Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (1)
2017.3.19.:ほぼ毎年、カリフォルニアの南東部、ネヴァダ側にあるデス・ヴァレー (Death Valley, CA) 行く時に中継点として利用している砂漠の中の街、モハヴィ (Mojave, CA) には、街の中心部を鉄道が走っている。(と云うより、鉄道が敷かれたことで発展した典型的アメリカの街の一つだ。)

デス・ヴァレーの南端の野草の様子を見るために、58号線東で大きな鉄道の中継点があるバーストウ (Barstow, CA) 方面へ向かった。58号線から40号線へ移り、アメリカで最初の大陸横断道、イリノイ州シカゴ (Chicago, IL) からカリフォルニア州サンタ・モニカ (Santa Monica, CA) を結ぶ66号線を横に見ながら南下。
66号線(ルート・スィックスティ・スィックス | Route 66) は、分断されながらも「歴史」の一ページとして残されている。

バーストウの東、40号線沿いにあるダゲット (Daggett, CA) で、66号線の案内板に惹かれて(何回も来ているのだが、再度)高速から降りると、その66号線には新しいロゴが描かれてあった。メンテナンスが行われていないため、道路の劣化が目立つ場所が多いが、このロゴの部分には新たにアスファルトが敷かれたようだ。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Route 66, CA_DSC6682-3.19.17.(1).jpg

1960年から64年まで放映されたTV番組、"Route 66" は根強い人気を誇り、66号線も未だに訪れる人が絶えない。このサウンドトラックは、作曲家で指揮者のレイ・シャーマン氏自身が2012年1月にアップしていたものだ:"ROUTE 66 THEME" - route 66 TV soundtrack

(1:26)

Uploaded on Jan 23, 2012 by Ray Sherman:

From ROUTE 66, season one, episode 21, "A Effigy in Snow." Nelson Riddle, composer/conductor; Ray Sherman, piano.


blog 10 Mojave to Daggett on 58, Route 66, CA_DSC6680-3.19.17.(1).jpg

これは66号線西の看板だが、同じもので東ももちろんある。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Route 66, CA_DSC6683-3.19.17.(1).jpg

そして鉄道は、40号線の北側を走っている。丘の上で野草をチェックしている時に、4機の機関車に引かれた貨物列車が通過。貨物車両の数は100を超えている。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6624-3.19.17.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
広大な大地を走る貨物列車!
旅情を感じます。
私は 小さな地面を見つめて、働いている
ギャップを面白いなぁと思います。
2017/04/03(月) 06:53:31 | URL | ノンビリサン #aYocD0BA[ 編集]
ノンビリサンへ: おはようございます。⬅️ 大きくても小さくても、元は同じ。
ノンビリサン、こんにちは。

> 広大な大地を走る貨物列車!
> 旅情を感じます。
> 私は 小さな地面を見つめて、働いている
> ギャップを面白いなぁと思います。

全ての事象は、大きくても小さくても元は同じなんですよね。
意識の向け方で、世界は大きくも小さくもなると思ってます。
働いた後のご褒美で、体も移動させて旅を楽しむ。
そんな世界にしましょう!
2017/04/03(月) 09:35:06 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15366-ad29a036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック