Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(298):2017年03月01日** 2)伊勢崎賢治:日本はずっと昔に自衛隊PKO派遣の「資格」を失っていた!

**2.28 - この2−3日、地震が頻発しています。そして、東北➡️関東➡️九州➡️東北と云う動き方も気になります。どうぞ、水、食料、燃料などの備蓄を怠りなくお過ごしください。**


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 







今日の新規アップ記事:

2017.03.01.
記事は7時以降の

アップです。



官邸前居座り込み救済訴え抗議 ‏@isuwarikomi 25 Aug
野山を返せ!!
田畑を返せ!!
子供を逃がせ!!

強く強く泣きながら叫ぶ福島の女性




ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2017年03月01日:

0)番外編:カリフォルニア(558): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (162)

 2016.4.6.:デス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 訪問後、190号線が395号線と交わる人口200前後のオランチャ (Olancha, Inyo County, CA) へ。オランチャの南にあるヘイウィー貯水池 (Haiwee Reservoir) が見おろせるスィエラ・ネヴァダ山脈の東側山麓、標高は1,300m前後辺りを探索。
 デザート・ダンデライオン (Desert Dandelion) 、学名: (Malacothrix glabrata) はこれまでモハヴィ砂漠 (Mojave Desert) でも大分見た野草だが、土手や道路際、道路工事がされた後の荒れ地にも多い。舗装されていないこの山腹の道は、雪の季節の後、ブルドーザーで均した痕跡が見えた。土が寄せられた道路際の高い部分に元気に生えていた。



1)Rodeo:ロデオ 615:2016年シーズン開幕 (93) 〜 Bareback Bronco Riding

 2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo)
 さて、ベアバック・ブロンコ・ライディングの5番目と6番目のライダー達は、あまり幸運ではなかった:5番目のアンソニーは、タイミングを外し馬上から振り落とされた|飛び出した?!



2)伊勢崎賢治:日本はずっと昔に自衛隊PKO派遣の「資格」を失っていた! 誰も言わない本当の論点 2017.2.26. (現代ビジネス)

「国連が紛争の当事者」であると、

国連が、国連史上初めて宣言


 そもそも国連によるPKO活動とはなにか。
 日本社会の大いなる勘違いについては、この拙文を参照されたい➡️➡️: 自衛隊「海外派遣」、私たちが刷り込まれてきた二つのウソ。
 本来、国連憲章の中にPKOの定義はない。それは「運用」でなされてきた。
 実務家の間では「6.5章」すなわち紛争の当事者の同意の下の平和的解決を謳う国連憲章第6章と、武力介入を含む強制措置としての7章の中間に位置すると。つまりPKOは「紛争の当事者の同意の下の軍事的介入」なのだ。



3)今日の新規アップ記事(297)2017年02月19日〜25日: 2/21 - 2) 戦闘行為を「衝突」と言い換え、その理由を「憲法9条上の問題になる から」と

2/20 - 2)山本太郎参議院議員:内閣委「この国に生きる人々の金融資産が、草刈り場として提供される恐れ」 2016.12.12.

この国に生きる人々の金融資産が、

草刈り場として提供される恐れ


○参考人(新里宏二君) 私自身は、共倒れ理論は取らないと言ったら変ですけど、何かというと、今回日本のカジノ解禁というのは、日本人の金融資産が当てにされているんだ、ですからもう飽和でもここに、日本に来るというのはまさしく日本の個人の金融資産、一千六百兆以上と言われている、そこが狙われているんだというふうに思っています。だからこそ、規制がなかなか掛からない、いわゆる入場規制等が掛からない、だからこそ依存症の問題になったり、日本の資産が海外に流出するという問題又は高齢者の問題につながっていく、そのような理解をしています。






A)常設記事:

1)スイスMetro Mediaー最新ー放射性汚染物質拡散予報
2)ヨーロッパの放射性汚染物質拡散予想図:ドイツ気象局
3)地震地図:Japan Quake Map
4)気象庁地震情報>>
5)読んで欲しい原発関連記事、お役に立つと思われるものリスト
6)地震マップ、放射性汚染物質拡散予想図 & 各種ライフライン/災害情報 (3月28日更新)
WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催:2001年キエフ国際会議 真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って(原題:Controverses nucléaires)
http://youtu.be/oryOrsOy6LI


WSJ:「米NRC、原発認可手続きを停止」 2012年 8月 8日 11:10 JST

<動画:忘れていはいけない事>

「日本の子どもの数が一人になるまでの残された時間」が判る>>

「日本の子ども人口時計」

早川由紀夫:福島第一原発事故の放射能汚染地図、八訂版>>


食材の汚染度計測:食の安全のために:

生活クラブ:消費材の放射能検査結果>>

食品汚染マップ 2013.2.17>>

新・全国の放射能情報一覧>>

【マダムトモコの厚労省日報ダイジェスト】

【文鳥姉さんのお料理実験室】Foodbase23

こどもみらい測定所データ

NPO 法人ベクまる



7)小出裕章、広瀬隆講演会、原発関連講演会、イベント他  随 時 更 新 (02月08日更新)






元経済企画庁長官 田中 秀征氏

われわれは違憲な法律を認めないと

ともに、昨年の閣議決定を撤回し、

この法律を全面的に見直すこと


目指さなければならない。


「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者 2015.8.30.(東京新聞)


C)今日の新規アップ記事:2017年02月28日:

0)番外編:カリフォルニア(557): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (161)

 2016.4.6.:デス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 訪問後、190号線が395号線と交わる人口200前後のオランチャ (Olancha, Inyo County, CA) へ。オランチャの南にあるヘイウィー貯水池 (Haiwee Reservoir) が見おろせるスィエラ・ネヴァダ山脈の東側山麓、標高は1,300m前後辺りを探索。
 前に紹介したこの場所では大柄で目立つ紫系のデザート・セイジ (Desert Sage) 、学名: (Salvia dorrii) :国立公園内の花には少し遅かったが、山脈山麓のこの場所では最盛期。



1)Cambodia / カンボジア (241)〜 ロルオス寺院群 (Roluos temples) (34) - Bakong

 2013.12.4.:カンボジアのロルオス寺院群のローライ (Lolei) 寺院、プレア・コー (Preah Ko) 寺院を経て、ロルオス寺院群の最大、且つ最も保存状態が良いバコン (Bakong) に到着。クメール帝国 (Khmer Empire) の首都ハリハララヤ (Hariharalaya) の官寺だったバコンは、9世紀最後の時代の建立だ。
 引き続き、階段状になっている本殿の2階部分から下の段の大きなゾウを見る。双方とも同じ方角を向いていることが分かる。



2)山下 祐介:日本を襲うであろう「人口減少」という"難題"〜この病理への処方箋 首都圏から見た地方創生【後編】 2017.2.19.(現代ビジネス)

地方移住、仕事づくり、働き方改革

 前編では人口減少社会における、東京一極集中の意味を問うた。ここからは、現在の地方創生の施策の内容を検討してみよう。
 いま各地で地方創生の総合戦略が策定されているが、大きくわけて次の三つが主流のようである。①地方移住、②仕事づくり、③働き方改革(ワークライフバランス)。これに④子育て支援や⑤地域間の連携づくりを加えれば、国が示す地方創生の全体像になろう。
 いま政府が提示しているこれらの施策がはたして人口減少対策になるのか、まずは批判的に検討した上で、なおもそれを進めなければならないとしたら、人口減少対策としてどのような点に配慮する必要があるのかという形で、議論を展開していきたい。





D)今日の新規アップ記事:2017年02月27日:

0)番外編:カリフォルニア(556): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (160)

 2016.4.6.:デス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 訪問後、190号線が395号線と交わる人口200前後のオランチャ (Olancha, Inyo County, CA) へ。オランチャの南にあるヘイウィー貯水池 (Haiwee Reservoir) が見おろせるスィエラ・ネヴァダ山脈の東側山麓、標高は1,300m前後辺りを探索。
 華やかな紫系の花が多いこの場所で、前記事から引き続き、数で存在を主張しているゴールドフィールズ (Goldfields) 、学名:(Lasthenia californica) の姿を紹介。



1)お昼ご飯 ブランチ(18)

 昨年10月下旬、時間があったので飛竜頭を作る。飛竜頭の簡単な作り方は➡️➡️ 朝ご飯(7)自家製飛龍頭と糀納豆
 自家製飛竜頭は新鮮で香りも良い。おやつにも最適!初日は熱々そのままを酢醤油で食べるのが一番。



2)山下 祐介:多くの日本人が知らない「人口減少」と「東京一極集中」本当の意味 首都圏から見た地方創生【前編】 2017.2.19.(現代ビジネス)

人口減少は東京一極集中によって

起きている。
これが政府の示す地方

創生が取り組む問題の基本図式だ。


 だが、人口減少の原因が東京一極集中にあるのなら――そして事実、子育て世代が最も多い東京で極端に出生率が低いのだから――、東京でこそ、少子化対策を行わねばならず、またもっとも仕事の多い東京でもっとも出生力が低いのだから、地方や農村においても仕事づくりではなく、もっと別の対策が行われる必要があるはずだ。
 私たちは今一度、こう問わねばならない。
 人口減少は一体何によって引き起こされているのか。東京一極集中の何がどう問題なのか。そして東京一極集中が人口減につながる理由をふまえて、一体どういう人口維持対策を用意できるのかである。





E)今日の新規アップ記事:2017年02月26日:

0)番外編:カリフォルニア(555): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (159)

 2016.4.6.:デス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 訪問後、190号線が395号線と交わる人口200前後のオランチャ (Olancha, Inyo County, CA) へ。オランチャの南にあるヘイウィー貯水池 (Haiwee Reservoir) が見おろせるスィエラ・ネヴァダ山脈の東側山麓、標高は1,300m前後辺りを探索。
 紫系の美しい野草が多い印象の東側山麓、黄色系も負けていなかった:背丈は10 cm前後しかなく小粒だが、数で存在を主張しているゴールドフィールズ (Goldfields) 、学名:(Lasthenia californica)



1)Rodeo:ロデオ 614:2016年シーズン開幕 (92) 〜 Bareback Bronco Riding

 2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo)
 リヴァーモア (Livermore, CA) のロデオの最初の競技は、鞍を使わずに、裸馬を8秒間乗りこなす技を競う人気の高いベアバック・ブロンコ・ライディング (Bareback Bronco Riding) だが、カウボーイは99%白人系だ。先住民のロデオ組織もあり、別個にロデオ大会が開催されている。時折、先住民カウボーイが参戦する姿も見られるが、いつものことではない。ましてや、アフリカ系アメリカ人のカウボーイは、ここ数年見かけるようになったとは云え、少ない。



2)報道するラジオ: 「“戦闘”とは言わない~その背景は?」 2017.2.20. (MBSラジオ)

「戦闘が生起した」と記したにも

関わらず
稲田防衛大臣が国会で「

法的な意味では戦闘ではない」答弁


“戦闘”とは決して言わない裏に、何を進めていこうとしているのでしょうか?




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15265-4fb03757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック