Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Cambodia / カンボジア (223)〜 ロルオス寺院群 (Roluos temples) (16)
2013.12.4.:カンボジアロルオス寺院群の中のローライ寺院を見学後、 ローライ (Lolei) とバコン (Bakong) の中間にあるプレア・コー (Preah Ko) 寺院へ。


引き続き後列の傷みが激しい女性王族の塔から:女性王族の慰霊塔を守る入り口の左右、角を固めるのはアプサラ (Apsara) 像群。

煉瓦造りの慰霊塔にはめ込まれた(と前に書いたが)思われるアプサラ像の左側面の縁取り、右下の縁取りが落ちてしまっている。像自体の顔面も右腕も無い。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko_DSC0202-12.4.13.(1).jpg

もう一体のアプサラ像の欠け落ちた左側面の縁取りと右下の縁取りには、新たに詰め物がされているが、「修復」とは言えない状態だが、これで全体が崩れ落ちるのを少しは防げるのだろうか?

やはり文化工芸は、平和でなければ発展しない。守ることもできない。それは現在のシリアや他の近隣諸国を見ても分かる。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko_DSC0204-12.4.13.(1).jpg

戸口上に造られているが、戸口とは思えない「戸口」:他の「戸口」と同じで、レンガの上に塗られた?|貼られた?漆喰状のものが黒黴で傷んでいる上に、剥がれ落ちている部分が多い。下部の損傷が激しいので、水害の結果ととも考えられる?

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Preah Ko_DSC0203-12.4.13.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/14964-cd5b41e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック