返還」へ 2016.12.12.(習慣現代)

大山鳴動してネズミ一匹とはこのことか。「2島返還+α」と言っていたのが、いまや「0島返還」加えて1兆円ものカネをロシアに掠め取られようとしている。「プーチン一本勝ち」の日ロ交渉を追う。

▪️「プーチン特需」に沸く山口




山口宇部空港から山間の国道316号線を車で走ること1時間10分余り、蛇行する音信川の川縁に、収容人数550名を誇る巨大な建造物が、その威容を現した。安倍晋三首相のお膝元、山口県が誇る天皇皇后も泊まった最高級旅館「大谷山荘」である。

安倍首相は12月15日、長門市湯本地区に聳えるこの創業62年の老舗旅館に、ロシアのプーチン大統領を案内する予定だ。

12月初旬、本誌記者がこの地を訪れると、国道沿いの4ヵ所に、「歓迎 日露首脳会談」と書かれた横断幕が掲げられ、異様な光景が広がっていた。ダンプカーやトラックなどがせわしげに行き交い、地元住民たちが「プーチン特需」と呼ぶ大型工事が、急ピッチで執り行われていたのだ。

国道の補修工事をしていた作業員が語る。

「自分たちは誰もロシア人なんか見たことありませんが、プーチン大統領が来るから道路の補修や塗装をやるようにと言われ、急遽、作業員を駆り集めました。ここは過疎化まっしぐらで、若者の就職先などない。それが安倍首相のおかげで、久々の大仕事ですよ」

行われているのは、道路工事だけではなかった。橋やトンネルの補修や塗装工事、道路沿いの樹木の伐採なども、大規模に行われていた。

また、湯本地区には引かれていない光ファイバーが敷かれることになったようで、ケーブル敷設工事も進められていた。


写真、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>




3)狂騒安倍プーチン会談 経済協力だけ食い逃げの亡国結末 2016.12.16.(日刊ゲンダイ)


■普通ならば交渉打ち切りでも

おかしくないナメられ方

 次期大統領が決まった途端、トランプに尻尾を振って会いに行った安倍首相はオバマを激怒させ、11月のペルーAPECでの首脳会談は流れてしまった。失地回復で月末の真珠湾訪問を画策し、なんとか最後の首脳会談にこぎつけたのに、舌の根も乾かぬうちにロシアにスリ寄って、また不興を買う。いったい何がしたいのか、サッパリ分からないのだ。米国を怒らせても、領土問題で成果があればいいが、経済協力だけ食い逃げされるんじゃ、目も当てられない。亡国外交もいいところだ。

。。。。。

 元外交官の天木直人氏が言う。

「プーチン大統領の目的は、日米関係にくさびを打ち込むことにある。安倍首相は完全に足元を見られたのです。日米同盟は戦後の日本外交の根幹で、変えることなどできっこないのに、功を焦った場当たり外交で2プラス2再開を安請け合いして、危険な領域に踏み込もうとしている。2プラス2の再開で、日ロ間の領土問題は安全保障問題になってしまった。いくらトランプ次期大統領が親ロ派だといっても、米ロは経済分野では協力できるかもしれませんが、安全保障では絶対に相いれない。両者にいい顔をする日本は板挟みで、いずれ矛盾の後始末を突きつけられることになるでしょう。ロシアとの軍事的な接近は、G7の結束からも外れることになる。国際的な信用を失いかねない軽挙妄動です。少なくとも、ロシアに厳しい態度で臨んできたオバマ大統領は強い不快感を示すはずです」


写真、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>





4)トランプとプーチンにナメられて…安倍官邸「大パニック」実況中継 2016.12.5.(習慣現代)


外務省と経産省が「責任のなすり合い」

天国から地獄へ——ほんの数日前に「トランプに会った唯一の首脳」ともてはやされた安倍首相の外交戦略が、一瞬にして頓挫した。そのとき、首相官邸で起きていたことは。内実をレポートする。

▪️赤っ恥をかいた安倍首相

「まさに、青天の霹靂だった。トランプは、何てことをしてくれたんだ。ブエノスアイレスで一報を聞いた(安倍)総理の顔は引きつり、言葉も出なかった……」

こう証言するのは、ある外務省関係者だ。

日本時間の11月22日午前7時19分、安倍晋三首相がブエノスアイレスで、ニューヨークの「トランプタワー」訪問、ペルーでのAPEC(アジア太平洋経済協力会議)、アルゼンチン公式訪問を総括する記者会見に臨んだ。

安倍首相は、「APECは30年近く前に日本が提唱して始まった」と前置きして、今回の成果を誇らしく述べた。

「決して内向きになってはいけない。それが今年のAPECの最大のテーマだった。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)は、そうした自由で公正なルールに基づく経済圏を太平洋に創り上げる野心的な挑戦であり、TPP首脳会合では、すべての参加国がその挑戦をやり遂げる決意を改めて共有した」

質疑応答で、NHK記者から、「トランプ氏はTPPからの離脱を言っているが」と水を向けられると、安倍首相は強気の表情で、「TPPは米国抜きでは意味がない」と言い切ったのだった。

同行記者が語る。

「総理は、南米訪問の途中でニューヨークに立ち寄り、トランプ次期大統領と1時間半も会談したことが、自慢でならなかった。それでAPECでは、各国首脳と話すたびに、『私は数日前に、トランプとじっくり語り合ったんだけどね』と、もったいをつけていました。

すると、どの国の首脳もトランプ氏と会ったことがないため、熱心に耳を傾けた。安倍総理は21ヵ国・地域の首脳の中で、すっかり主役気分だったのです」

ところが、である。安倍首相の記者会見が終わったのが、日本時間で午前7時43分。それからわずか18分後に、トランプ次期大統領は、ビデオメッセージを発表し、こう言明したのだ。

「わが国に災厄をもたらす恐れがあるTPPからの離脱の意思を通告する」

。。。。。


▪️ロシアにのめり込んだ二人

ところで、安倍外交はAPECでもう一つ、赤っ恥をかいた。それは、ロシアとの北方領土交渉である。前出の外務省関係者が明かす。

「安倍総理がロシア外交を本格化させたのは、'14年2月にソチ冬季五輪の開会式に出席した時からだ。ウクライナ問題を巡って、欧米の首脳がおしなべて欠席する中、先進国でほとんど唯一、出席した安倍首相を、プーチン大統領が開幕式の翌日、ロシア料理の盛大なランチで歓待したのだ。

この時、安倍総理とプーチン大統領は、ウォッカを5杯も乾杯して盛り上がり、日ロ関係を前進させることで一致。会談に同席した世耕弘成官房副長官(現経産相)は、『(北方領土返還により)早めに地図を書き換える準備をしておけよ』などと吹聴していた」

北方領土を取り戻して歴史に名を遺したい安倍総理と、総理をヨイショして立身出世を狙う世耕氏は、欧米が対ロ経済制裁を強化する中、ロシアにのめり込んでいった。


写真、記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
ロシア施政下が続くほど交渉は難航しますからね。
北方領土問題について回るサンフランシスコ条約では千島放棄となってますが、この条約に当時のソ連は調印してませんね。今回遅ればせながら知りました。
ヤルタ会議の密約で千島→ロシアだそうですが、8/15~降伏宣言以降の占領ですからね。
日本が主権を回復したのはサンフランシスコ条約、いろいろ引っかかるんですが、統治の期間を積み上げられてるのが・・今の下手に出る外交に繋がってますかね。
2016/12/17(土) 21:48:09 | URL | ktpage #-[ 編集]
ktpageさんへ:戦争は「勝てば官軍」、未だに薩長の末裔が進む破滅の道
ktpageさん、おはようございます。

> ロシア施政下が続くほど交渉は難航しますからね。
> 北方領土問題について回るサンフランシスコ条約では千島放棄となってますが、この条約に当時のソ連は調印してませんね。今回遅ればせながら知りました。
> ヤルタ会議の密約で千島→ロシアだそうですが、8/15~降伏宣言以降の占領ですからね。
> 日本が主権を回復したのはサンフランシスコ条約、いろいろ引っかかるんですが、統治の期間を積み上げられてるのが・・今の下手に出る外交に繋がってますかね。

終戦間際のソ連側の不可侵条約破棄と北方領土占拠には、当初から理不尽な点が多々ありますね。
しかし戦争自体が理不尽、その上、日本は敗戦国。ボコボコにされました。(今でも同盟国<?>によってボコボコにされてます!)
更に理不尽なことに、領土侵略|奪還は、国連常任理事国である中国、ロシアによって 現在も引き続き実行されているだけでなく、占拠された日本領であった四島には旧敵国の住民が既に3世代に渡って住み続けていて彼らは自分の国/ロシア領だと思っているわけで、、、彼らをどうするんでしょう?彼らはそのまま日本国民になるのか、それとも島を出て、「ロシア」国内に引っ越すのか?
これを全く逆の立場にして考えても、住民にとっては最悪のことで、嫌でしょうね。
日本に例えば二島を戻したら、米軍基地が建設される可能性はあるのかと訊かれたロシア訪問中の日本の閣僚(?名前は失念)は、先日、日米安保の範疇に入るので「その可能性はある」と答えたそうで、国益を考える政権であるならば、それを脅かすような動きはしないでしょうから、「ロシアに領土問題はない」とプーチンが明言するのは当然。
しかしこんな複雑怪奇な状況下で、なぜプーチンと指しで、国会答弁もまともにできない日本の問題ありの首相が、こんな重要事項を話題にするのか、させるのか。。。
理不尽の極みです!!
2016/12/18(日) 00:47:49 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14962-11b67829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック