Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(581): Mt. Hamilton to Patterson, CA (6)
2016.4.13.:ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) の麓の町で開催されたロデオ大会 (Rodeo) 後、一旦、サンノゼ (San Jose, CA) に戻り、13日から再度野草観察のために出かける。

今回は、毎年野草をチェックする近くの山、ディアブロ山系 (Diablo Range) に属する標高1,300mのマウント・ハミルトン (Mt. Hamilton) を越えて東側へ抜けることにする。130号線で行くのだが、ここのカーヴは道が細い上にかなりきつい。車酔いをする人や下の崖に恐怖感を覚える方は避けた方が良いと思う。数え方にも依るが、この山道のカーヴは365あると言われている。

頂上に近づくにつれて、日当たりの良い丘が目立つようになる。草原に点在するオークの樹の姿は、カリフォルニアだな、と思わせる典型的光景の一つだ。牧場として使われていた時代にだいぶ整理されているので、点在する姿は同じでも、密度は異なっていると思われる。

blog 26 130E Mt. Hamilton to Patterson, Oak & Lupine_DSC6182-4.13.16.(1).jpg

ハミルトンで見られるオークの中には、コースト・ライヴ・オーク (Coast Live Oak) 、学名: (Quercus agrifolia) やブルー・オーク (Blue Oak) 、学名: (Quercus douglasii) 、カリフォルニア・ブラック・オーク (California Black Oak) 、学名: (Quercus kelloggii) がある。ブラック・オークの葉は日本の柏の葉に形状が似ている。

この丘の上のオークは、コースト・ライヴ・オークではないかと思われる。裾野に広がる紫の野草はルピン。

blog 26 130E Mt. Hamilton to Patterson, Oak & Lupine_DSC6184-4.13.16.(1).jpg

崖にしがみつくように根を張っているルピンだが、どの種類か?!
まだ俗称がないらしい学名: (Lupinus formosus) と思われる。

blog 26 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine_DSC6186-4.13.16.(1).jpg

崖の中腹で花を咲かせ、種になった子孫は下へ落ち、崖の下で群生地を作りつつあった。
崖のポロポロと崩れるような地層、堆積岩の一種?
地層がむき出しになっている場所は、時間を遡る想像が色々と出来て面白い。

blog 26 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine_DSC6187-4.13.16.(1).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15351-de67b246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック