Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(595): Mt. Hamilton to Patterson, CA (20)
2016.4.13.:ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) の麓の町で開催されたロデオ大会 (Rodeo) 後、一旦、サンノゼ (San Jose, CA) に戻り、13日から再度野草観察のために出かける。

今回は、毎年野草をチェックする近くの山、ディアブロ山系 (Diablo Range) に属する標高1,300mの、山道のカーヴが365あると言われているマウント・ハミルトン (Mt. Hamilton) を130号線で越えて東側へ抜けることにする。

引き続き、山頂を過ぎて東側の植生の様子:ロアサ科の華麗なリンドリーのブレイズィングスター (Lindley's Blazingstar) 、学名:(Mentzelia lindleyi) 。上下左右、横枝からもワサワサと花をつけると書いたが、蕾のつき具合を見ると、まさにワサワサの感あり。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Blazing Star 2_DSC6319-4.13.16.(2).jpg

横枝も下の方のものはかなり伸びるので、入り組んでいるが、乾燥した地域に自生する植物の常で、水分の蒸発を防ぐ為か、葉が小さめなので群生の「見晴らし」「風通し」は悪くない。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Blazing Star_DSC6322-4.13.16.(2).jpg

花びらの根元の朱色、花びらの尖端の曲線の優雅さ、シベのゆるやかな曲線、魅力的な造形だ。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Blazing Star 2_DSC6324-4.13.16.(2).jpg

雌しべらしき1本が左上の花に見える。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Blazing Star 2_DSC6327-4.13.16.(2).jpg


1)アメリカ全州訪問の旅 第2部(1452)The Grand Tour - Part II ”Waynoka, Woods Co., OK”:サンド・リリー (Sand Lily) 、学名: (Mentzelia nuda)
2)番外編:カリフォルニア(454): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (58):ホワイト-ステムド・ブレイズィング・スター (White-stemmed Blazing Star) 、学名: (Mentzelia albicaulis)
3)アメリカ全州訪問の旅 第1部(7)The Grand Tour - Part I "California to Ohio" 〜 Mt. Shasta, Shasta CO., CA:ブレイズィング・スター (Blazing Star) 、学名: (Mentzelia crocea)


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
今晩は
シベのゆるやかな曲線。。。ここだけは、ビョウヤナギに似ています
私はシベの緩やかな様子や長い様子のお花が大好きなんです
花弁の根元のオレンジ色が、アクセントに
になって素敵なお花ですね (●^o^●)
2017/04/06(木) 22:38:06 | URL | チャンコナベ #-[ 編集]
チャンコナベさんへ:オトギリソウ
チャンコナベさん、こんにちは。

> 今晩は
> シベのゆるやかな曲線。。。ここだけは、ビョウヤナギに似ています

そうですね、シベの様子がオトギリソウの仲間の姿に似ていますね。

> 私はシベの緩やかな様子や長い様子のお花が大好きなんです
> 花弁の根元のオレンジ色が、アクセントに
> になって素敵なお花ですね (●^o^●)

長く細く伸びるシベの様子は優雅で素敵です。
ロアサ科のこの野草は色も相まってさらにドラマチックな姿ですね。
2017/04/08(土) 07:52:38 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15400-01c6fb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック