Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「原発ホワイトアウト」作者インタビュー:「電力会社・政権政党・霞ヶ関が、どういうふうなかたちで 無理やり再稼働に持っていこうとしているか」 2013.10.22.
「原発ホワイトアウト」作者インタビュー:「電力会社・政権政党・霞ヶ関が、どういうふうなかたちで 無理やり再稼働に持っていこうとしているか」 2013.10.22.


電力会社政権政党・霞ヶ関が、どういう

ふうなかたちで無理やり再稼働に持って

いこうとしているか
ということを

一人でも多くの人に知って頂きたい。


(19:22)


Published on Oct 22, 2013 by LunaticEclipseNuke26:

原発ホワイトアウト

(日本の原発は世界の最先端で安全だから)
大嘘ですね。
安心して輸出もできなくなりますから、まあ、そういうことを皆で気がつかないフリをしているだけなんですね。

第2章 幹事長の予行演習
制度の細部の決定権を最後の最後まで放さないことが官僚のパワーの源泉なのだ。

第17章 再稼働
日本の経産省や文科省から出向している職員が強硬に反対し最新の安全性は盛り込まれることなく骨抜きにされている。




実際には皆さんに情報を隠したところでゴソゴソと再稼動しようとしているわけで、安全、安全と言っとけばいいと
再稼働の結果、また事故が起こるというようなことがあると思いますね。

(小説を書こうと思った理由は)

電力会社政権政党・霞ヶ関が、どういうふうなかたちで無理やり再稼働に持っていこうとしているかということを一人でも多くの人に知って頂きたい。
本来、私達霞ヶ関の官僚は税金で養われているわけで、僕らがやっていること、情報は、本当は皆さんにきちんとお返しして本当にそれでいいよということであればその方向に進めるべきなのに実際には実現していないのでささやかな抵抗になりますけども本当はこうなんだよということをお伝えしたい。

これ麻薬みたいなもんだと思いますね。
一度断ち切らないといけないんですけどもそれを断ち切るためには国民の方々がちゃんとこれは麻薬なんだということを認識して麻薬を取り上げないといけないんですよね。
官邸前に行って原発再稼働反対と叫んでるだけでは麻薬を取り上げることはできなくて、政治献金とかパーティ券は今は一定額以上しか公表されませんけども全額公表にするとか、電気料金っていうのは皆誰でも電気を使わなくちゃいけないという意味では税金と同じですから、一円単位まで支出先を公開させるとか、そういうことをすれば"たまり金"が発生することも防止できるわけで
そういったことをきちんと我々が再稼働する前に要求していかないと

できるだけ覆面のまま政権の中枢に残って、色々なことを耳をそばだてて見聞きして、国民の皆様に還元しなくちゃいけない真実をできるだけ息長くお伝えしていきたい。

(そういった気概の役人は他にもいる?)

大体魂を売り渡したような悪い奴は一割くらいしかいなくて、残りの九割は迷ってるんですよね。
自分の上司とか政治家がおかしいこと言っているなぁと思うし、自分も出世したいし飛ばされたくないから、
この人達の言うことを聞いてた方が安全だと思う一方で、でもおかしいよねとそういう間で揺れ動いている人達が九割。
私としてはその九割の公務員の方に是非一緒に同志としてやろうじゃないかと
きちんと職場の中でも外にでも発信していけば、必ず変わっていくんじゃないかと思います。




スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15100-e2dacdd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック