Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 主婦の仕事を数値化|給料換算したら?!(ポストセブン 2014.6.29.)
日本にいる間に、見るとはなしに見ることになったこのドラマ、意外と世相を反映していて面白かったのだが、途中までしか見られず、結末は???

だが、この記事に依ると、TBSがオンデマンドで配信開始との事。次回、日本に行く時まであるかどうか分からないが、半分期待。講談社刊の原作、海野つなみ著の「逃げるは恥だが役に立つ」を見る手も残されている!

「逃げるは恥だが役に立つ」 TBS 〜 オンデマンドで配信開始!

このドラマが興味深かったのは、今の若者の人との距離の取り方だけでなく、「主婦」の仕事をゼロ生産性のものと見ずに、れっきとした賃金換算可能な生産性のある仕事として見るところにもあった。

特に、次世代を担う「未来」、子供たちを慈しみ育てる仕事は、最大の生産性を伴うものだろうと思う。今の日本社会には、政権の言葉とは裏腹に、この一番大切な「仕事」を見下し、おろそかにする傾向が強い。これは取り返しのつかない最大の損失となる。

主婦の役割を「仕事」として見直す動きは、これまで何度もあった。(最近見つけた記事は➡️➡️➡️>> 主婦の家事 単純労働と高度労働考慮したら年収1200万円換算 2014.6.29. (ポスト・セブン)

(最新関連記事は➡️➡️➡️一億総活躍」って本当に女性のため?>> “逃げ恥”原作者・海野つなみと本谷有希子が『あさイチ』で安倍政権の「1億総活躍」を批判!「お国の役に立てみたいな感じ」2016.12.26. (LITERA)


「200万円なんてとんでもない。

家事労働をお金に換算すると

とんでもない額になります」


"salary.com" の試算では、専業主婦

年収は11万8905ドル(約1200万円)

主婦って気楽でいいよな」などと旦那は言うけれど、朝から晩まで土日もなく働いているのに給料はゼロ。これは決して楽なことではない。それなのに安倍首相は外国人家事労働者を増やすという。家事労働者」にお給料が払われるんなら、主婦にもちゃんと払っていただきましょう! 試算してみたら、旦那もビックリの結果に。



 内閣府の調査(2013年)で家事や買い物、育児などの「無償労働を金額に換算(もし外へ出て働いていれば稼げたはずのお金)したところ総額約138兆5000億円。その8割を女性が占める。調査対象となった女性(15才以上)の人口(約5746万人)で割ると、1人当たりの家事労働による年収は約192万8000円となった。

 ファイナンシャルプランナーの中村芳子さんは「200万円なんてとんでもない。家事労働をお金に換算するととんでもない額になります」と言う。

 主婦の仕事は多岐にわたる。食器洗いや掃除、洗濯、ゴミ出し、アイロンがけ、裁縫、風呂掃除、食材の買い出し、食事・弁当作りといった家政婦業。子供の宿題を見る家庭教師業、育児はベビーシッター業、子供や夫の送り迎えはタクシー運転手業、義理の家族の世話は介護ヘルパー業など、ありとあらゆるサービスを提供していることになる。

 主婦たちの目を輝かせるような試算をしているのは、米国の求人・求職情報提供会社「salary.com」だ。同社は毎年、母の日にちなみ専業主婦の賃金を試算している。今年の専業主婦の年収はなんと去年よりも5000ドル(約50万5000円)アップの11万8905ドル(約1200万円)!

 日本ではどうか。中村さんはこう語る。

主婦がやっている家事労働を家政婦さんにお願いすれば、簡単なお掃除でも1時間あたり1800円。ベビーシッターなら大体2000円かかります。こうした金額をもとに主婦の仕事を平均時給換算すると2500円くらいになる。

 単純労働か頭脳を必要とする高度労働かでも時給は違ってきます。お弁当作りでも、材料もそろっていて決まったレシピを作るなら時給1000円前後。栄養バランスを考えて食材からメニューを考えるなら、時給3000円かそれ以上になる場合もある」


「食器洗いや掃除、洗濯などの単純労働を時給1000円、家計のやりくりや栄養バランスが求められる買い出し・食事作り、義理の家族の世話などの高度労働を時給3000円とした場合、日給はモデルケースで2万8400円になります。

 8時間を超えた労働時間はサラリーマンでいう、残業割増や深夜割増にあたるので3割増で計算する。モデルケースでは6時から16時までの間に7.5時間労働しているので、16時以降は残業と見なしています。休日ならば当然休日出勤と同様、割増料金になる。こうして計算すると、主婦の年収はざっと1200万円近くになるのです」

 主婦の家事労働を正当に評価するのが経済成長の一歩となる気がするのだが…いかがでしょうか。

※女性セブン2014年7月10日号


元記事へは、上の タイトルから>>


スポンサーサイト

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^
『逃げ恥』、途中から
職場の同僚に教えてもらって
見るようになりました。

たしかに、主婦の仕事って
家庭の根幹を支えるものですから
とても生産性のあるものだと思います。

もっと、家事労働は正当に
評価されるべきですね(^^)


2017/02/06(月) 04:23:30 | URL | 坊主おじさん #-[ 編集]
坊主おじさんへ: こんばんは^^⬅️ こんばんは!
坊主おじさん、こんばんは。

> 『逃げ恥』、途中から職場の同僚に教えてもらって見るようになりました。

そうでしたか。私は終盤の何回かは日本にいなかったので、見ることができなかったのですが、なかなかおもしろい作品でした。

> たしかに、主婦の仕事って家庭の根幹を支えるものですからとても生産性のあるものだと思います。
> もっと、家事労働は正当に 評価されるべきですね(^^)

そう思います。主婦、主夫に対しての「誰に食べさせてもらってると思ってんだ!?」的言動は、❌ですね。
政治の場で言われ始めた(そして忘れられ始めた?)”輝く女性” も中身が無い話でしたし。。。
2017/02/06(月) 18:41:19 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15000-e8c7311d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック