Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(596): Mt. Hamilton to Patterson, CA (21)
2016.4.13.:ヨセミテ国立公園 (Yosemite National Park) の麓の町で開催されたロデオ大会 (Rodeo) 後、一旦、サンノゼ (San Jose, CA) に戻り、13日から再度野草観察のために出かける。

今回は、毎年野草をチェックする近くの山、ディアブロ山系 (Diablo Range) に属する標高1,300mのマウント・ハミルトン (Mt. Hamilton) を越えて東側へ抜けることにする。130号線で行くのだが、ここのカーヴは道が細い上にかなりきつい。車酔いをする人や下の崖に恐怖感を覚える方は避けた方が良いと思う。数え方にも依るが、この山道のカーヴは365あると言われている。

引き続き、山頂を過ぎて東側の植生の様子:ロアサ科の華麗なリンドリーのブレイズィングスター (Lindley's Blazingstar) 、学名:(Mentzelia lindleyi) の近くには、ルピンの花がタネになっているものがあった。尖った先端の姿が魅力的だが、果たしてこのルピンが、

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine 2_DSC6334-4.13.16.(2).jpg

アロヨ・ルピン (Arroyo Lupine) 、学名: (Lupinus succulentus) なのかどうかが確定できず!茎の色、葉の大きさ、色などの詳細が微妙に異なっているようだ。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Arroyo Lupine_DSC6328-4.13.16.(2).jpg

土壌によって、色に違いが出ることはあるが、この時点では未確定ということで。。。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Arroyo Lupine 2_DSC6329-4.13.16.(2).jpg

この葉を見る限り、アロヨ・ルピンでも大丈夫の範疇だが、まだまだ???が多い。
マメ科の植物は、タネの数が多い。ルピンも例外ではないが、以前、マメには毒があるので大量には食べられないのだ、と聞いたことがある。毒を持つのも護身法のひとつだな、と納得。

blog 27 130E Mt. Hamilton to Patterson, Lupine_DSC6333-4.13.16.(2).jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/15401-fe440da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック