Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(568): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (168)
2016.4.8.:数年間殺風景だった干ばつで弱ってしまっていたカリフォルニアの草原は息を吹き返し、至る所で花畑が見られることになった2016年。

カリフォルニア東南部の砂漠から、スィエラ・ネヴァダ山脈 (the Sierra Nevada Mountains) を抜けて西側へ、週末のロデオ大会 (Rodeo) 取材のために戻る。カーヴのきつい山道120号線で、ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) 近辺を通過。

引き続き、この時期の典型的な野草、青紫と白い色の花をつけたミニチュア・ルピン (Miniature Lupine) 、学名:(Lupinus bicolor) 、カリフォルニア州の州花、カリフォルニア・ポピー (California Poppy) 、学名:(Eschscholzia californica) 、外来種のウィンター・ヴェッチ (Winter Vetch) 、学名: (Vicia villosa) 。

この日は雨が降るのではないかと思われる風が冷たい、低い空の1日だったが、お陰で花の色は飛ばず綺麗に出ているため、美しいルピンの青紫がさらに映えていた。

blog 18 Oakdale to Sonora 180E-120E on the way to Yosemite to Don Pedro Reservoir, Miniature Lupine, Vetch & CA Poppy, CA_DSC3673-4.8.16.(5).jpg

野草が群生を形成する際に見られる川状 | 筋状の形。水たまりができる窪地には、水たまりの淵を囲むように丸い群生地ができたりする。風で運ばれる種もあるが、水の流れに乗って移動する種もあるのだろうと思う。

blog 18 Oakdale to Sonora 180E-120E on the way to Yosemite to Don Pedro Reservoir, Miniature Lupine, Vetch & CA Poppy, CA_DSC3675-4.8.16.(5).jpg

マメ科のウィンター・ヴェッチとマメ科のルピン:どちらも土に栄養を与える役割を果たす。マメ科の種には毒性があるそうで、それは全部食べられないための種の保存のための算段だそうだ。

blog 18 Oakdale to Sonora 180E-120E on the way to Yosemite to Don Pedro Reservoir, Miniature Lupine, Vetch & CA Poppy, CA_DSC3677-4.8.16.(5).jpg

中々鮮やか。この日、この場所で遭遇した車も人もいなかった!

blog 18 Oakdale to Sonora 180E-120E on the way to Yosemite to Don Pedro Reservoir, Miniature Lupine, Vetch & CA Poppy, CA_DSC3678-4.8.16.(5).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
ルピナスそっくり!
でも
よく見ると葉が違いますね。
ルピナスと花を見て錯覚してしまいました。
2017/03/10(金) 20:24:02 | URL | ノンビリサン #aYocD0BA[ 編集]
ノンビリサンへ: こんばんは。⬅️ こんばんは!ルピナスの原種の一つです!
ノンビリサン、こんばんは!

> ルピナスそっくり!
> でも
> よく見ると葉が違いますね。
> ルピナスと花を見て錯覚してしまいました。

ルピナス|ルピン(日本ではノボリフジ)の種類はマメ科の植物の典型的傾向で種類が多く、葉の形状も色々と異なります。
原産地は南北アメリカ大陸、南アフリカなどで、ルピンだけでも200種以上あります。
強力な野草です!
2017/03/11(土) 19:28:57 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15284-d8ca87c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック