Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
天皇が「主権回復の日」に「沖縄の主権は回復されてない」と異議を唱えていた! 安倍政権に奪われる天皇の発言機会 2017.1.1. (LITERA)
天皇が「主権回復の日」に「沖縄の主権は回復されてない」と異議を唱えていた! 安倍政権に奪われる天皇の発言機会 2017.1.1. (LITERA)


安倍政権に奪われる天皇の発言機会

天皇「主権回復の日」「沖縄の主権

回復されてない」と異議を唱えていた!

天皇の言葉を聞く機会がどんどん少なくなってきている。これまで毎年、元日に「新年の感想」を文書で発表してきた天皇だが、今年から負担軽減のためという理由で、「新年の感想」がとりやめになった。

 23日に公開された誕生日会見もそうだった。本サイトが22日にスクープしたように、宮内庁記者会からの質問がひとつにしぼられてしまい、天皇は結局、「生前退位」に関して踏み込んだ発言を一切することができなかった。

 これらは本当に天皇の本意なのだろうか。例の「お気持ち」表明の後、安倍官邸は内閣危機管理監の西村泰彦氏を宮内庁次長に送り込んだが、こうした新体制を使って天皇の言葉を奪おうとしているとしか思えない。

国会では圧倒的多数をしめ、マスコミは完全屈服と、怖いものなしな状況の安倍官邸がいま一番、気にしているのが天皇の動向なんです。官邸は天皇が自分たちの改憲・戦前回帰路線に批判的なことを重々わかっている。もし、天皇が本音を少しでも口にしたら、自分たちのもくろみが一気に崩壊しかねない。そこで、生前退位問題が浮上したのをいいことに、天皇が生の声を発する機会を少しずつ減らそうとしているんでしょう」(宮内庁担当記者)




 実は、最近も、天皇安倍政権と真逆の考えをもっていることを明らかにする報道があった。昨年12月24日付の毎日新聞朝刊。「考・皇室」という連載シリーズ記事のなかに、2013年4月28日に政府主催でおこなわれた「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」をめぐる、天皇の“注目すべき発言”が記されていたのだ。

 4月28日は、1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、本土がアメリカの占領から独立した日だ。第二次安倍政権は3年前、この日を「主権回復の日」として政府主催で初めて式典を開き、天皇と皇后を出席させた(挨拶はなし)式典の開催は、自民党が野党時代から公約にかかげるなど、安倍首相の強いこだわりがあったが、天皇・皇后は事前段階から周辺に拒絶感を吐露していたといわれている。

 そして式典当日、菅義偉官房長官が閉式の辞を述べ、天皇・皇后が退席しようとしたとき、あの“事件”が起きる。突然、会場の出席者らが両手を挙げて「天皇陛下万歳!」と叫んだのだ。安倍首相らも壇上でこれに続き、高らかに「天皇陛下万歳」を三唱。天皇と皇后は、足を止め、会場をちらりと見やり、わずかに会釈してから会場を去った。表情は固まったままだった。


写真、記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:人権 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
僕は天皇陛下をリスペクトしています。それと同時に安倍首相も歴代の総理の中では
「上手い」と思うことの多い総理だと思っています(好き嫌いではなく)
極端なことをいえば
自民党も共産党も同じ目的ということでいえば
「同一」とさえ思っています
目指すのは「平和」です
それのアプローチが違うだけ
最近のメディアは民意誘導してることを感じていますし
ネットの意見が全て正しいとは思いませんが
どちらも「平和」を願っていると思っています
某新聞社は「戦争に向かっている」と脅しますが、それも平和を願っているからこそ
某ネットの意見は「平和ボケだ、それじゃ日本が攻められる」というのも、「平和」を願ってこそ、、、だと思ってます
きっとこの
天皇陛下も総理もアプローチが違うだけで「平和」を願っているのは同じだと思ってます
真逆の考え方を持っているという言い方よりも
真逆の「アプローチ」と思っています

僕は戦争反対です
戦争から得るものは何もありません
でも
国防を大事にしなければならないと思っています
僕みたいな考え方の人間は
ことさらに政治に関心を寄せ
政治に監視の目を怠ってはいけないと思っています

という、僕のブログでは書けないことを長々と失礼しました 
実は政治ネタ大好きなんです (;^ω^)
2017/01/20(金) 21:09:57 | URL | 加夢 #-[ 編集]
加夢さんへ:できれば、本文欄に書き込みお願いします。
加夢さん、こんにちは。

阿部さんには腕利きの「作家」が付いているようで、演説の時もどこにどんな振りが入るか指示があるようですから、そういう意味では人の利用方法を分かっていると言えるかも知れません。
が、改憲案の内容を見ると、簡単に「うまい」とは容認する事はできません。現在の日本は、与党が上手くやっているというより、野党があまりにも情けない状態にあり、与党がやりたい放題できていると言った方が適していると思います。
私は右でも左でもありませんが、武器商人になりながら平和を求めると云う対応をする人間を、平和を求めている人物であるとする事には矛盾がありすぎです。
自衛隊の「駆けつけ警護」をつけた使い方にしても、平和を求める方法にしては、敢えて渦中の栗を拾うような行為で賛成できません。要注視です。

> 僕は天皇陛下をリスペクトしています。それと同時に安倍首相も歴代の総理の中では
> 「上手い」と思うことの多い総理だと思っています(好き嫌いではなく)
> 極端なことをいえば
> 自民党も共産党も同じ目的ということでいえば
> 「同一」とさえ思っています
> 目指すのは「平和」です
> それのアプローチが違うだけ
> 最近のメディアは民意誘導してることを感じていますし
> ネットの意見が全て正しいとは思いませんが
> どちらも「平和」を願っていると思っています
> 某新聞社は「戦争に向かっている」と脅しますが、それも平和を願っているからこそ
> 某ネットの意見は「平和ボケだ、それじゃ日本が攻められる」というのも、「平和」を願ってこそ、、、だと思ってます
> きっとこの
> 天皇陛下も総理もアプローチが違うだけで「平和」を願っているのは同じだと思ってます
> 真逆の考え方を持っているという言い方よりも
> 真逆の「アプローチ」と思っています
>
> 僕は戦争反対です
> 戦争から得るものは何もありません
> でも
> 国防を大事にしなければならないと思っています
> 僕みたいな考え方の人間は
> ことさらに政治に関心を寄せ
> 政治に監視の目を怠ってはいけないと思っています
>
> という、僕のブログでは書けないことを長々と失礼しました 
> 実は政治ネタ大好きなんです (;^ω^)
2017/01/22(日) 14:53:10 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15038-3cf2824e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック