Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Cambodia / カンボジア (242)〜 ロルオス寺院群 (Roluos temples) (35) - Bakong
2013.12.4.:カンボジアロルオス寺院群のローライ (Lolei) 寺院、プレア・コー (Preah Ko) 寺院を経て、ロルオス寺院群の最大、且つ最も保存状態が良いバコン (Bakong) に到着。クメール帝国 (Khmer Empire) の首都ハリハララヤ (Hariharalaya) の官寺だったバコンは、9世紀最後の時代の建立だ。

引き続き、階段状になっている本殿の2階部分のここに不思議なレリーフがあった:一見、インカ帝国のレリーフや像によく見られる人物の顔のようだ。髪型、眼の造作、筋肉のつき方などなど。。。

blog 233 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong_DSC0056-12.4.13.(2).jpg

さらに不思議なのは、このレリーフには、サイズから見て二種類の人物像が入っていること:巨人と小人。左上部角に一人、中央部下に逆さの状態で入っている一人、これらはいずれも小人だ。この枠の中には6名の巨人がいるのだが、小人のサイズは、巨人の顔の中にスッポリ収まってしまうサイズだ。これらは一体何だろう?

blog 233 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong 2_DSC0057-12.4.13.(2).jpg

中央部にある塔造りの神殿(と思われる)の鴨居、屋根の軒下にあたる部分、壁面の装飾彫りは詳細を極める。ここにも欠けている部位があるが、上にあるせいか、水によるカビなどの傷みは少ないようだ。入り口の左右には、アプサラ像が設置されている。

blog 233 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong, Apsara_DSC0064-12.4.13.(2).jpg

上のアプサラ像の左側のもの:顔面下部、足元近辺の傷みが激しい。左側後方のアプサラ像は、頭部|顔面部、肩の部分の破損が激しいが、オリジナルの髪型|上に伸びる髪飾り?はそのまま残っているようだ。

blog 233 Cambodia, Siam Reap, Roluos Group (Lolei, Preah Ko, Bakong) Bakong, Apsara 2_DSC0063-12.4.13.(2).jpg


スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15256-adaf17dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック