Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ 606:2016年シーズン開幕 (84) 〜 Saddle Bronco Riding
2016.4.24.:ロデオ大会 (Rodeo) でライヴ・ストック・イヴェント (Live Stock Event) と呼ばれるブルやブロンコに乗る競技は、大会の中でも花形。いずれも跳ね回る牛や馬に8秒間乗り切る技を競うもので、8秒間を知らせるブザーが鳴るまで乗りこなさなければ、どんなに素晴らしい乗り方をしても無得点に終わる。

引き続き、鞍を用いたサドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) :8番目のブロンコ・ライダーはニュー・メキシコ州出身のラルフ。

勢いよく飛び出してきたのだが、スパーリングなどが上手く行かず、得点は60点に終わった。

blog (4x6@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Saddle Bronco 8, Ralf Poteet (60

9番目のブロンコ・ライダーは、クウィンスィー:リライド(再挑戦)の権利を使い、再度8秒間を乗りこなした。
得点は76点。悪くはないが、強豪揃いなので、賞金圏内に残れるかどうかはきわどいラインだ。

blog (4x6@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Saddle Bronco 9-RR, Quincy Crum (76) 2_DSC9167-4.24.16.(2).jpg

10番目のブロンコ・ライダーは、ニュー・メキシコ州出身のクーパー:同じ州出身のカウボーイたちが、3人、4人と揃うことが多いのは、皆で組んで移動、参戦しているためだ。一種の共済のような仕組みを作り、お互いに支持し合う。

クーパーも無事8秒間を乗り切り、78点を獲得。悪くない。

blog (4x6@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Saddle Bronco 10, Cooper DeWitt (78

次は、11番目のブロンコ・ライダー、記録を打ち立て続ける若い父親でありアメリカのチャンピオンであるコーディの長男、ラスティの挑戦だ。〜続く。

blog (4x6@300) Yoko 39 D3S Gold Country Rodeo, Saddle Bronco 11, Rusty Wright (84


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
たった8秒されど8秒
きっとやり始めの初心者なんて鞍に乗れるかな?
俊敏な動きと絶妙のバランス感覚 人間技とは思えませんよ
2017/01/25(水) 09:37:49 | URL | EGUTI YOUSUKE #-[ 編集]
EGUTI YOUSUKEさんへ:永遠の8秒
EGUTI YOUSUKEさん、こんにちは。

> たった8秒されど8秒
> きっとやり始めの初心者なんて鞍に乗れるかな?
> 俊敏な動きと絶妙のバランス感覚 人間技とは思えませんよ

この8秒は永遠に近い8秒ですね。
前にどこかで書いたことがあると思うのですが、昔は8秒でなくて10秒だったらしいのです。
しかし、この2秒の差が大きくて、皆、保たない。
これも前に書いたと思うのですが、小説の中に刀で斬られて出血死するのに要する時間が8秒だとありました。
ギリギリ限界の時間なのでしょうね、精一杯の力で動ける。

馬と牛に乗るカウボーイたちの話によると、両方乗りこなせるのは少数派。
大方はどちらかを選んで競技に出ています。
リズムが違うので、両方乗りこなすのは至難の技だそうですよ。
2017/01/26(木) 13:36:49 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15082-603bea75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック