Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
岡山大・津田敏秀教授が反論:福島の甲状腺がん多発、行政や医療関係者の「原発事故と関係ない」の主張はデタラメだ 2017.3.11. (LITERA)
岡山大・津田敏秀教授が反論:福島の甲状腺がん多発、行政や医療関係者の「原発事故と関係ない」の主張はデタラメだ 2017.3.11. (LITERA)


福島県内の子どもたちの甲状腺

がんの発生率は全国平均の20〜50倍

で今後さらに多発する可能性は

大きい──」

 福島原発事故から6年。しかし現在においても廃炉の目処さえたたず、2月には2号機格納容器内の放射線量が推定毎時650シーベルトというとてつもない数字が計測された数値に達していると発表された。

 そしてもうひとつ深刻な問題が放射性物質による健康被害特に子どもたちの甲状腺がんだ。2月20日に開かれた福島県の有識者会議「県民健康調査」検討委員会は、事故当時18歳以下だった甲状腺がんまたは悪性の疑いのある患者が昨年10〜12月にさらに1人増え、185人に達したと発表した。発表のたび増え続ける甲状腺がんの子どもたち。にもかかわらず、政府や検討委員会は一貫して、「これまでのところ被曝の影響は考えにくい」とその原因を原発事故とは認めない姿勢を貫き続けている。

 こうした検討委員や医師たちの姿勢に異を唱えてきたのが環境疫学の専門家である津田敏秀・岡山大学大学院教授だ。2015年、津田教授とその研究グループは医学雑誌「Epidemiology」(国際環境疫学会発行、電子版)に福島での甲状腺がんの分析結果を発表、同年10月8日には「日本外国特派員協会」で会見を開き、その詳細を報告した上でこう危険性を警告した。

「福島県内の子どもたちの甲状腺がんの発生率は全国平均の20〜50倍で今後さらに多発する可能性は大きい──」




  しかし、津田教授らの発表が海外メディアやネットで大きく報じられる一方、日本の主要メディアではほとんど触れられることはなかった。さらに、行政や医療関係者からは、津田教授の指摘に対する反論が次々出され、ネットでは、保守系の評論家や原発ムラの息がかかっていると思われる連中があたかも津田氏の研究が「デマ」であるかのような批判を拡散させている。

 そこで本サイトでは、津田教授本人にこうした“被曝の影響はない派“からの批判に再反論をしてもらうべく3月10日、インタビューを行った。

──津田教授の研究・分析結果に対して“被曝の影響はない派“の多くが持ち出すのが、「スクリーニング効果」と「過剰診断」により見かけ上増えているに過ぎないとする主張です。すなわち、福島原発事故を受け、これまでなされなかった大規模検査や、医師の過剰な診断が行われたことで、臨床症状が現れていない潜在的ながんの発見に結びつき、それによって罹患数が急激に増加したように見えるだけではないのかというものです。

津田 実は甲状腺がん、特に小児甲状腺がんにおいて、スクリーニング効果、過剰診断がほとんどないことはすでに実証されています。チェルノブイリでも過剰診断やスクリーニングなどが話題になり、最終的に日本と同じように腫瘍の大きさが5.1ミリ以上の人々を二次検査し、どの程度がんが見つかるかの検査を実施しました。これらも含め、べラルーシでは、最終的には、非曝露群(被曝していないグループ)や比較的低線量の地域で合計4万7203人での超音波検診の結果、一例も見つからなかった。そして甲状腺がん発生は過剰診断などではなくチェルノブイリ事故による多発だと最終的に決着したのです。これは論文にもなっています。

 そもそも過剰診断やスクリーニング効果と言っている人たちは、数字のことを無視しています。たとえば甲状腺がんのスクリーニング効果を指摘している論文もいくつかはありますが、そこで示されているのは大人で最大で15倍くらい。実際の福島の事故当時18 歳以下の甲状腺がん発生率は全国の20〜50倍なんですから、スクリーニング効果では説明できない。つまり、過剰診断やスクリーニング効果というのはもっともらしく見えて、科学的根拠も何もないんですよ。

 また甲状腺がんは「ゆっくりと成長する」という思い込みがありますが、少なくとも福島県での事故時0〜18歳の子どもたちに観察された甲状腺がんは、1巡目スクリーニングでゆっくり成長するがんが除かれた後の2巡目のスクリーニングでも見つかり、やはりすでに14倍から39倍の桁違いの多発を示していて、1巡目から2〜2年半の間に少なくとも5mm超に成長するがんが80%を占めています。このことからもこの桁違いの多発を、スクリーニング効果で全部説明できるとは全く考えられません。

──たとえば国立がん研究センター・社会と健康研究センターのセンター長である津金昌一郎氏は、「『多発』の原因が被曝なら、数十倍というオーダーの増加は相当の大量被曝を意味する。しかし、福島県民の被曝線量はチェルノブイリ原発事故による住民の被曝線量と比べて低く、過去の経験や証拠からそうとは考えにくい。被曝から発症・多発までの期間も早すぎる」として「現時点では放射線の影響で過剰にがんが発生しているのではなく、『過剰診断』による『多発』とみるのが合理的だ」(朝日新聞2015年11月19日付)との旨を述べています。

津田 被曝線量が低いなどと言っている人は、政府などが主張している被曝線量にもとづいて話しているのだと思いますが、福島の被曝線量は各地でバラツキが大きく、数値が低い所と高い所では2桁も差がありました。

 しかもチェルノブイリとの比較において、重要なのは福島の人口密度が圧倒的に高いということです。厳密には比較できませんが、人口密度を考慮すると、被曝線量がたとえ3分の1以下でもチェルノブイリと同じくらいになる。ですから私が心配なのは、福島県の南のほうは人口密度が高く、そして放射能プルーム(放射性物質が大気中を雲のように流れていく現象)は南に流れている。そうすると、被曝線量が低くても数としては高くなる。私たちはそれを警告していますし、実際にそういう風になってきている。

 逆に小児甲状腺がん放射線内部被曝によってすごく増える”ということは国際的にも認められている事実ですが、では他にも原因があるかといえば他の理由はない、増えるという要因がないのです。ですから福島でこれだけ見つかっているということは逆に、被曝線量がそれなりに高かったと言えます。病気の発見の歴史は、今回の被曝線量といった“原因”の側からわかってきたものではなく、“この病気がこんな人に多発している”というところの研究や調査が始まり、その結果、原因がわかってきた。それは教科書にも載っている歴史的にも常識的な手法です。その手法を用いたときの結論は、事故による放射性物質放出で甲状腺がんが増えているということ。多発も桁違いで、これまでのデータからすると過剰診断もほとんどない、と言うしか結論の出しようがない。


記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/16(木) 16:40:49 | | #[ 編集]
3/16 の鍵コメさんへ: こんにちは ⬅️ こんにちは!
3/16 の鍵コメさん、

直球の質問ですね。
「避難指示の解除」問題は、今の日本の政治の根本的問題を明らかにしていますね。
汚染された故郷に帰りたい人の割合は、3.11前後の報道された数字に依ると、約30%、帰りたくない人の割合も約30%、残りは未定|分からないと云う人たちになるそうです。
子育て真っ最中の若い家族は、もちろん帰りたくない。
成長盛りの子供たちは、熟年、老人たちよりも細胞分裂が活発なので、もっともっと放射線の影響を受けますし、一旦、白血病や甲状腺がんなどのがんを発症してしまったら、親は悔いても悔い切れないでしょうから。

国策で原発政策を推進してきた政府は、日本の未来である子供たちを守り育てる役目をきっちり果たすべきですが、何もしない。
できることはたくさんあるのにしない。
これまでチビチビとした額しか出してこなかった支援金|国民の税金も、今、打ち切るのではなく、まとまった額の金額を支払い、二重住宅ローンに陥る被災者に対しては、どうしようもない汚染地帯の住宅の買い上げをするとか、自立できるように、自由に動けるように計らうべきです。

思うのですが、政府のしていることは何とか面目を保ちたい、日本は科学立国であって、史上最悪の原発事故であるということも除染も使用済み核燃料の処理も廃炉も汚染水対策も何もかもがどうしようもない状態にあるということを隠したい、認めたくない一心なのでしょう?!
そのためには、他人の子供の命など、国民の命などかまっていられない?!

今、権力の座に座っている輩は大方が国、国民、国富全てを私物化しているようです。

仲間内では、国=人々の所有物である土地も権利も盗人よろしく叩き売ってしまうのに、子供たちの命を救う対策にはお金を掛けたくない、検診も打ち切ってしまう。8億円あったら、何ができますか?
もう一つの偉い人のお友達の経営する加計学園(?)問題での土地代金は37億円前後でしたね、これ無償提供です。

観光立国、オリンピックを目指して、外国からの観光客の呼び込みに物凄く力を入れていますが、医者として核開発に反対してきたヘレン・カルデコットさんは、子供を日本へ連れて行かないように、食べ物も安心できないから、と呼びかけています。 

20mSv地帯へ帰還させるなど言語道断です。5mSvでも危険なのに。

日本に住む人は全員が汚染されていることを自覚するべきであって、福島、北関東、東北だけの問題ではないことを踏まえて、日本の行く末を考えなければならない時です。
2017/03/17(金) 10:59:38 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15321-5cc6dc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック