Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Noyo Marine Center, Fort Bragg, CA
2017年初のお出かけは、サン・フランシスコ (San Francisco, CA) から北へ4時間ほどの太平洋岸にある観光の町、メンドスィーノ (Mendocino, CA) の隣町、林業で栄えたフォート・ブラッグ (Fort Bragg, CA) にあるノーヨー・マリーン・センター (Noyo Marine Center)

町を支えてきた木材会社が、太平洋岸の大きな敷地の一部を町に寄付した。海岸沿いにハイキング用のトレイルが作られ、市民がゆったりと楽しめる公園になった。マリーン・センターは、現在は小さめの一戸建て住宅の大きさだが、センター用の敷地が大きく取られているので、これからさらに大きく充実した施設になる予定だそうだ。

下のマークは、フォート・ブラッグに新たに作られたトレイルが、カリフォルニアの長い海岸沿いに作られているカリフォルニア・コースタル・トレイル (California Coastal Trail) の一部であることを示すもの。アメリカの新大統領が物議を醸している「壁」問題の相手国、メキシコまで673マイル、お隣の州オレゴン (Oregon) までは187マイルまでと表示されている。

blog 1 Coastal Trail, Fort Bragg, CA_DSC5707-1.1.17.jpg

小雨が降ったり止んだりする元旦だったが、海辺のカリフォルニア・ポピー (California Poppy) の中には大きく開花しているものもあった。

blog (9x9) 1 California Poppy, Fort Bragg, CA_DSC5701-1.1.17.jpg

マリーン・センターの天井から吊り下げられているアザラシのメスの骸骨。全体のバランスは異なるが、ヒトと基本的に同じ。ヒトは真面目に己の存在とそのための活動を検証しなければならない時だ。今の姿は自滅へ走る狂人のようだ。

blog 1 Noyo Marine Center, Fort Bragg, CA_DSC5691-1.1.17.jpg

右側の灰色のものは模型?手の部分を見ると、小さな骨が集まる手首の構造が注意を引く。足首も似たようなものだろうと思うが、手首や足首が細かに動けるのは、このような造りのお陰だろう。

blog 1 Noyo Marine Center, Fort Bragg, CA_DSC5691-1.1.17.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15214-f3e3c1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック