Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ 619:2016年シーズン開幕 (97) 〜 Team Roping
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo) 。サンノゼ (San Jose, CA) などハイテック産業の集中する湾岸地域へ通勤する人々のための住宅地となっており、終わりの無い道路の拡張工事が続いている。

前記事から引き続き、牛の角を捉えるヘッダー (Header) と呼ばれるカウボーイと後脚を捉えるカウボーイ、ヒーラー (Heeler) の共同作業で行われるティーム・ローピング (Team Roping) :子牛の頭には、皮の薄い頭を守るための防護帯が装着されている。

これらのローパーは地元の牧場経営者とその家族だ:アメリカ全土を廻って各地のロデオ競技で技を競うカウボーイたちとは異なるカテゴリーの投げ縄競技だ。

2番目のローパーたちは、クリスとブライアン:ティーム・ローピングでは、ヘッダーヒーラーもしっかりと子牛を捕らえなければ、得点にならない。このティームは、脚を捕らえるヒーラーのロープで失敗してしまった。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 2, Chris Hannenken & Brian Larsen (NT) 2_DSC7142-6.11.16.(4).jpg

3番目のティームは、ゲイリーとロバート:子牛を捕らえる事は出来たが、記録は11.8秒。
全員の記録が悪ければ、まだ上位に食い込む余地はあるが、厳しい。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 3, Gary Barney & Robert Silva (11.87) 2_DSC7146-6.11.16.(4).jpg

4番目のティームは、アーマンドとショーン:残念ながら、失格!

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 4, Armando Fagliano & Sean Rasmussen (NT)_DSC7154-6.11.16.(4).jpg

6番目のローパーは、ダニエルとライアンのティーム:二人の記録は、8.78秒。
悪くない。
ティーム・ローピングの良いところは、高齢でもなお参加できる事だろうか。ワイオミング州出身の医者の友人も、70代後半で、ローカル・ティーム・ローピングに参加しているとの事だった。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Local Team Roping 6, Daniel Stice & Ryan Maxwell (8.78) 2_DSC7161-6.11.16.(4).jpg


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15309-699daf80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック