Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (2)
2017.3.19.:ほぼ毎年、カリフォルニアの南東部、ネヴァダ側にあるデス・ヴァレー (Death Valley, CA) 行く時に中継点として利用している砂漠の中の街、モハヴィ (Mojave, CA) には、街の中心部を鉄道が走っている。(と云うより、鉄道が敷かれたことで発展した典型的アメリカの街の一つだ。)

デス・ヴァレーの南端の野草の様子を見るために、58号線東で大きな鉄道の中継点があるバーストウ (Barstow, CA) から20km弱東へ、40号線でダゲット (Daggett, CA) へ。近辺の丘から貨車を100輌以上牽引する貨物列車を眺める。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6626-3.19.17.(1).jpg

手前、鉄道の南側にある40号線は陸路で物を運ぶ大型トラックが、ひっきりなしに通過する。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6628-3.19.17.(1).jpg

上に見える黒い丘方向へ進む貨物列車のこの部分だけで、貨車の数は50輌を超えている。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6630-3.19.17.(1).jpg

10mmで撮っても全部は撮り切れない長さだ!

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6631-3.19.17.(1).jpg

そんな長い貨物列車が日がな、モハヴィの街を通過する、汽笛を鳴らしながら。背後の山に見える白い物体は、

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6590-3.19.17.(1).jpg

風力発電用の風車で、最近は大型の風車の建設が増えている。そして丘の|山の裾野には大規模な太陽光発電所が続々と建設されていて、その規模と速度に、毎年ここを訪れる度に驚かされる。街のモーテルに泊まると、列車が通過する度に地響きがし、夜中でも警笛が聞こえるが、慣れると、全く邪魔にならないから不思議なものだ。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6581-3.19.17.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
アメリカっぽい風景ですね
実におおらかというか
大雑把(これ褒め言葉です)というか(笑)
国土がこれだけ広いと
物流もこれだけの規模になるんでしょうね
ただいかんせん、古いらしいんです
僕の友人で日本車両(鉄道会社)に勤めていて、シカゴに出張した奴がいるんですが
今の日本の技術なら、抵抗が少なく軽いので燃費(アメリカはディーゼル汽車)のいいのが出来るらしいですが
アメリカの鉄道会社は、「YES」と言わないそうなんです
まだまだ日本人は信用されてないって
ぼやいてました(笑)
2017/04/05(水) 21:27:40 | URL | 加夢 #FNPrOV7I[ 編集]
加夢さんへ:モハヴィ砂漠
加夢さん、こんにちは。

> アメリカっぽい風景ですね
> 実におおらかというか
> 大雑把(これ褒め言葉です)というか(笑)
> 国土がこれだけ広いと
> 物流もこれだけの規模になるんでしょうね

モハヴィ砂漠だけを見ても、こんな風景が延々と続くわけで、トラックも列車も日本では考えられないほどの大きさと数で毎時通過していきます!ま、日本はカリフォルニア一州より小さいわけですから、推して計るべしですね!

> ただいかんせん、古いらしいんです
> 僕の友人で日本車両(鉄道会社)に勤めていて、シカゴに出張した奴がいるんですが
> 今の日本の技術なら、抵抗が少なく軽いので燃費(アメリカはディーゼル汽車)のいいのが出来るらしいですが
> アメリカの鉄道会社は、「YES」と言わないそうなんです
> まだまだ日本人は信用されてないって
> ぼやいてました(笑)

この辺りは考え方の違いかもですね。
日本だと機械類はそろそろ寿命だから取り替えようという(壊れる前に)としますが、こちらは壊れるまでは使うと云う考え方が一般的と思います。
日本での例外は、原子炉でしょうね。
一番恐ろしい機械は、古くなってもまだ使おうとする。
この辺りは考え方を変えて欲しいですね。。。
2017/04/08(土) 07:42:52 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15383-5eff0133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック