Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
モハヴィ砂漠を走る長〜い貨物列車 (3)
2017.3.19.:ほぼ毎年、カリフォルニアの南東部、ネヴァダ側にあるデス・ヴァレー (Death Valley, CA) 行く時に中継点として利用している砂漠の中の街、モハヴィ (Mojave, CA) には、街の中心部を鉄道が走っている。(と云うより、鉄道が敷かれたことで発展した典型的アメリカの街の一つだ。)

貨車を100輌以上牽引する貨物列車が通過する度に、宿はその振動|轟音に直撃される。警笛もすぐ側で響く。鉄道ファンには堪らない感覚かも知れない。今回は、デス・ヴァレーの南端の野草の様子を見るために、58号線40号線でベイカー (Baker, CA) へ向う途中、ルート6666号線が断片的に残っている)の道標があるダゲット (Daggett, CA) 近辺で道草。

ダゲットの町も、鉄道がすぐ側にある。町の踏切(多分唯一の踏切)の辺りを通過中に、西行きの貨物列車が通過した。馴染みのオレンジ色の機関車だ。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6684-3.19.17.(1).jpg

貨車はやはり100両前後。どこか、安全に撮影できる場所を探さねば。。。このご時世、不審な動きは命取りになる!
(以前、リック天文台近辺で野草の撮影をしていたら、シェリフを呼ばれた!それぐらい、皆さん、神経質になっている。事故はいつでも起こり得る雰囲気がある。)

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6688-3.19.17.(1).jpg

ダゲットの "Welcome" の看板と何も無いオープンな踏切。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6689-3.19.17.(1).jpg

機関車の前面にはライトが3つ付いているのだが、遠くにその光が見えたので、道路の端に駐車(人の姿がほとんど無い)し、

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6692-3.19.17.(1).jpg

線路脇のオープンでこちらの姿も良く見える所を探し、列車を待つ。機関車だけでも4〜5台ありそうだ。

blog 10 Mojave to Daggett on 58, Freight Train, CA_DSC6695-3.19.17.(1).jpg


スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15384-77a0edfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック