Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Cambodia / カンボジア (230)〜 ロルオス寺院群 (Roluos temples) (23)
2013.12.4.:カンボジアのロルオス寺院群のローライ寺院プレア・コー (Preah Ko) 寺院を経て、ロルオス寺院群の最大、且つ最も保存状態が良いバコン (Bakong) に到着。

バコンは、9世紀最後の時代にインドラヴァーマン王1世 (King Indravarman I) が建立した階段状のピラミッド型の寺院で、クメール帝国 (Khmer Empire) の首都ハリハララヤ (Hariharalaya) の官寺だ。寺院内にある石碑によると、インドラヴァーマン王1世が、881年にこの寺院をシヴァ神 (Shiva) に奉納したとあるが、この寺院が首都の官寺として機能したのは2−3年のことだったらしい。

インドラヴァーマン王1世の後継者である王子、ヤソヴァーマン1世 (Yasovarman I ) が9世紀末に首都をシアム・リアップ (Siem Reap) の北に位置する現在アンコール (Angkor) として知られる場所へ移してしまったのだ。

道路から900 x 700 mの寺院敷地内に向かうと直ぐに大きく旧い7頭のナーガ (Naga) が鎌首をもたげている。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong_DSC0262-12.4.13.(1).jpg

その奥には、豊かな緑に囲まれたお堀。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong_DSC0263-12.4.13.(1).jpg

全体を見下ろす巨大なナーガ。奥に見えるピンク色はブーゲンビリア (Bougainvillea) の花だが、原産地は中央アメリカ、南アメリカなので、移植されたもの。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong 2_DSC0264-12.4.13.(1).jpg

ピンク系が多いブーゲンビリアだが、シロバナも悪くない。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong_DSC0265-12.4.13.(1).jpg

現役の寺院を映すお堀を見ながら、敷地内へ入る。

blog 232 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong_DSC0267-12.4.13.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
圧巻です
七頭のナーガの鎌首、コブラみたいですね
あっ。でも、カンボジアにコブラ居ませんよね…
2017/01/21(土) 07:29:25 | URL | さとこ #-[ 編集]
さとこさんへ: 圧巻です
さとこさん、こんにちは。

> 七頭のナーガの鎌首、コブラみたいですね
> あっ。でも、カンボジアにコブラ居ませんよね…

カンボジアにもコブラはいるんです:大きいキング・コブラと小型のコブラと。
幸い、私は遭遇していませんが、、、
インドの古典、バガヴァッド・プラーナの中にはクリシュナ神と毒を持つナーガ、カーリヤの話が出てきます。
ヒンズー教の影響がクメール帝国に伝搬していますから、カンボジアに残っているナーガ像は、インドの古典由来のものでしょうね。
2017/01/22(日) 15:07:36 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15070-893ed18a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック