Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ 624:2016年シーズン開幕 (102) 〜 Saddle Bronco Riding
2016.6.11.:既に日射病を起こしかねない暑い時期。サン・フランシスコ湾の南東側の奥にあるここ10年ほどで急成長を遂げている町で開催されるロデオ大会 (Rodeo) 。サンノゼ (San Jose, CA) などハイテック産業の集中する湾岸地域へ通勤する人々のための住宅地となっており、終わりの無い道路の拡張工事が続いている。

引き続き、プロ・カウボーイの馬を乗りこなす競技、鞍を使うのでサドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) :5番目のライダーはカリフォルニア州出身のジャスティン。

見ての通り、馬の勢いで上に弾かれてしまい、8秒間乗りこなすことは叶わず、無得点。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 5, Justin Lawrence (NS Sanger, CA) 2_DSC7298-6.11.16.(4).jpg

一瞬宙を舞うのだが、彼らの凄い所はあくまでもクールな所。普通であれば、馬の背中に乗ると目線が高くなるので、それだけで恐怖を覚える人が結構出る。だが、ブロンコ・ライダーは違う。

もちろん、慣れもあるのだろうが、宙を舞っている時点で着地点を見据えており、受け身状態に入っている。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 5, Justin Lawrence (NS Sanger, CA) 2_DSC7299-6.11.16.(4).jpg

競技場の土は、大きな耕作機で30cmほどの深さで耕されており、できるだけ落ちた時の衝撃を吸収するようになっている。もちろん、いくら準備をしても、受け身のタイミングが狂えば、地面に叩きつけられて、一瞬、胸が苦しくなるはずだ。

ジャスティンの場合は、無事着地。怪我もなく、得点は無かったが、OK。

blog (6x4@300) Yoko 119 Livermore Rodeo, Saddle Bronco 5, Justin Lawrence (NS Sanger, CA) 2_DSC7300-6.11.16.(4).jpg


スポンサーサイト

テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15370-83df3948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック